神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シボレー ブレイザー
ブレイザー ブレイザー2
今回は業者様から「運転席側のドアガラスだけ下降はするけど時々上がらなくなるので診て欲しい」とご依頼を頂き点検作業を行いました。
ブレイザー3 ブレイザー4
点検作業を行いましたところ現象が確認出来ましたのでパワーウインドレギュレーター&モーターの作動確認を行う為運転席側のドア内張りを取り外して行きます。まずはパワーウインドスイッチの取り外しを行います。左画像の手順でスイッチパネルを内張りから取り外して各電源コネクターを外します(各電源コネクターは少し硬いと思いますのでコネクターのツメ部を割ってしまわないよう注意して取り外すようにして下さい)。
ブレイザ-5 ブレザー6
ブレイザー7 
次にインサイドドアハンドルパネルを取り外します。インサイドドアハンドルを引きますと左上画像の位置に取り付けビスが見えますの外します。取り付けビスが外れましたらパネル本体を右上画像のようにドア内張りから取り外します。
ブレイザー8 ブレイザー9 ブレイザー10
インサイドドアハンドルを外しましたら左画像の位置に取り付けされていますプラスチックピンをピン抜きツール等を使用して取り外します(ピン抜きツール等を使用する際は内張りにキズが付かないよう養生作業を施してから取り外し作業を行うようにして下さい)。プラスチックピンを外しましたら右画像位置の内張り取り付けボルト2本を外します。
ブレイザー11 ブレイザー12 ブレイザー13
パワーウインドスイッチパネル・インサイドドアハンドルパネル・プラスチックピン・取り付けボルトを外しましたらドア内張り本体を左画像の手順で取り外します。ドア内張りが外れますと右画像のようになります。
ブレイザー14 ブレイザー15
ブレイザー16
防水カバーを捲りますとレギュレーター&モーター本体見えますのでまずレギュレーター側の可動部分が損傷していないか確認します。レギュレーター側に損傷等が無い事を確認しましたら次はモーター部に電源が来ているかどうか検電器を使用してチェックします。左下画像のようにチェック作業を行いましたところ上昇側・下降側どちらにも正常に電源が来ていましたので電源はOKでした。次に電源コネクターをモーターに接続しスイッチの上昇方向を押しながらモーターをドライバーの柄の部分で軽く叩いてみましたところドアガラスが上昇し始めましたのでモーターの作動不良と言う結果になりました。
ブレイザー17 ブレイザー18
ブレイザー19
不具合原因を業者様にご報告させて頂きましたら「部品を用意するので交換して欲しい」と言う事になりましたので現在取り付けされていますレギュレーター&モーターの取り外し作業を行って行きます。まず運転席側ドアガラスを閉じた状態にしておきパワーウインドコントロールユニットとモーターの電源コネクターを外します(左上画像)。次に1段上の画像(左上画像)に記載しています白〇印部のドアガラスガイドレール取り付けボルトを外してガイドレール本体をドア内から取り出します(ガイドレールの画像を取り忘れてしまっていたのですがかろうじて左下画像右隅に写っておりました(^^;)。ドアガラスガイドレールが外れましたらレギュレーター&モーターを外すのですがボルト&ナットで留まっているのではなく右上画像のように大きめのリベットで留まっていますのでドリルやハンドグラインダーなどを使用してリベットを削り取ります。リベット4ヶ所が外れましたら社長にドアガラスガラスを支えて貰いながらレギュレーター本体を左右・上下に動かしてガラスやドア内のガイド部からレギュレーターを抜きます。ガラスとレギュレーター本体が外れましたら左下画像のようにサービスホールからレギュレーター&モーターを抜き取ります。
ブレイザー20 ブレイザー21 ブレイザー22
業者様からお預かりしました部品を取り外しました部品と比較し形状等が合っている事を確認しましたら取り外しの逆の手順でドア内へ組み付けします。レギュレーター本体の固定はリベットで行わなければならないのですが先程も書いておりましたように大きいリベット(芯の部分が太い)ですのでホームセンターさん等で販売していますハンドリベッターでは今回のリベットを打ち込む事が出来ません。当社がいつもお世話になっております電装屋さんからエアリベッター(中央画像)をお借りしましてレギュレーター本体の固定作業を行いました。レギュレーター&モーターの固定作業が終わりましたらドアガラスガイドレールの組み付け作業を行い各電源コネクターを接続してドア内張りを組み付けし作動確認を行います。エンジンを始動し各ドアガラスの開閉作業を行い全てのドアガラスが正常に作動している事を確認しましたら最終キズ&電気廻りチェックを行って作業終了です。
さて、皆様お久しぶりでございますm(_)m。以前にも書かせて頂いたとは思いますが当社も作業は色々とさせて頂いているのですが納車時間の関係や作業が中止になってしまったりとなかなかブログ用の写真が撮れない状態が続いております。更新が出来ていないにもかかわらずいつも来て下さっております皆様本当に本当にありがとうございますm(_)m。何か画像が撮れましたら随時更新させて頂きたいと思っておりますので時々覗いて頂けますと嬉しいです(^^)。
by KIN
FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!
ダイハツ ムーヴ
ムーヴ ムーヴ2
今回の作業は業者様からのご依頼で、ダイハツ ムーヴのダッシュボード(インパネ)を交換して欲しいとのご連絡を頂きお車をお預かりし作業を行いました。内容は車のガラスが割れ飛び散ったガラス片がダッシュボード(インパネ)等に飛びキズが付いている為交換致します。ナビゲーションの画面にまでガラス片が刺さっておりました~(^^;。このガラス片がエアコン等の風が出て来るダクト部等より入り込みヒーターケース内にまで入り込んでいる為全てを取り外して清掃作業も同時に行って行きます。
ムーヴ3 ムーヴ4
ムーヴ5 ムーヴ6
ムーヴ7 
上段左側画像の様にダッシュボード(インパネ)を取り外します。取り外しましたら次にインストルメントインパネ固定用のバーを取り外します。メインハーネスが各所ピン等で固定されている為取り外しの際は何処をどの様にハーネスが引き廻しされているのかを記憶しハーネス位置等を把握した上で取り外しを行います。バーの取り外しが出来ましたらヒーター&エアコン&ブロアモーター一体式のケースユニットを取り外して行きます。
取り外しの際はヒーターホース部のクーラントが室内に垂れて出てしまわない様注意しながら引き抜き取り外しを行います。全てを取り外しました画像は中段右側画像の状態になります(^^)何とも寂しい状態になってしまいましたが・・・とりあえずこの状態で室内の清掃を行って行きます。各取り外しましたパーツは下段画像の各パーツを取り外しました(^^)。インパネ等各組み替えが必要な所の作業を行って行ったり、ヒーターケースを分解し内部に入り込んでいるガラス片を取り除き清掃作業を行って行きます。作業を行っていると見えない細かなガラス片が手にささってチクチクしておりました(^^;。このままで放置してエアコンを廻して使用していると細かなガラス片が飛び散って来るかも・・・と考えると目とかに入ると怖いですよね~綺麗にしといてあげよ~と一生懸命清掃していました(^^)。
各清掃及び組み替え作業が完了しましたら取り外しの逆手順で全て元通りに組み付けを行って行きます(^^)。ボルトやナットやビスなどの付け忘れ及び締め忘れなどが無いように確認を行いながら進めて行きます。全ての組み付け作業が完了しましたらエアコンの真空引きを行いエアコンのガスチャージとヒーターコア側のホースを抜いていましたので冷却水のエア抜きを行い最終確認を行って行きます。各電気廻りのチェックとキズチェックを行い作業は無事に完了致しました(^^)!!。
by まっちょ
FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!
ダイハツ ムーヴ
ムーヴ 
本日のブログは少しいつもと違う感じの作業ですがご紹介させて頂きます(^^)。
当社がいつもお世話になっておりますお客様より車用にipodポータブルスピーカーを設置して欲しいとのご連絡を頂きお車をお預かりし早速取り付け作業を行いました(^^)。
ムーヴ1 ムーヴ2
作業の内容としましてはロジクール製品 mm50 Portable Speakers for ipodと言うポータブルスピーカー本体の設置作業になります。電源はACアダプターから本体側への接続になりますので左画像の様にお客様お持ちのシガーソケット差し込み型のAC/DCインバーターを使用して電源の取り出しを行います。画像の様に差し込み設置し電源ケーブルをポータブルスピーカー設置位置まで引き廻して行きます。本体の設置位置は右側画像の位置になるのですが、本体を固定したいのと配線をダッシュパネルに穴を開けて引き出して欲しいとの事でしたので画像の様にポータブルスピーカー本体はパネルを貫通させボルト&ナットを使用し固定し、電源ケーブルはパネル部に穴を開け引き出ししています(^^)。
ムーヴ3ムーヴ4 
運転席側から見た画像はこの様な感じになります(^^)。ポータブルスピーカーですので車両側スピーカーとはリンクしていませんがそこそこの音量が出る為走行中でも問題は無さそうです(^^)。T様本日はありがとうございましたm(__)m。

皆様お久しぶりです(^^)久しぶりに作業日誌の更新が出来ました~(^^;・・・。この所、出張作業やエアコン修理・点検とボチボチ忙しくさせて頂いており中々画像を撮っての作業や画像編集等が出来ていません・・・。
当社もこの時期に頑張ってエアコン修理をして行かなければいけませんのでご了承ください(^^)。皆様のお車は如何ですか?この所暑い日が続いていますし雨でジメジメムシムシしていますがお車のエアコンの調子は問題ありませんか?もう真夏はすぐそこですよ~早めにチェックしておきましょう(^^)。
この時期体調管理にはお気を付けて下さいね(^^)特に熱中症になる方が多いようです・・・水分をこまめに摂取し涼しい所で体を休める時間を作りましょう(^^)。しかし、節電も行って行かなければいけませんのでエアコンを入れていないなんていう事業所さんも有るとは思います。しかし節電で体調を悪くされるのも悲しいですよね・・・エアコンの温度設定を今までよりも少し高めに設定し節電とするしか無いですが皆様節電も心掛け、体調管理にも気を配り頑張ってのりこえて行きましょう(^^)。
by まっちょ
FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!
スバル プレオ
プレオ
今回の作業は業者様からのご依頼でスバル プレオのエアコン不具合の点検見積もり及び修理作業になります。
点検は以前行い、本日は部品が入荷致しましたのでお車をお預かりさせて頂き修理作業を行いました。 
プレオ1 プレオ2
不具合ヶ所はコンプレッサーの焼きつきによるロック現象です。更に左側画像のクラッチ部分が飛び出しているのが分かりますでしょうか?飛び出した状態の上しかも焼き付きの為コンプレッサーがロックしております。この状態で色々点検を行いました所エアコンサイクル内に焼けたオイルとコンプレッサー内のスラッジ(鉄粉等)がサイクル内に回ってしまい真っ黒なオイルの中にギラギラと光る鉄粉が出て来ます。このままコンプレッサー交換とレシーバードライヤー交換を行っても配管内の汚れたオイル関係を清掃していなければまた直ぐに詰まりや焼きつきを起こす原因になりますので全てのラインを取り外して洗浄する必要が有ります。今回のお車ではエバポレーターのガス漏れも有りましたのでコンプレッサークラッチ付きリビルトとレシーバードライヤーとエバポレーターASSYとプレシャースイッチとコンデンサー(外品の新品部品)を交換し配管ホース関係は全て洗浄して行きます。 
この車両はコンプレッサーを取り外しするのが少し厄介です(^^;。エアクリーナー&スロットルボディを取り外しベルト関係にオルタネーター&オルタネーターブラケット等を取り外してからコンプレッサーの取り外しと言う手順になります(正規の作業方法は分かりませんが当社ではこの様に致しました)。
プレオ3
コンデンサーの交換と配管の脱着を行う為フロントバンパーを取り外します。取り外しましたらコンデンサー及び配管を外して行きます。配管が外れましたら内部を洗浄して行きシッカリと乾燥させ接続部のOリング(パッキン)を新品に交換しておきます。
プレオ4 プレオ5
プレオ6 プレオ7
プレオ8
次に室内側エバポレーターを交換する為グローブBOXの取り外しとクーリングユニット本体の取り外しを行って行きます。
サーミスタのカプラーを外し内外気切り替え用ワイヤーを外し各固定ボルト3本を取り外してユニットを外します。ユニットを外しましたらケースを分解し不具合の有るエバポレーター本体をケース部より抜き取ります。抜き取りましたらサーミスタのセンサーは再使用致しますので新しいエバポレーター側へ同位置へ接続しユニット側へ組み付けを行って行きます。
プレオ9
コンプレッサーを取り外しましたら交換するリビルト品と違いが無いかを確認し組み付けを行って行きます。コンプレッサーを外す為フロントマフラーを少しズラして取り外しを行いました(^^)。各配管を洗浄・乾燥させましたら一緒に組み付けを行って行きます。
プレオ10 プレオ11
各組み付けが終了しましたらエアコン用ゲージマニホールドを接続し真空ポンプを使用してシッカリとサイクル内の真空引きを行います。真空引きが完了しましたらゲージのバルブを閉じポンプを停止し、真空状態が保持できているかを確認する為しばらく放置しておきます。保持できているのを確認しましたらエアコンガスを規定量充填しガス量及び圧力をチェックして行きます。問題無く冷え最終ガス漏れも有りませんでしたので作業は完了致しました(^^)!!。
コンプレッサーの焼き付きでも軽度の症状と重度の症状と有りますが今回の作業は後者の重度の症状作業でした。エアコンが何かおかしいかな~と思った時は放置せず点検されてみては如何でしょうか?何事もそうですが早期発見が一番です(^^)。本日もかなり暑いですが皆様熱中症対策はされていますか?これからも暑い日が続きますので皆様無理をされないように水分補給を忘れずに(^^)!!。
by まっちょ 
FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!
日産 パルサー
パルサー パルサー2
パルサー3 パルサー4
今回は業者様から「エアコン風量スイッチの④しか風が出ないので診て欲しい」とご依頼を頂きました。以前のブログ(2008・11・18)でご紹介させて頂きました時と同じように④の位置でブロアモーターが作動していますのでブロアモーターの不具合ではありません。と言う事は前回同様ヒーターレジスターの不良が考えられますのでヒーターレジスターのチェックを行って行きます(ヒーターレジスターについての詳しい説明は前回社長が記載させて頂いておりますのでそちらのブログをご覧下さい)。
パルサー5 パルサー6
パルサー7 パルサー8
ヒーターレジスターは左上画像の位置に取り付けされていますので電源コネクターを抜き取り付けビス2本を外します。取り付けビスが外れましたらレジスター本体をヒーターケースから抜き取ります。
パルサー11 パルサー12
パルサー9 パルサー10
ヒーターケースから抜き取りましたレジスター本体をチェックしてみましたところ上段画像のように基盤部が損傷しておりました。ヒーターレジスター本体の不良が確認出来ましたので業者様にご連絡を入れ「部品を交換して欲しい」と言う事になりましたので当社で部品をご用意させて頂き交換作業を行いました(取り付けは取り外しの逆の手順で行います)。
パルサー13 パルサー14
新品ヒーターレジスターを組み付けしましたらエンジンを始動しエアコン風量スイッチを①→②→③→④の順番で切り変えて行き風量が変化しているかチェックします。風量の変化に問題が無い事が確認出来ましたらいつものように最終キズ&電気廻りチェックを行って作業終了です。
さてここ数日当社はエアコン修理や修理のお見積もりが続いているのですが皆さんのお車のエアコンの効きはいかがでしょうか?。これから益々暑くなって来ると思いますがいざと言う時にお車のエアコンが効かないと言う事にならないよう早めのチェックをお薦め致します。今年は節電の影響で自宅や仕事場、学校などエアコンなどの使用を控えなければならなくなっていますし被災地ではエアコンが無いと言う方が沢山いらっしゃいます。日本全土で我慢の夏になりそうですが、食事・睡眠・水分をしっかり摂って熱中症や体調管理に十分注意しましょう!!。
by KIN
FC2ブログランキング クリックよろしくお願いします!FC2ブログランキング
こちらのブログランキングも参加中 クリックお願いします!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。