FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
三菱 コルト
コルト コルト2
コルト3 コルト4
今回は一般のお客様からのご依頼で新車のコルトへ左下画像のクラリオン社製地デジチューナー内蔵SDナビ・ETC車載器・VICSビーコンアンテナ・バックカメラの取り付け作業を行いました。ナビゲーション等の部品はお客様がご用意して下さいましたモノを取り付けして行きます(左下画像)。当社でご用意させて頂きました部品は右下画像のオーディオ取り付けキットになります。バックカメラ取り付け作業は今回も当社社長が行っておりましたので社長のブログをお待ち下さい。
コルト5 コルト6 コルト7
コルト8 コルト9
それでは作業に取り掛かって行きたいと思います。まずはいつものように各アンテナ設置&アンテナ線引き廻し準備の為左右Aピラーカバーの取り外しを行います。ウェザーストリップを引っ張って外しAピラーカバーを室内側に引っ張って外すのですが右上&左下画像のように金属製ピンで固定されています。無理に引っ張りますとAピラーカバーの変色やピン部が割れてしまう恐れが有ります。Aピラーカバーを引っ張っても硬い場合はマイナスドライバーなどをAピラーカバーとAピラーの隙間に差し込みピン部をコゼて取り外すようにして下さい。AピラーカバーがAピラーから外れましたら天張りに当ててしまわないよう注意してダッシュボードから引き抜きます。
コルト10 コルト11 コルト12
コルト13 コルト14 コルト15
コルト16 コルト17
コルト18 コルト19
コルト20 コルト21
次に各信号線取り出し準備と社長が通してきますバックカメラ用映像コード引き廻し作業の準備で助手席側キッキングカバー&プレートの取り外しを行います。キッキングプレートのキッキングカバーとBピラーカバーの接続部を上方向へ引っ張ります。キッキングカバーとBピラーカバーの溝部から2段目中央・右画像のツメが外れましたらプレートを更に上方向へ引っ張り車両から取り外します。キッキングプレートを外しましたらカバーを左下画像の手順で外します。
コルト22 コルト23 コルト24
コルト25 コルト26
次は各配線引き廻し作業準備でグローブBOXを外します。グローブBOXを開けますとBOX左側にストッパーピンが見えますのでBOX側面部からピンを押しBOX内に取り出します。ストッパーピンが外れますとBOX本体がフリーになりますので右下画像の手順でBOX本体をダッシュボードから取り外します。
コルト27 コルト28
コルト29 コルト30
コルト31 コルト32 コルト33
次にオーディオパネルの取り外し作業を行いますのでまずはダッシュボードパネルの取り外しを行います。本来ですとダッシュボードとパネルの隙間にオーナメントリムーバーツールを差し込みパネルをコゼて浮かせて行くと言う流れになるのですが今回このパネルの素材が柔らかく無理にコゼますとパネルの変色や割れてしまう恐れが有りましたので少し違う方法での取り外し方をご紹介させて頂きたいと思います。グローブBOXの取り付け位置からオーディオ取り付け位置を見上げますと右上画像の位置にこのパネルのピンが見えると思います。このピンを下から押し上げてパネルを浮かせます。パネルの一部が浮きましたらオーナメントリムーバーツールを差し込み更に隙間を作ります。この隙間に2段目右画像のようなロングタイプのピン抜きツールを差し込みパネルの変色の確認しながらツメ部を一ヶ所づつコゼて行きます。全てのツメを外しましたらパネルを手前に引っ張ってダッシュボードから取り外します。各ツメ位置&種類等は下段中央&右下画像を参考にしてみて下さい。
コルト34 コルト35 コルト36
コルト37 コルト38 コルト39
ダッシュボードパネルを外しましたらセンターサイドパネルとオーディオパネルの取り付けビス3本(左上画像)が見えますので外しセンターサイドパネルを手前に引っ張って外します。運転席側のセンターサイドパネルを外す場合シフトレバーがすぐそばに有りますのでレバーとの干渉に注意して取り外しを行って下さい。
コルト40 コルト41 コルト42
コルト43 コルト44
次はロアセンターパネルの取り外しを行います。上段中央&右上画像のロアセンターパネル取り付けビス左右2本づつ(計4本)を外しパネル本体を手前に引き出します。ロアセンターパネルを引き出しましたらシガーソケット電源コネクターを外して車外へ取り出します。
コルト45 コルト46 コルト47
コルト48 コルト49 コルト50
コルト51 コルト52 コルト53
次にオーディオ&エアコン操作パネルの取り外しを行います。まずオーディオ&エアコン操作パネル取り付けビス左右2本(計4本)を外します。次にエアコンコントロールユニット取り付けビス2本(2段目左画像)を外しモード切り替え・風量&温度調整用ノブを引っ張って外してパネルからエアコンコントロールユニット本体を外します。エアコンコントロールユニットがパネルから外れましたらオーディオ&エアコン操作パネルを引き出しハザードランプスイッチ電源コネクターを外して車外に取り出します。オーディオ&エアコン操作パネルを引き出す際もシフトレバーとの干渉に注意して下さい。オーディオ&エアコン操作パネルを外しますとオーディオブラケット取り付けビス&ボルト(左側のみ)が見えますので外してブラケットも車外へ取り出しておきます。
コルト54 コルト55 コルト56
コルト57 コルト58 コルト59
ここからは取り付け作業になります。まずフロントガラスとダッシュボードの脱脂作業を行い各アンテナの設置作業を行います。地デジ&ETCアンテナ線を天張り内に通し助手席側Aピラー車両配線と束ねながらダッシュボード内に引き込みます。GPS&VICSビーコンアンテナ線はダッシュボードとフロントガラスの隙間に這わせダッシュボード内に引き込みます。引き込みました各アンテナ線と社長が通してくれましたバックカメラ用映像コードを左下画像のように車両配線に這わせてオーディオ取り付け位置へ引き廻します。ETCアンテナ線は車載器をグローブBOX内に設置しますのでオーディオ取り付け位置から引き廻しましたETC電源&連動コード・USB接続ケーブルと共にグローブBOX位置に引き廻しておきます。
コルト60 コルト61 コルト62
コルト63 コルト64 コルト65
コルト66 コルト67 コルト68
次はナビ電源コネクターの接続と各信号線の取り出し作業を行って行きます。まずナビ電源線とオーディオ変換ハーネスの接続作業を行います。次に車速&リバース(バック)信号線の取り出し作業を行いますので各信号線を先程各アンテナ線を通しました位置に這わせ右下画像のコネクター位置まで引き廻します(この時信号取り出し配線を各アンテナ線と共にタイラップ(結束バンド)で車両配線と束ねて処理しておきます)。引き廻しました車速&リバース(バック)信号線を車両側各信号線と接続しましたらハンダ&絶縁処理を施し助手席側Aピラーカバー・キッキングカバー&プレートを元通り組み付けます。サイドブレーキ信号の取り出しはサイドブレーキペダル上部に有ります配線に接続します(2段目右&左下画像)。各信号線の接続作業が終わりましたらオーディオ変換コネクターを車両オーディオ電源コネクターと接続しアース線を右下画像の車両鉄板部に接続します。
コルト69 コルト70
コルト71 コルト72
次にETC車載器&USB接続ケーブルの設置作業を行います。ドリルを使用してグローブに穴を開けましたらグローブBOXを車内に持ち込み先程引き廻しましたETCアンテナ線・電源&連動コードとUSB接続ケーブルを左下画像のようにBOX内へ通しグローブBOXをダッシュボードへ組み付けます。グローブBOX側面部の脱脂作業を行いアンテナ線と電源&連動コードを車載器へシッカリ接続してグローブBOX側面部に貼り付けます。USBケーブルは右下画像のように束ねて置いておきます。
コルト73 コルト74
コルト75 コルト76 コルト77
各配線類の引き廻し&接続が終わりましたらナビユニットの取り付け準備を行います。ナビユニットへオーディオブラケットと隙間隠し用パネルを組み付けしてバックカメラ接続ケーブルをナビユニットに取り付けます。取り付け準備の整いましたナビユニットを車内へ持ち込み各アンテナ線&電源コネクターを抜けや差し忘れがないか確認しながら接続します。次に接続作業の終わりましたナビユニットをダッシュボード内の車両鉄板部や各パーツ類に噛み込ませないよう注意しながら車両に取り付けます。ナビユニットを車両に組み付けしましたら取り外しました各パネル類を元通り組み付けし作動確認を行います。
コルト78 コルト79 コルト80
コルト81 コルト82
コルト83 コルト84
コルト85
エンジンを始動しナビユニットが正常に作動している事を確認しましたらモニター部を開けB-CASカードを挿入して地デジ放送受信の準備をします。モニター部を閉じましたら車両を工場の外へ出し地図画面で現在地が合っているかチェックします。次に接続チェック画面を出し各信号線の取り出しに間違いが無いか確認して地デジ放送の受信状態をチェックします。各作動に問題が無い事を確認しましたら車両を工場内へ戻しETC車載器のセットアップ作業(当社お隣の部品屋さんにお願いして)を行ってETCの作動確認を行います。ナビ画面でETCの案内画面が出ましたら全ての作動確認は終了となりますので後はいつものように最終キズ&電気廻りチェックを行って作業終了です。
お客様へ・・・今回は当社にご入庫頂きまして有難うございました。その後ナビやバックカメラの調子はいかがでしょうか?。また何かのお取り付けや当社でお役に立てる事がございましたら何なりとご相談下さいませm(_)m。
by KIN
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック