FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
トヨタ マークX
マークX マークX2
マークX3 
今回は当社がいつもお世話になっておりますお隣の部品屋さんの方がマークXをご購入されまして「ナビとバックカメラを取り付けして欲しい」とご依頼を頂きました。ご相談の結果ナビは当社でご用意させて頂きましたモノを取り付けさせて頂きます(左下画像)。バックカメラは部品屋さんでご用意して頂いたモノを取り付けして行きます。バックカメラ取り付け作業はいつものように当社社長が行っておりましたので社長のブログをお待ち下さい。
マークX4 マークX5 マークX6
マークX7 マークX8
それでは作業に取り掛かって行きたいと思います。まずは地デジ&GPSアンテナ設置準備で助手席側Aピラーカバーの取り外しから行って行きます。ウェザーストリップを引っ張って外しましたらAピラーカバー上部に手を入れ手前に引っ張ってAピラーから外します。Aピラーカバー上部が浮きますと上段中央画像のようにベルト式ロックピンが見えます。ロックピンのベルト部をラジオペンチを使用して90°回しカバーから抜きます。ロックピンを外しましたら天張りに当ててしまわないよう注意しながらダッシュボードから引き抜きます。
マークX9 マークX10 マークX11
マークX12 マークX13 マークX14
マークX15 マークX16
次に今回はセンターコンソールサイドパネルがグローブBOXと重なって取り付けておりこのパネルを外さなければグローブBOXが外れない為先にこのパネル及びオーディオブラケットの取り外し作業から行って行きます。シフトレバーパネルの養生作業を行いサイドパネルを手前に引っ張ります。オーナメントリムーバーツールを使わなければならないほど硬くはないと思いますが周りのパネル類との干渉に注意してパネルを引っ張るようにして下さい。パネルは右上2段目右画像のようにプラスチックピンとツメで留まっていますが左右で若干ツメの数が違いますので画像を参考にして頂いて取り外しを行ってみて下さい。
マークX17 マークX18 マークX19
マークX20 マークX21
マークX22 マークX23
左右センターコンソールサイドパネルを外しましたらオーディオパネルを引っ張って外しオーディオブラケット取り付けボルトを外します。今回の車両のオーディオブラケットにはエアコン操作パネルも取り付けされておりますのでオーディオブラケットを引き出す際エアコン操作パネル電源線に注意しながら引き出すようにして下さい。ブラケットを引き出しましたら電源コネクターを外して車外へ取り出します。
マークX24 マークX25
マークX26 マークX27
次はグローブBOXの取り外し準備を行います。グローブBOX下ロアカバーを右上画像の手順で外し足元照明用電源コネクターを外します。このロアカバーは画像でお分かりになられるかと思いますがプラスチックのツメで留まっています。無理に引っ張りますとツメが割れてしまう恐れが有りますのでベビードライバー(マイナス)などを使用しツメ部を押さえながら外すようにして下さい。
マークX28 マークX29 マークX30
マークX31 マークX32 マークX33
マークX34 マークX35 マークX36
マークX37 マークX38
次にキッキングカバー&プレートを外して行きます。キッキングプレートの前後部のツメをキッキングカバー&Bピラーカバーの受け部から外し上方向へ引っ張ります。キッキングプレートを外しましたらカバーを手前に引っ張って下段右画像の金属製ピンとグローブBOX&車両側の受け部から抜き取ります。各ツメの位置&形状・受け部は画像を参考にしてみて下さい。
マークX39 マークX40 マークX41
マークX42 マークX43 マークX44
マークX45 マークX46 マークX47
マークX48 マークX49
ロアカバー・キッキングカバー&プレートが外れましたらグローブBOXの取り外しを行います。オーナメントリムーバーツールをダッシュボードとサイドカバーの隙間に差し込みコゼて浮かせます。サイドカバーが浮きましたら引っ張ってダッシュボードから外し手前に引き抜きます。次にグローブBOX下の取り付けビス2本を外しグローブBOXを開けますと見えます取り付けビス3本を外します。取り付けビス5本を外しましたらBOX本体の落下に注意しながら手前に引っ張ってダッシュボードから外します。以上で僕の行います作業の取り外し作業は完了となります。
マークX50 マークX51 マークX52
マークX53 マークX54
まず各アンテナの設置作業から行って行きます。脱脂作業を行いましたフロントガラスに地デジアンテナを左右それぞれ2枚づつ貼り付けしアンテナ線を天張り内に通して助手席側Aピラー配線に這わせダッシュボード内へ引き込みます。次にダッシュボードの脱脂作業を行いGPSアンテナを右上画像の位置に設置しアンテナ線をフロントガラスとダッシュボードの隙間に這わせてダッシュボード内へ引き込みます。引き込みました各アンテナ線と社長が引き廻してくれましたバックカメラ用映像ケーブルを左下画像のように車両配線に這わせオーディオ取り付け位置へ引き廻します。この時USB接続ケーブルもオーディオ取り付け位置からグローブBOX取り付け位置へ引き廻しておきます。
マークX55 マークX56
マークX57 マークX58
次にUSB接続ケーブルはグローブBOX内に設置しますのでグローブBOXの穴開け加工を行います。右上画像のようにドリルを使用して穴を開け左下画像のようにケーブルを通しグローブBOXを元通り組み付けます。グローブBOXを組み付けしましたらUSB接続ケーブルの噛み込みや引っ掛かりが無いか確認します。以上で助手席側の作業は完了になりますのでキッキングカバー&プレート・ロアカバー・助手席側Aピラーカバーを元通り組み付けしておきます。
マークX59 マークX60
マークX61
次は電源線の準備作業を行います。今回のナビゲーションの特徴なのですがナビ電源線から出ています右上画像の配線を車両側の配線へ接続するだけで特別な装置を設置しなくても純正ステアリングスイッチが使用出来るようになります。追加の3本線を含めオーディオ変換ハーネス&ナビ電源線の接続作業を行い左下画像のように準備します。
マークX62 マークX63 マークX64
マークX65 マークX66 マークX67
準備の出来ましたナビ電源線を車両側オーディオ電源コネクターと接続し各信号線の取り出し作業を行います。車速・リバース(バック)・サイドブレーキ信号はいつものようにオプションコネクターの各配線から取り出し作業を行います(右上画像)。次にステアリングスイッチ取り出し配線は左上画像の位置に有ります20P(ピン)コネクターから行います。左下の画像を参考にして頂きたいのですが今回の車両には♯6のアース線部が空きになっておりましたのでアース線はナビ電源線アース線と接続して取り出し作業を行っています。その他の配線は下段中央画像のように各配線の被覆を捲り取り出し配線を接続してハンダ&絶縁処理を施しています。各配線の接続作業が終わりましたらバックカメラ映像用ケーブルをナビ電源線側のケーブルと接続して絶縁テープを巻き付け抜け防止対策を施します。
マークX68 マークX69
マークX70 マークX71 マークX72
各配線類の接続作業が終わりましたらナビユニットをオーディオブラケットに組み付けします。オーディオブラケットに取り付けされています化粧パネルを外しナビユニットとエスカッションパネルを組み付けします。今回エスカッションパネルがオーディオブラケットに当り浮いてしまいましたので右上画像のようにカットし取り付けしました。準備の整いましたナビユニットを車内に持ち込み各電源コネクター&アンテナ線を抜けが無いようしっかり接続して車両に取り付けしオーディオパネル&センターコンソールサイドパネルを元通り組み付けます。
マークX73 マークX74
マークX75 マークX76
ナビユニットを車両に組み付けしましたらエンジンを始動しナビが正常に作動しているか確認します。次にナビユニットのモニター部を開けB-CASカードをホルダー内へ挿入しモニターを閉じて地デジ放送エリアの設定とB-CASカードのテストを行います。最近のB-CASカードは左下画像のようにminiB-CASカードになっていまして従来の物よりかなり小さくなっており社長とビックリしておりました(^^;。
マークX77 マークX78
マークX79 マークX80
マークX81
次に車両を工場の外へ出し地図画面で現在地の確認と各信号線の接続状態をチェックします。ナビの作動に問題が有りませんでしたので地デジ放送の受信状態をチェックしステアリングスイッチの設定&作動確認を行います。各作動に問題が有りませんでしたので車両を工場内へ戻し最終キズ&電気廻りチェックを行い作業終了です。
さて今回は当社初のマークXの作業でしたがいかがでしたでしょうか?。同タイプのマークXにお乗りの方やご検討中の方で外品ナビをお考えの皆さんのお役に立てれば幸いなのですがイマイチ上手にご紹介出来なくて申し訳ございません(^^;。
by KIN
           
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック