FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
日産 ノート
ノート ノート2
ノート3 ノート4
今回はディーラー様からのご依頼で新車のノートへETC車載器の取り付け作業ブログになります。ETC車載器は事前にお客様が現在お乗りのお車から取り外しをさせて頂きましたモノを取り付けして行きます(再セットアップ作業済み)。ETC車載器本体の取り付け位置は左下画像のセンターコンソール側面部に取り付けして行きます。右上画像の純正ドアバイザーはディーラー様がご用意されておりました部品でETC車載器取り付け当日に「ドアバイザーも積んでるからついでに付けといて~」とお願いされましたのでこちらも取り付けさせて頂きました。
ノート5 ノート6
それでは作業に取り掛かって行きたいと思います。まずはETCアンテナ取り付け準備で運転席側Aピラーカバーの取り外しを行って行きます。ウェザーストリップを引っ張って外しAピラーカバーを室内側へ引っ張ります。AピラーカバーがAピラーから外れましたら天張りに当ててしまわないよう注意してダッシュボードから引き抜きます。
ノート7 ノート8
ノート9 ノート10
次に電源取り出し&各配線引き廻し準備の為ハンドルコラムカバー(ロア側)とロアカバーの取り外しを行います。まずコラムカバー取り付けビス3本を外しキーシリンダー周りのカバーを外します。次にコラムカバー上下を切り離しロア側を左下画像の手順で外します。この時コラムカバーがダッシュボードと干渉してしまいますので養生テープなどを貼り付けキズ防止対策を施してから取り外しを行うようにして下さい。コラムカバー(ロア側)が外れますと右下画像のようになりキーシリンダー電源コネクターが見えると思います。
ノート11 ノート12 ノート13
ノート14
ハンドルコラムカバーの取り外しが終わりましたらロアカバーを手前に引っ張って外します。ロアカバーの固定は上段中央&右画像のようにプラスチックピンとツメで留まっていますのでピン&ツメの形状と位置は画像を参考にしてみて下さい。ロアカバーを外しましたらアンテナ線引き廻し時配線を見え易くする為ヒューズBOXカバーも外しておきます。
ノート15 ノート16
各カバー類の取り外しが終わりましたらフロントガラスの脱脂作業を行いETCアンテナを貼り付けます。アンテナ線は天張り内に通し運転席側Aピラー車両配線に這わせてタイラップ(結束バンド)で束ねダッシュボード内へ引き込みます。
ノート17 ノート18
ノート19 ノート20 ノート21
次は電源取り出し作業を行います。検電器を使用しキーシリンダー電源コネクター内の常時&ACC(アクセサリー)線の確認作業を行います。常時電源(青線)とACC(茶線)の被覆を捲り(常時電源線は金属部に接触しますとショートしますので注意して下さい)ETC電源線を接続します。接続部はいつものようにハンダを流し込み絶縁テープを巻き付けます。各電源取り出し作業が終わりましたらETC電源線の引き廻し作業を行いますのでコラムカバーアッパー側を持ち上げ左下画像のように車両配線と束ねながら引き廻します(今回コラムカバーにボイスコントロール用マイクが取り付けされていましたのでアッパー側の取り外しは行わず引き廻し作業を行いました)。引き廻しました電源&アンテナ線をハンドルシャフト上部に通し車載器本体取り付け位置へ引き廻します。アース線は右下画像のように車両ユニットブラケット取り付けボルトに共締め接続しました。
ノート22 ノート23
ノート24
引き廻して来ました電源&アンテナ線を車載器本体へ抜けが無いようしっかり接続しセンターコンソール側面部の脱脂作業を行って右上画像のように車載器本体を設置します。余りの電源&アンテナ線は左下画像のように車両配線と束ねて処理しておきます。ETC車載器の取り付け作業が終わりましたら各カバー類を元通り組み付けし作動テストを行います。
ノート25 ノート26
ノート27 ノート28
エンジンを始動し車載器の電源が入っている事を確認しましたらETCカードを挿入し車載器とアンテナのスタンバイランプが点灯する事と「ETCカードが挿入されました」と言う音声案内がされるを確認します。次にエンジンを停止し「ETCカードが残っています」と言う音声案内がされる事を確認します。ETC車載器の取り付け&作動確認は以上になりますので次はドアバイザーの取り付けを行います。
ノート29 ノート30
ノート31
各ドアのガラスを下げドアバイザー貼り付け面の脱脂作業を行います。各ドアの脱脂作業が終わりましたらドアガラス周りのランチャンネルを引っ張って外しバイザーのバランスに注意しながら貼り付けます(各ドアも同じ手順で取り付けます)。バイザーを取り付けしましたらランチャンネルを元に戻しドアガラスを上下させランチャンネルの噛み込みが無いか確認します。各バイザーの取り付けが終わりましたら両面テープの浮きが無いか確認を行って綺麗なウエスでバイザーの汚れなどを拭き取ります。以上で全ての取り付け作業は終了になりますので最終キズ&電気廻りチェックを行い作業終了です。
さて僕がブログを作成するのは久しぶりですが決してサボっていた訳ではありません(^^;。今回のETC車載器取り外しやモータース屋さんのお手伝いなどをして会社を出たり入ったりしておりました(^^)。昨日社長が書いておりましたが当社ブログも80万件を超えるアクセスを頂き本当にありがとうございます!!。もっともっとお役に立てるブログを目指したいのですがブログのレベルアップも出来ていませんし忙しさのあまり更新出来ない日も多々有りいつもご覧頂いております皆様、大変申し訳ございませんm(_)m。こんな「カーテックつかさ作業日誌」ですがこれからも宜しくお願い致します!!。
by KIN
      
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック