神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日産 リバティ
リバティ 
今回の作業は、業者様より以前に日産 リバティのエアコンの冷えがたまに鈍くなる時が有ると言う事で点検を行いました。原因はコンデンサーファンモーターのモーター不良でコンデンサーファンモーターが廻っていないので状況により圧力が高くなりエアコンの冷えが悪くなっている状態でした。この車両は業者様が普段お使いになっている社用車だそうで部品は業者様の方で手配をして頂き、今回新品の部品では無く良品中古部品を用意したので交換して欲しいとの事でしたので、早速お車をお預かりし作業を行いました。
リバティ2 リバティ3
リバティ4 リバティ5
リバティ6 リバティ7
リバティ8 リバティ9 リバティ9
リバティ10 リバティ11
上段左画像内の赤〇部分のモーターが今回交換する部分になります。このモーターを取り外しするのですが、コンデンサーファンモーター&ラジエターファンモーターを一つのシュラウドケースに固定して有り取り外すには全体を取り外す必要が有りますので、取り外しに干渉するものを取り外して行きます。まず、エアコンパイプを固定していますステーのボルトを緩めてフリーにします。次にシュラウドケース上部の固定ボルト2本を取り外し各ファンモーターに接続されている電源カプラーを外し、ケース部に引き廻しているハーネスを固定している個所が3ヶ所有りますのでピンを浮かせてハーネスをフリーにしておきます。この状態になりましたら、シュラウドケースがフリーになるのですがラジエターのアッパーホースにケースが干渉して抜けて来ませんのでアッパーホースを画像の様に外してから最終画像の様にシュラウドケースモーター2個付き状態のASSYを抜き取ります。
リバティ12 リバティ13
リバティ14 リバティ15
リバティ16 リバティ17 リバティ18
次にコンデンサーファンモーターを取り外します。モーター部にファンが固定されていますので固定用8mmナットを緩めてファンを取り外します。ファンを取り外しましたらモーター固定用8mmボルト3本を外してモーターをケース側より取り外します。外しましたら業者様がご用意しましたモーターと部品に違いが無いか確認を行い取り外しの逆手順で組み付けを行って行きます。シュラウドケース側へモーター&ファンを固定しましたら一度手でファンを回転させ、軸ブレやファン回転時にケースに干渉しないか点検を行います。特に異常は有りませんでしたので車両側へ組み付けして行きます。モーターは取り付け前に電気を流し作動するか点検を行っています(^^)。組み付けが完了しましたらアッパーホースを抜いた際に若干冷却水が抜けましたので継ぎ足ししておきエンジンを始動し冷却水量の点検を行います。
リバティ19 リバティ20   
リバティ21
上段画像はまだエンジンを始動せずにファンが廻っていない状態の画像で、右側画像はファンが作動し回転している画像になります。比較画像として撮ってみましたがお分かりになりますでしょうか?エアコンの冷えをチェックする為吹き出し口に温度計を設置し冷房MAXで風量弱の状態で何度まで冷えるかを点検いたしました所、6.4℃まで冷え込みました。その他各エアコン操作を行い作動確認を行い問題ありませんでしたので、各電気廻りのチェックを行い作業は完了致しました(^^)!!。
ここ数日バタバタとし更新が出来ず申し訳ございませんでした(^^;。今週もバタバタとしそうですのでまた更新が出来ない日が有るかとは思いますがご了承ください<m(__)m>。
by まっちょ
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。