FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スバル レガシィ ツーリングワゴン
バックカメラ 
今回の作業は先日当社「KINちゃん」がナビゲーション取り付けでご紹介させて頂きました、スバル レガシィ ツーリングワゴンの続き作業になります。私が作業を行いましたのはマルチカメラシステム及び後席用モニターの設置作業になります。私の行いました作業も画像が多くなりましたので2回に分けてブログを行わさせて頂きたいと思います(^^)。本日ご紹介させて頂きますのは、バックカメラを取り付けする際の各パネル分解とカメラ取り付け作業のきりの良い所までになってしまいますがご了承ください(^^)。
バックカメラ2 バックカメラ3
バックカメラの設置位置は画像に有りますリヤガーニッシュの赤〇印部、純正のバックカメラ本体取り付け位置のガーニッシュカバーの一部を切り取り加工し切り取りました穴部よりバックカメラが顔を出す様な形で取り付けを行います。
今回の商品は、パナソニック製品マルチカメラシステム CY-MCRS70KDと言う商品になります。
マルチカメラシステムとはバックカメラとサイドミラーカメラとがセットになった商品で切り替えスイッチにより助手席側のサイドミラー前方部をカメラで映し出し縦列駐車や車庫入れ等をサポートしてくれたり、対向車とのすれ違い時の助手席側幅寄せ時等に映像を見ながら見えない死角を映しサポートしてくれる商品になります。今回部品関係はお客様のお持ち込みでしたがナビゲーションと連動する為のカメラ連動ケーブルCA-LM750Dとマルチカメラ用カメラカバーCA-MCC70KDの2点が足りませんでしたので当社でご用意させて頂きました。
バックカメラ4 バックカメラ5
バックカメラ6 バックカメラ7
バックカメラ8
それではバックカメラを設置する為必要個所の分解から始めて行きます。まず最初に行いましたのは、リヤハッチゲートの内張りの取り外しです。画像内に取り外しを行いますパネル部に取り外しを行って行く順番の記号を記入していますのでこの順番通りに取り外しを行って行きます。まずは①のパネルよりキズ等の付く恐れのある所には養生し端側より順番に浮かせて行き全体を取り外して行きます。画像では助手席側の画像のみになっていますが左右2ヶ所の取り外しが必要になりますので反対側の右側も同様手順で取り外しを行って行きます。
バックカメラ9  バックカメラ10
次に②の取り外しです。①のパネルが両サイド外れましたら、②のパネルを端側より手前に引く様な感じで引っ張り浮かせて行き、全体を浮かせ取り外します。このパネルは比較的簡単に取り外す事が出来ると思います。
バックカメラ11 バックカメラ12
バックカメラ13 バックカメラ14
バックカメラ15 バックカメラ16
バックカメラ17 バックカメラ18
①と②のパネルが外れましたら最後に③のパネルを外します。上段画像に有る様に①のパネルが被っていましたヶ所に固定用プラスチックピンが留まっていますので左右とも各1個ずつピンを外しておきます。次に、リヤハッチゲートを閉める際に使用します取っ手部に隠しビスが有りますので2段目画像の赤〇印位置に先の少し曲がった細い工具等を使用し穴に引っかけ手前に引っ張る様にしてカバーを捲ります。捲りますと画像の様に固定ビス2個で留まっていますので外します。
次に、取っ手部の上側にゴムのパッキンが付いていますので、画像の様に少し捲りますと固定用のプラスチックピンが見えて来ます。4ヶ所この固定ピンで留まっていますので各所取り外します。これで、パネル外側より固定されているピン関係が外れましたので下段左画像の様に浮かせやすそうなヶ所の端側より順番にパネルを引っ張り浮かせて行きます。一気にパネルを引っ張ると破損する恐れが有りますので、固定ヶ所を確認しながら一ヶ所づつ順番に浮かせるようにして下さい。この時パネルの落下にも注意して下さいね(^^)。
バックカメラ19
リヤハッチゲート内の各内張りが外れました。この状態でやっとリヤガーニッシュの取り外しを行う事が出来る状態になりました。
バックカメラ20 バックカメラ21
バックカメラ22 バックカメラ23 バックカメラ24
バックカメラ25 バックカメラ26 バックカメラ27
バックカメラ28
ガーニッシュを取り外す前に必要個所にはシッカリと養生しておくようにします。今回のカメラ設置は純正カメラ位置のガーニッシュを切り取り加工致しますので切り取り位置の両サイドの位置をカメラ設置時に分かりやすくする為上段左画像の様にマスキングテープを使用してマーキングしておきます。準備が出来ましたらリヤハッチゲート裏側よりガーニッシュ固定用ナットの取り外しを行って行きます。画像では一部しか映っていませんが全部で9個のナットで留まっています。次にガーニッシュ両サイドの固定ナットを取り外す為画像に有りますサイドカバーの取り外しを行います。見える所では1ヶ所のみプラスチックピンで留まっていますので、画像の様にピンを浮かせて取り外しパネル全体を引っ張り取り外します。外れますとガーニッシュ外側の固定ナットが有りますので2ヶ所取り外します。画像は助手席側ですが運転席側も同様手順で取り外しを行います。固定ナット全てが外れましたら、画像には有りませんが、ナンバー等電源用カプラー及びバックランプ・バックフォグ用カプラーをそれぞれ外しリヤガラス部やボディに干渉しない様注意しながら取り外しを行います。
バックカメラ29
ガーニッシュを取り外すとこの様な感じになります。画像内に赤で四角く囲みました位置にバックカメラ本体を設置し、点線位置にケーブルを固定し引き廻し、赤〇印部よりバックカメラケーブルをゲート内側へと引き込みして行きます。この穴はガーニッシュ側のナンバー等用電源カプラーを引き込みしている既存の穴になります。この穴を利用してバックカメラケーブルの引き込みを行って行きます。
バックカメラ30 バックカメラ31
バックカメラ32 バックカメラ33
バックカメラ本体をカメラ設置位置に仮付け固定しカメラケーブルの引き込みを行って行きます。既存の穴にカメラケーブルの先端カプラーを通し・・・通らない・・・(^^;。どうやらカプラーの方が穴より大きかったみたいです(^^;。では気を取り直しまして、カプラーより各配線を抜いてケーブルのみにして引き込みを行う事にします(^^)。まず、カプラーの端子抜け防止用のリテーナーロックを抜き、各ギボシのロックをしているカプラー側のツメを少し起こしながら1本づつケーブルを抜いて行きます。1つ言い忘れていましたが、どこの端子位置にどのケーブルが挿入されていたか分からなくなると大変ですのでメモなどをとり位置と線色を覚えておくようにします。この配線の中に緑線が2本有ります。全くの同色ですので分からなくならない様、一番端側の配線に油性マジックペンなどでマーキングしておくと便利だと思います。
下段左画像の様に各配線が抜けましたら、先程の穴位置より、ゲート内にケーブルを引き込みしカプラーを元通りに組み付けしておきます。元通りになりましたらケーブルが抜ける事が無いか少し引っ張って確認しておくと良いと思います(^^)。問題無いようでしたら車両ハーネスに沿わせながらゲート上方部の室内にハーネスを引き込んでいる既存のグロメット部まで固定処理しながら引き廻して行きます。
バックカメラ34 バックカメラ35
バックカメラ36 バックカメラ37 バックカメラ38
バックカメラ39
ケーブルを引き廻してきたらボディ間のグロメットをボディ側より外していきます。このゴムグロメットの中には車両ハーネスが通っていますので同じ様に中にカメラケーブルを通して車両室内へと引き込みして行きます。この引き込み作業を行う時に注意したいのは、グロメット内はそれほど余裕が有りませんのでカプラー付きのケーブルを無理に通すと、車両側ハーネスにキズを付けたり断線させたりと言う可能性が有りますので、カプラーの保護も含めてカプラー部に保護テープを巻き付け、通す前に潤滑材をカプラー側及びグロメット内部にシッカリと塗布しグロメット内部の引き込み作業を行います。画像の様に問題無く内部を通す事が出来ましたら、次は天上部より天張り内へとケーブルを引き込みます。引き込みを行う為、中段真ん中画像のパネルを引っ張り取り外します。外しましたら天上部よりケーブルを室内側へ引き込み先程外しましたパネルの上部側の天張りを少し下側へ引っ張り、ケーブルを受け取り引っ張り出して行きます。
ケーブルが車両室内側へ前部入りましたら、グロメット部を元通りに組み付けし、下段画像の様に天張り側面部を通しケーブルを固定処理して行きます。今回カメラケーブルを助手席下側まで引き廻して行きます。
バックカメラ40 バックカメラ41 バックカメラ42
バックカメラ43 バックカメラ44 バックカメラ45
天張り部より引き廻してきましたケーブルを後席側の足元側まで降ろしてきて、後席座面シートを引っ張り取り外し、後席側のサイドステップカバーを外します。このサイドステップカバー後方側にはプラスチックピンが1ヶ所留まっていますのでピン抜き工具等で引き抜いてから、サイドステップカバーを外して行きます。このカバーは非常に硬く外し難いので破損等に注意して下さい。
次にBピラー下部のパネルを画像の様に取り外していき、バックカメラケーブルを一旦助手席シート下側まで引き廻しておきます。
引き廻してきたケーブルはカメラユニットへ接続するのですが、今回はカメラユニットへサイドカメラとバックカメラとRCAケーブルと電源ケーブル・カメラ連動ケーブルを接続する事になっていますので、次回のブログでご紹介させて頂きます(^^)。
バックカメラ46 バックカメラ47
バックカメラ48 バックカメラ49
バックカメラの取り付けでは一旦ここまでの作業で止まってしまいますので、先にリヤガーニッシュの加工を済ませておきます。切り取りするパネルの廻りを養生しておき、切り欠き部に沿って切り取りを行って行きます。このパネルは比較的簡単に作業が行えます。溝部にカッターナイフ等で数回切り込みを入れて行きますと、下段左画像の様にブランっと切れますので、後は残った方を同じ様に切り込んで行きますと最終画像の様に全て取り除く事が出来ます。
カメラの設置に関しては、後カメラ本体の位置決め及び角度調整、ガーニッシュとの位置関係の調整になりますが映像を映し出しての微調整になりますので一番最後の作業になります(^^)。
残り作業は、助手席のサイドミラー部へのカメラ設置作業と助手席ヘッドレスト横に取り付けする後席用モニターの設置作業になりますが、本日は画像編集の都合上一旦ここまでとさせて頂きます(^^)!!。
by まっちょ
       
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック