神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタ エスティマ
エスティマ エスティマ2
エスティマ3 
昨日は大変申し訳ございませんでしたm(_)m。本日は昨日画像編集を済ませておりましたエスティマのレーダー探知機取り付け作業のブログで行きたいと思います。業者様から「部品持ち込みでレーダー(右上画像)を取り付けして欲しい」とご連絡を頂き取り付け作業を行いました。業者様と現車で取り付け位置、電源取り出し方法のご相談をさせて頂き「レーダー探知機の取り付け位置は運転席側Aピラー三角窓部のパネルへ電源は電源ソケットを使わない方向で」と言う事に決まりましたので作業を進めて行きます。
エスティマ4 エスティマ5
まずは運転席側Aピラーカバーの取り外しから行って行きます。ウェザーストリップを引っ張って外しAピラーカバーを室内側へ引っ張ります。AピラーカバーがAピラーから外れましたら天張りに当ててしまわないよう注意しダッシュボードから抜き取ります。Aピラーカバーは右画像でお分かりになるかと思いますが金属製のピンで留まっています。この金属製ピンはAピラー側の溝部に残ってしまう事が多いのでAピラーから外してカバー側に取り付けしておきます(金属製ピンをAピラーから外す際Aピラー内にピンが落ちる恐れが有ります。ピンがAピラー内に落ちてしまいますと取れなくなってしまいますので注意して取り外すようにして下さい)。
エスティマ6 エスティマ7
エスティマ8 エスティマ9
エスティマ10 エスティマ11 エスティマ12
エスティマ13 エスティマ14
次にハンドルコラムカバー&ロアカバーの取り外しを行います。まずロアカバーの取り外しから行いますのでロアカバー取り付け&ボンネットオープナーレバーブラケット取り付けビスを外します。ボンネットオープナーブラケット取り付けビスを外しましたらレバー本体を2段目右画像のようにロアカバーから引き抜いておきます。次にシフトレバー周りのカバー(3段目左画像)を手前に引っ張って外します(シフトレバーから抜き取らなくても作業は可能なのですがツメ位置等の画像を撮る為カバーを抜き取りました)。シフトレバー周りのカバーが外れましたらロアカバーを手前に引っ張り各電源コネクター類を外し車外へ取り出します。
エスティマ15 エスティマ16
エスティマ17 エスティマ18
エスティマ19
ロアカバーを外しましたらハンドルコラムカバーの取り外しを行います。コラムカバーロア側の取り付けビスを外してハンドルを左右へ90°回しますと見えます取り付けビス2本を外します。取り付けビス3本を外しましたらコラムカバー(ロア側)を引っ張って外します。コラムカバーが外れますと2段目右画像の位置にキーシリンダー電源コネクターが見えると思いますので検電器を使用しACC(アクセサリー)電源取り出し配線の確認作業を行っておきます。
エスティマ20 エスティマ21
エスティマ22
次に電源線の準備作業を行います。今回業者様から「電源ソケットを使わない方向で」と言うご依頼でしたのでレーダー電源線ソケット部の加工を行って行きます。まず右上画像のようにソケット部分を分解しプラス側とマイナス側の配線を確認します。確認作業が終わりましたらソケットから出ています配線を10㎝程残して切断し(元に戻せるように配線をソケット側に配線を残しておきます)プラス側配線にヒューズホルダー付き配線を接続します。マイナス側の配線にはクワ型ギボシを取り付けして電源線の加工作業は完了です。
エスティマ23 エスティマ24
エスティマ25 エスティマ26
準備が“整いました”{最近このフレーズが人気の芸人さんが居てはりますね~(^^)}電源線をキーシリンダー電源コネクターACC(アクセサリー)電源線へ接続しハンダ&絶縁処理を施します。接続しました電源線を右上画像のように車両配線に這わせ三角窓部へ引き廻します。アース線は左下画像の車両フレーム空きボルトにナットを用意して接続作業を行いました。
エスティマ27 エスティマ28
エスティマ29 エスティマ30
エスティマ31 エスティマ32
次に三角窓部に引き廻しました電源線の噛み込みを防止する為三角窓パネルの加工を行います。ドリルを使用して右上画像のような溝を作ります。この溝部に電源線を通してAピラーカバーを組み付けし電源線を三角窓側とダッシュボード内で引っ張り合います。電源線が抵抗無く動く事が確認出来ましたらレーダー探知機に接続してパネルの脱脂作業をしっかり行い左下画像位置に設置します。レーダー探知機の設置が終わり電源線の長さが決まりましたら余りの配線を右下画像のように車両配線へ束ねて処理しハンドルコラムカバー&ロアカバーを元通り組み付けます。
エスティマ33 エスティマ34
エンジンを始動しレーダー探知機の電源が入る事を確認しましたら車両を工場の外へ出しGPSの受信状態を確認します。レーダー探知機の作動に問題が有りませんでしたので車両を工場内へ戻し最終キズ&電気廻りチェックを行って作業終了です。
さて昨日はサッカーワールドカップの日本代表選手が決まったそうですがサッカーファンの皆さん、まもなくですね~(^^)。僕はサッカーはあまり詳しくない(選手の名前は知っている程度です・・・)のでヴィッセル神戸の大久保選手に頑張って頂きたいと思います(^^)。プロ野球の方は明日から交流戦が始まりますが毎年この交流戦を境に今まで調子の良かったチームが悪くなってしまったり逆に調子の悪かったチームが良くなったりしますので目が離せません(^^)。毎年阪神VSオリックス線が応援し辛いのですが特に今年はオリックスの監督が岡田監督なので例年より応援し辛いです(^^;。どちらも頑張って!!(特に阪神^^;)。
by KIN
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。