神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日産 ルークス
ルークス ルークス2
ルークス3 
今回はディーラー様から「新車のルークスへナビとETCを取り付けして欲しい」とご依頼を頂き部品はお客様とご相談の結果左下画像のナビ&ETC車載器等を当社でご用意させて頂き取り付け作業を行いました。ETC車載器のセットアップ作業はいつものように当社お隣の部品屋さんにお願いして作業を進めて行きます。
ルークス4 ルークス5
ルークス6 ルークス7
まずは各アンテナ設置準備の為左右Aピラーカバーの取り外しを行って行きます。ウェザーストリップを外しAピラーカバーを室内側へ引っ張ってAピラーから外します。AピラーカバーがAピラーから外れましたら天張りに当ててしまわないよう注意しながらダッシュボードから引き抜きます。Aピラーカバーは左画像でお分かりになるかと思いますが金属製のピンで留まっていますので引っ張る際Aピラカバーの割れや変色に注意して取り外しを行って下さい。
ルークス8 ルークス9
ルークス10 ルークス11
次にグローブBOXの取り外しを行います。グローブBOXを開けストッパー部を内側に引き寄せながらダッシュボードを交わしBOX本体を手前に引っ張って外します。BOX下部に左下画像のツメが2ヶ所有りこのツメがダッシュボード側の受け部に入って留まっていますので画像を参考にしてみて下さい。
ルークス12 ルークス13 ルークス14
ルークス15 ルークス16
次はオーディオパネル&ブラケットを外す為エアコン吹き出し口パネル左右を外します。まずシフトレバーを左上画像のように移動させておきます。次にオーナメントリムーバーツールをエアコン吹き出し口パネルとエアコン操作パネルの隙間に差し込みコゼてパネルを浮かせます(隙間と言いましてもかなり狭いと思いますので養生テープなどキズ防止対策をしっかり行い徐々にオーナメントリムーバーツールを差し込むようにして下さい)。パネルが浮きましたら手前に引っ張って外します。
ルークス17 ルークス18 ルークス19
ルークス20 ルークス21
エアコン吹き出し口パネルが外れますと左上画像のようになりますのでオーディオブラケット取り付けビス4本を外します。オーディオブラケット取り付けビスの下側2本は上段中央&右画像のように少し深い位置に取り付けされています。ビスの落下にはくれぐれもご注意下さい。オーディオブラケット取り付けビスが外れましたらオーディオパネルを手前に引き出しハザードランプスイッチ電源コネクターを外します。
ルークス22 ルークス23 ルークス24
ルークス25 ルークス26
各パネル類の取り外しが終わりましたら各アンテナ設置準備でフロントガラスとダッシュボードの脱脂作業を行います。脱脂作業の終わりましたフロントガラスへ地デジ&ETCアンテナを貼り付けしアンテナ線を天張り内に通し助手席側Aピラーへ引き廻します。GPSアンテナは上段中央画像位置へ設置しアンテナ線をフロントガラスとダッシュボードの隙間に這わせ地デジアンテナ線と共にダッシュボード内へ引き込みます。引き込みました各アンテナ線はグローブBOX内の小物入れ上部に通しGPS&地デジアンテナをオーディオ取り付け位置へETCアンテナはグローブBOX位置にそれぞれ引き廻しておきます。各アンテナ線の長さが決まりましたら余りのアンテナ線は右下画像のように車両配線と束ねて処理します。各アンテナ線の引き廻し作業が終わりましたら左右Aピラーカバーを組み付けます。
ルークス27 ルークス28
ルークス29 ルークス30
ルークス31 ルークス32
次は電源線の準備と接続作業を行います。まずナビ電源線を変換ハーネスに接続します。ギボシ部は抜けが無いようシッカリ接続し絶縁テープを巻き付けておきます。今回車両側のオーディオ電源コネクターにアース線が有りましたので変換ハーネス側のアース線を二股ギボシに交換しナビアース線とETCアース線を接続します(2段目左画像)。ETC電源線はキーシリンダー電源コネクターで取り出ししたかったのですがプッシュスタート式スターターの為配線が細かったのでナビ電源線に割り込み接続しました。準備が出来ましたナビ電源線を車両オーディオ電源コネクターへ接続し各信号(車速・リバース(バック)・サイドブレーキ)取り出し作業を行います。各信号の取り出し位置は右下画像を参考にしてみて下さい。
ルークス33 ルークス34
ルークス35 ルークス36
ルークス37 ルークス38
次にB-CASカードホルダー&USBケーブル(iPodなどを接続する為のケーブルです)の設置作業を行います。B-CASカードのチップ面に注意しカードをホルダーへ挿入します。B-CASカードホルダー裏側にマジックテープを貼り付けしセンターコンソールパネル奥のフロアカーペット部に設置します。B-CASカードホルダーのケーブルはセンターコンソールパネル裏側に通っています金属製のパイプに這わせタイラップ(結束バンド)で固定しオーディオ取り付け位置へ引き廻します。USBケーブルはオーディオ取り付け位置からグローブBOX内小物入れ部に這わせ右下画像のように設置しておきます。
ルークス39 ルークス40 ルークス41
ルークス42 ルークス43
ルークス44 ルークス45
各配線の接続&引き廻し作業が終わりましたらナビユニット取り付け作業に移ります。オーディオパネル&ブラケットを右上画像のように分解しナビユニット本体へ組み付けます。ナビユニット本体にパネルとブラケットが取り付け出来ましたら各電源コネクター&アンテナ線・ケーブル類を抜けが無いようしっかり接続します。ナビユニットへ各配線を接続しましたら配線類の噛み込みに注意しながら車両に組み付けます。
ルークス46 ルークス47
ルークス48 ルークス49
次はETC車載器取り付け準備を行います。今回車載器本体はグローブBOX内に設置しますのでステップドリルを使用し右上画像のように穴開け加工を施します。グローブBOXに穴が開きましたらETC電源&アンテナ線を引き込みBOX本体をダッシュボードに組み付けます。車載器設置面の脱脂作業を行い各配線を接続して右画像のようにETC車載器を取り付けます。
ルークス50 ルークス51
ルークス52 ルークス53
ルークス54 ルークス57
ルークス55 ルークス56
ETC車載器の取り付け作業が終わりましたらエアコン吹き出し口パネルを組み付けしシフトレバーをPレンジに戻してエンジンを始動し作動テストを行って行きます。まず車両を工場の外へ出し地図画面で現在地が合っているか確認します。次に各信号の取り出しに間違いが無いか確認し拡張ユニットの接続状態をチェックします。ナビ側の作動に問題が無い事を確認出来ましたらオーディオ画面にしてFM/AM&TVのチューニングを合わせラジオの受信状態と地デジTVの受信状態を確認します。オーディオの作動にも異常が無い事が確認出来ましたら車両を工場内に戻しETC車載器へETCカードを挿入しETCの表示がモニターに出ている事を確認します。以上で作動確認は完了ですので最終キズ&電気廻りチェックを行い作業終了です。
さて皆さんゴールデンウィークは満喫されましたでしょうか?(^^)。お仕事だったと言う皆さん大変ご苦労様でした。当社は4日間お休みを頂きましたが僕の場合出張作業の疲れを取って終わってしまったと言う感じです(^^;。ニュースでも各地で凄い渋滞している映像が映っていましたが当社ブログをご覧下さってる方もこの中に居らっしゃるのかな~と思いながら観ておりました(^^;。
本日から当社も通常営業なのですが早速業者様からご依頼を頂き現在も作業を行っておりましてゴールデンウィーク中にお問い合わせを頂いております皆様大変申し訳ございませんがご返答の方今しばらくお待ち頂けましたら幸いですm(_)m。
by KIN
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。