FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
トヨタ サイ

サイ サイ2
今回は業者様から「お客様お持ち込みのTVキット&レーダー探知機を取り付けして欲しい」とご依頼を頂き取り付け作業を行いました。取り付けします部品はデータシステム社製TV&ナビキット(TTN-74)とユピテル工業社製レーダー探知機(RPR21sd)になります。右画像内の電源直結コード(OP-4)はユピテル工業社のレーダー探知機用電源線で今回シガーソケットの加工は行わずこの電源線を使用して電源取り出し作業を行います。
サイ3 サイ4 サイ5
それでは作業に取り掛かって行きたいと思います。まずはレーダー探知機取り付け作業の為運転席側Aピラーカバーを外すのですがその前にダッシュボード側面部のパネルを外します。取り外しの手順ですがパネル上部のツメ部をAピラーカバーから外して手前に引きパネルが浮きましたらキッキングカバー部から引き抜いて外します。
サイ6 サイ7 サイ8
サイ9 サイ10
ダッシュボード側面部のパネルが外れましたらAピラーカバーを室内側に引っ張ってAピラーから外します。Aピラーカバーが浮きますと上段中央画像の位置にベルト付きのピンが見えますのでラジオペンチなどを使用してAピラーカバーから外しダッシュボードから引き抜きます。Aピラーカバーを外しましたら三角窓部のパネルを上方向に引っ張って外します(左下画像)。
サイ11 サイ12
サイ13 サイ14 サイ15
次に今回レーダー探知機の電源取り出しはシガーソケットから行いますのでセンターコンソールパネル下のパネルをオーナメントリムーバーツール等を使用して右上画像のように外します。パネルが外れましたら検電器をシガーソケット電源コネクターに差しACC(アクセサリー)電源の確認作業を行います。ACC電源取り出し配線の確認が終わりましたら電源直結コードを接続しハンダ&絶縁処理を施します。
サイ16 サイ17
サイ18 サイ19
サイ20
取り出し作業が終わりました電源直結コードを左上画像の位置に通しキッキングカバー付近へ引き廻します(今回純正コーナーセンサーが取り付けされていましたのでコーナーセンサー配線に電源直結コードを這わせ引き廻し作業を行っています)。次にレーダー探知機側の電源線を純正コーナーセンサー配線が通っていました穴に通しダッシュボード内へ引き込みレーダー探知機本体を2段目左画像位置へ設置し三角窓部のパネルを組み付けます。各電源線の接続作業が終わりましたら余り配線と共にキッキングカバー奥の車両配線へ束ねて処理します。以上でレーダー探知機取り付け作業は完了になりますのでAピラーカバーとセンターコンソールパネル下パネルを元通り組み付けします。
サイ21 サイ22 サイ23
サイ24 サイ25 サイ26
次はTV&ナビキットの取り付けを行って行きます。まず前回レクサスの作業ブログでも記載させて頂きましたが純正のナビユニットがキーOFF後約6分間メモリー作業を行いますのでキーOFF状態から6分以上車両を放置してからバッテリーターミナル(マイナス側)を切り離します(バッテリーは左上画像のようにトランクルーム右奥に取り付けされています)。バッテリーターミナルを切り離しましたらセンターコンソールパネルを右上画像のように引っ張って浮かせ各電源コネクターを外します。センターコンソールパネルは下段3枚画像のようにプラスチックのツメやピンで留まっているのですが特に注意して頂きたいのが右下画像の白いピンで若干細く斜めに留まっていますのでセンターコンソールパネルを引っ張る際の角度に注意して下さい。
サイ27 サイ28
サイ29 サイ30
センターコンソールパネルが外れましたらオーディオブラケット取り付けボルト4本を外しオーディオユニット本体を引っ張り出します(オーディオユニット本体も左下画像の位置にプラスチックのツメが有りますので引き出す際硬い場合が有りますので引っ張り過ぎに注意して下さい)。オーディオユニットが外れて来ましたら各電源コネクターを抜きます(今回オーディオ本体を移動させておく場所が無くカメラと作業灯を持っていましたのでオーディオ裏の画像が撮れませんでしたスイマセンm(_)m)。
サイ31 サイ32
サイ33
次に切り替えスイッチの取り付けを行いますので左上画像の黄〇印部(お客様ご希望位置)の脱脂作業を行い切り替えスイッチを右上画像のように貼り付けます。切り替えスイッチの配線はメーターパネル裏に通しオーディオ取り付け位置へ引き廻します。引き廻しました切り替えスイッチ配線をTV&ナビキットコントロールユニットへ接続し電源コネクター・GPSアンテナそれぞれを割り込み接続します。各接続作業が終わりましたらオーディオユニット&センターコンソールパネルを元通り組み付けしバッテリーターミナルを接続します。
サイ34 サイ35
各組み付け作業が終わりましたら車両を工場の外へ出し作動確認を行います。サイドブレーキを解除しブレーキペダルをシッカリ踏み込んでからTV&ナビキットのスイッチを押しDレンジにシフトしてテレビが映っている事を確認します。TVが消えない事を確認しましたら社長に運転をお願いして走行中TVとナビの操作が出来るかを確認します。TV&ナビキット・レーダー探知機の作動に問題が無い事を確認できましたので車両を工場内へ戻し最終キズ&電気廻りチェックを行って作業終了です。
さて本日は当社前も入学式帰りと思われますご家族の皆さんや子供さん達が沢山通っておられました(^^)。期待と不安どちらも一杯だと思いますが一人でも多くの良い友達や良い意味でのライバルを沢山作って頂きたいと思います。もちろん勉強も大切ですけどね(^^)。僕自身小・中・高と決して成績が良い方だったとは言えませんので(体を動かす方が得意な方でした・・・)偉そうな事は言えませんが(^^;、今でも沢山の友達が周りに居てくれています(^^)。その友達たちが今の僕の大きな財産になってくれています(^^)。頑張れ新入学生!!!(^^)。
by KIN
  

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/03/29(木) 00:45:08 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック