神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイハツ ムーヴコンテ カスタム

コンテ コンテ2
コンテ3
今回はディーラー様からのご依頼で新車のムーヴコンテにディーラー様で取り外されましたナビと地デジチューナーを取り付けさせて頂きました。左下画像の地デジアンテナは当社でご用意させて頂きました。
コンテ4 コンテ5 コンテ6
まずはいつものように各パーツ類の取り外し作業から取り掛かって行きたいと思います。まず左右Aピラーカバーの取り外しを行います。今回のAピラーカバーはいつものAピラーカバーと同じでウェザーストリップを外しAピラーカバー本体を室内側に引っ張って外します。
コンテ7 コンテ8
左右Aピラーカバーが外れましたらグローブBOXの取り外しを行います。グローブBOXを開けストッパー部をBOX内側に押してダッシュボード部から外し前に倒して引き抜けば外れて来ます。
コンテ9 コンテ10 コンテ11
コンテ12 コンテ13 コンテ14
コンテ15
次にキッキングカバー&プレートの取り外しを行います。まずはキッキングプレートの取り外しから行います。キッキングプレートはいつものようにカバー側と重なっている部分のツメを外し上方向に引っ張れば外れるはずなのですが今回非常に硬く無理に引っ張りますとプレートの割れや変色の恐れが有りましたので上段中央画像のようにオーナメントリムーバーツールを使用してプレートを浮かせてから取り外すようにしました。ピン&ツメの形状や受け側の形状は画像を参考にしてみて下さい。
コンテ16 コンテ17
コンテ18 コンテ19
キッキングプレートが外れましたらキッキングカバーを取り外すのですが左上画像のロアカバーがキッキングがカバーに少し被っていますので先にロアカバーを外します。ロアカバーは右上画像赤〇印部のツメ3ヶ所と左下画像のツメが右下画像の受け部に入って留まっています。
コンテ20 コンテ21
コンテ22 コンテ23
ロアカバーが外れましたらキッキングカバー取り付けグロメット(ネジ式)を外しキッキングカバー本体を手前に引っ張って外します。キッキングカバーの固定はグロメットと右下画像の金属製ピンで留まっていますので画像を参考にしてみて下さい。
コンテ24 コンテ25 コンテ26
次にオーディオパネルの取り外しを行います。オーディオパネルはまっすぐ引っ張れば外れて来ますが中央画像でお分かりになられるかと思いますがプラスチックのツメで留まっていますのでツメの割れには十分注意して取り外しを行うようにして下さい。オーディオパネルが外れましたら車両側のオーディオ電源&オプションコネクターとラジオアンテナを取り出しておきます。
コンテ27 コンテ28
コンテ29 コンテ30
各取り外し作業が終わりましたらフロントガラスとダッシュボードの脱脂作業を行い地デジ&GPSアンテナの取り付け作業を行います。まず運転席側の地デジアンテナを左上画像のように取り付けしボイスコントロール用マイクの設置作業を行います。地デジアンテナ&ボイスコントロール用マイク線は右上画像のように天張り内に通し助手席側へ引き廻して行きます。次に助手席側地デジアンテナとGPSアンテナを左下画像の位置に取り付けし各アンテナ線をダッシュボード内へ引き込んでおきます。
コンテ31 コンテ32
コンテ33 コンテ34
次に地デジチューナー設置準備を行います。地デジチューナーの設置場所は左上画像のように助手席の下に設置しますので助手席下に取り付けされています小物入れを取り外します。小物入れが外れますと左下画像のようになりますのでフロアカーペット裏に車両配線が通っていないか確認してからカッターナイフでフロアカーペットに切り込みを入れておきます。
コンテ35 コンテ36 コンテ37
コンテ38 コンテ39
地デジチューナー設置準備が終わりましたらリモコン受光部の取り付け作業を行います。ディーラー様とご相談の結果「パネルを削って貰ってOK!!」とご了承を頂きましたので左上画像の赤印部分をドリルを使って削って行きます。まずパネルへのキズ防止で養生テープをしっかり貼り付けしパネル裏に配線類が無い事を確認して右上画像のようにドリルの刃をパネルに当て慎重に削って行きます。パネルが無事削れましたらヤスリを使用してバリ取りを行い受光部を右下画像のように貼り付けして配線を引き込みます。
コンテ40 コンテ41 コンテ42
コンテ43 コンテ44
次に地デジチューナーを助手席下に設置&接続作業を行います。各地デジアンテナ線とリモコン受光部配線はチューナー方向へ引き廻してチューナー側からの映像出力用RCAコードと電源線をそれぞれフロアカーペット下に這わせます。各配線類を車両配線と束ねRCAコードと電源線はオーディオ取り付け位置へ引き廻して余りの地デジアンテナとRCAコードは右上画像のように車両配線と束ねて処理します。地デジチューナー電源アース線は左下画像の車両アースポイントへ接続します。各配線引き廻し作業が終わりましたら左右Aピラーカバー、キッキングカバー&プレート、グローブBOX&ロアカバーを元通り組み付けしておきます。
コンテ45 コンテ46
コンテ47 コンテ48
次はナビ電源&各信号取り出し配線の接続作業を行います。今回のナビ電源線は電源線自体がトヨタ・ダイハツ車用の変換コネクターが取り付けされているタイプの電源線でしたのでそのまま車両側のオーディオ電源コネクターと接続しました。次に各信号取り出し配線を車両オプションコネクターに接続します(各信号取り出し配線色は左下画像をご覧下さい)。最後に地デジチューナー電源線(ACC線)をナビ電源線から分岐されています配線へ接続して各電源線接続作業は完了です。
コンテ49 コンテ50
コンテ51 コンテ52
コンテ53 コンテ54
配線類の引き廻し&接続作業が終わりましたらナビユニット取り付け準備を行います。ディーラー様からお預かりしました専用オーディオブラケットとナビ横の隙間を埋める為のエスカッションパネルを右上画像のようにナビユニットへ取り付けします。取り付け準備が終わりましたナビユニットを車内に持ち込み各配線類を抜けが無いようしっかり接続して車両へ組み付けしオーディオパネルを取り付けます。オーディオパネルを取り付けしましたら再度リモコン受光部の配線の噛み込みが無いかチェックします。
コンテ55 コンテ56
コンテ57 コンテ58
組み付け作業が終わりましたらいつものようにエンジンを始動し車両を工場の外へ出し各作動チェックを行います。各作動に問題が無い事が確認出来ましたらFM/AMラジオのチューニングを合わせ車両を工場内へ戻し最終キズ&電気廻りチェックを行って作業終了です。
ルーキーズ
さてここ神戸では早いものでもう15回目になります「ルミナリエ」が開催されております。
開催期間は昨日12月3日~12月14日の12日間です。点灯時間は月~木が18:00頃~21:30まで。金曜日が18:00頃~22:00まで。土曜日が17:30頃~22:00まで。日曜日が17:30頃~21:30までだそうです。他府県の方で神戸にお越しの際は是非お立ち寄り下さい(^^)。
by KIN
                          

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。