神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日産 リバティー
リバティ
本日の作業は、業者様からのご依頼で日産 リバティーのエンジンの始動時に息つぎの様な感じで掛かりが悪かったり、セルモーターが回らない事が有るので点検をして欲しいとのご連絡を頂きお車をお預かりして点検を行いました。当社で確認しました症状はエンジン始動時にキーをスターター位置へクランキングしてすぐにセルモーターが回らず、少し間が開きセルモーターの回転が遅いけど何とか始動する、と言う感じでした。業者様にご連絡を入れ一旦セルモーターを外して点検する事を了解頂き、セルモーターを取り外しする事になりました。
リバティ2 リバティ5  
リバティ3 リバティ4
ボンネットを開きセルモーターの付いている位置を確認します。エンジンルーム内より覗き込んでも見える位置にセルモーターが有りません。上段右側画像の黄色で四角く囲みました辺りの下側にセルモーターが有る事を確認しましたので、セルモーターを取り外しする為、バッテリーのマイナスターミナルを外し作業に取り掛かります。
リバティ6 リバティ7
リバティ8 リバティ9 リバティ10
ジャッキで車両前方を持ち上げスタンドジャッキで車両を持ち上げた状態を保持します。安全を確認し車両下側へ潜り込みセルモーターを確認しますと右側画像の位置へ取り付けされていました。必要な工具を用意し、バッテリーの端子が外れている事を再度確認しセルモーターの取り外し作業にかかります。まず最初にバッテリーからのメインケーブルを接続している端子部の固定ナット12mmを外します。次に、キースイッチをクランキング位置へ捻った時にキースイッチ側からの始動用信号をセルモーター側へ入力させる端子の1Pカプラーを抜きます。セルモーター本体をミッションケース側へ固定している下側固定ボルト14mmを緩め取り外します。セルモーター上側の固定ボルトを手探りで探してみましたが無さそうですので、車両下側より一旦出て、車両上側エンジンルーム内より固定用ボルトを探します。
リバティ11 リバティ12 リバティ13
エアクリーナーBOXを取り外しする為、エアフロセンサーのカプラーを抜き、エアクリーナーBOXアッパー側を外します。外すと中央画像の状態になりますのでロアーカバー固定用の10mmボルト&ナットを緩めて外し、右側画像の様に取り外します。
リバティ14 リバティ15 リバティ16
エアクリーナー関係を外しましたら左画像の位置に固定ボルトを発見しました(中央画像がボルト位置の拡大画像になります)固定用14mmボルトを外す為干渉しそうなパーツ(オートマシフトワイヤー等)を外して行き、ボルトを緩めて外します。再度車両下側へ潜りセルモーターをケース側より外し取り外します。
リバティ17 リバティ18 リバティ19
リバティ20 リバティ21
取り外しましたセルモーターを分解し点検して行きます。リヤカバー部を外しブラシの長さを確認しましたがブラシは問題無く有りましたのでヨークを一旦外しました所、中央画像&右側画像のアーマチュアと言う部品が有るのですがアーマチュアのボディ部がキズまみれになっています。ここにキズが付くと言う事はドライブハウジング側のフロントメタルが原因かも知れないと言う事で確認します。下段右側画像の丸印部がドライブハウジング側のメタル挿入部でここにアーマチュアのシャフトが挿入され軸となり回転しています。このメタルが摩耗により擦り減りシャフト間との隙間が広がった事により、アーマチュアが回転する際にブレてヨークのフィールドコイル部のボール・コアに接触し抵抗となって回転むらを起こし、回ったり・回るけど重たい回転をしていた原因になると思われます。
この症状を業者様にご連絡を入れた所、業者様の方でセルモーターリビルト品の手配をする事になり、部品が入荷しましたのでリビルト品をお預かりし作業を進めて行きます。
リバティ22 リバティ23
取り外しました不良品のセルモーターと業者様にご用意して頂きましたセルモーターを並べパーツに違いが無いか比較確認を行い、問題有りませんでしたので車両側へ取り外しと逆の手順で組み付けを行って行きます。途中での説明が抜けてしまいましたが、セルモーター作動入力用1P端子部のカプラー内の端子圧が弱い場合にも接触不良により同じ様な症状を引き起こす可能性が有りますので取り外した際には端子部の端子圧を確認する様にしています。一通り組み上がりましたらバッテリーを接続しエンジンを何度か始動し確認を行います。問題無くスムーズに始動する事を確認しましたのでスタンドジャッキより車両を下し、各分解していましたパーツの組み付けチェック&各電気廻りチェック&ラジオのチューニング及びメモリー系の復元を行い、作業は終了致しました(^^)!!。
ここ最近ブログの更新が出来ない日が続いてしまいスイマセン・・・(^^;。出張作業や店での作業の段取り的に画像編集等をする時間が無く更新が出来なかったりと言う日が続きました(^^;。これからもちょこちょこと更新が出来ない日が有るとは思いますが懲りずに観て下さいね(^^)。これからも頑張って更新して行きたいと思いますので応援宜しくお願い致します(^^)!!。
by まっちょ 
             
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。