神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日産 ウィングロード続き

ウイングロード ウィングロード
今回の作業ブログは先日当社「KINちゃん」がご紹介いたしました、日産ウィングロードのパーキング(バック)センサーの取り付け作業の続きになります。センサー&コントロールユニットの設置作業は先日ご紹介させて頂きましたので、本日は私が作業を行いましたインジケーターの取り付けとコントロールユニット作動用電源の取り出し及びケーブルの引き廻し・インジケーターの作動画像のご紹介をさせて頂きます(^^)。
作動確認用インジケータの設置場所は業者様とご相談した結果、見易くて邪魔にならない所と言う事で、画像に印を付けております位置へ作動確認用インジケーターを設置する事になりました。
ウィングロード2 ウィングロード3 ウィングロード4
ウィングロード5 ウィングロード6 ウィングロード7
インジケーターを設置しケーブルを引き廻す為運転席側のAピラーカバーを外して行きます。ウェザーストリップゴムを傷付けない為とAピラーカバーの取り外しを容易にする為ウェザーストリップゴムをずらし、Aピラーカバーの隙間に指を入れピラーカバーを上側より浮かせて行きます。全体的にピンが浮きましたら下段左画像の用にAピラーカバーを上方へ引き上げダッシュボード接合部よりずらし外します。Aピラーカバーを引き上げる際は天張りにキズや汚れが付かない様注意しながら取り外しを行います。
ウィングロード8 ウィングロード9
ウィングロード10 ウィングロード11 ウィングロード12
ウィングロード13 ウィングロード14
ウィングロード15 ウィングロード16
インジケーターケーブルの引き廻しとコントロールユニット用電源線の取り出しを行う為ハンドル下側のアンダーカバーを外して行きます。アンダーカバーのロアー側の固定はビス留めでの固定になっていますので画像の様に左右の固定ビスを外します。アンダーカバー上側の固定方法はピンでの固定になっていますので、下側ビスが外れましたら2段目中央画像の様に端側より順番にカバーを浮かせて行きます。全体が浮きましたらカバー左側にエアコン用の内気温センサーが取り付けして有りますのでカプラー&ダクトを外します。次にテスター接続用のカプラーも留まっていますので、画像には写っていませんが両サイドのツメ部を押しカプラーを抜き取りし、アンダーカバーを車外へ取り出します。
ウィングロード17 ウィングロード18 ウィングロード19
次は各ケーブルを車両後方へ引き廻しを行いますので、サイドステップカバーとキックパネルを外します。
サイドステップは前後どちらか浮かせやすい方から順番に浮かせ外して行きます。
ウィングロード20 ウィングロード21 ウィングロード22
ウィングロード23 ウィングロード24
キックパネルは上段左画像に有りますプラスチック製のネジを外し、ピン部を浮かせる為ウェザーストリップゴム最下部を捲り、下段左画像の様に留まっています金属製ピン部の受け部辺りにマイナスドライバー等を使用してテコの原理で浮かせ取り外します。ここの金属ピンは結構硬かったのでプラスチック部を割らない様取り外しの際は注意が必要です。
画像は有りませんが、ダッシュボード上に設置するインジケーターのケーブルを車両足元まで引き廻す準備が出来ましたのでインジケーター貼り付け部の脱脂作業を行いインジケーターを貼り付け固定します。固定しましたらケーブルをダッシュボードと車両鉄板部の隙間より運転席足元付近まで引き廻して来ます。
ウィングロード25 ウィングロード26
ウィングロード27 ウィングロード28
ウィングロード29 ウィングロード30 ウィングロード31
次は、コントロールユニット用電源の取り出し作業を行います。コントロールユニットの制御はリバース(バック)信号電源とボディアース電源の2系統になります。まずは車両側のリバース(バック)信号線の取り出し位置及び配線を検電器テスターを使用し探して行きます。今回の車両では運転席側足元右側の車両ハーネス束内(上段左画像位置のハーネス部)より信号線が見つかりました。線色は緑/白線が車両側リバース(バック)信号線でしたのでこの位置より電源取り出しを行います。
コントロールユニットへ接続するカプラーのケーブルが短い為、電源ケーブルを延長する事に致しました(^^)。中段画像の様に延長ケーブルを使用しコントロールユニット用電源線の先端部に延長ケーブルを接続します。接続部はハンダを使用しシッカリと接続し、絶縁テープ等で必ず絶縁処理を行います。延長しましたケーブルに保護の為絶縁テープを巻き付けして行き全体を保護しておきます。先程探し出しました車両側リバース(バック)電源線の被覆を捲り、接続します。もちろん接続部はハンダ付けし絶縁テープで絶縁処理を施します。アース電源の取り出し位置は下段右側画像のブラケット固定用の10mmボルト部へ共締めしボディーアース電源を取り出しています。
ウィングロード32 ウィングロード33 ウィングロード34
ウィングロード35 ウィングロード36 ウィングロード37
ウィングロード38 ウィングロード39 ウィングロード40
各電源の取り出しが完了しましたので、車両後方でセンサーを取り付けしたバンパーを取り付け固定&コントロールユニットの設置を行っている「KINちゃん」の所へ各ケーブルを引き廻して行く為、Bピラーロアー側カバーを外し引き廻しを行って行きます。運転席シートを一番前に移動しますとカバー下側に固定用のビスが1本留まっていますので外します。次に運転席側後部座席のドアを開きますと、上段右画像のピラカバー固定用プラスチックピンが有りますので、ボディ部及びカバー部にキズ等付かない様注意しプラスチック固定ピンを外します。外しましたらカバーを車両側より引っ張りずらして取り外しを行います。
外れましたら、各ケーブルを下段画像の様に車両メインハーネスに沿わせタイラップ等を使用し、固定して引き廻して行きます。リヤクォーターパネル付近まで引き廻しましたら「KINちゃん」に各ケーブルを渡し取り外しを行っていました各パネル類を組み付け復元して行きます。各取り付け&復元作業が完了しましたので一旦エンジンを始動し作動確認を行います。問題無く正常に作動しましたので各電気廻り及びキズチェックを行い作業は無事終了致しました(^^)。
ウィングロード41
ウィングロード42 ウィングロード43
インジケーターの画像を比較してみて下さい。エンジンを始動しシフト位置がリバース(バック)以外の時はパーキング(バック)センサーのコントロール電源が入りませんので、上段画像の様にインジケーター部には何も表示されません。シフトをリバース(バック)位置へ入れた時は下段左画像の様にインジケーターセンター部(距離数時)が出る所に横棒2本のランプが点灯しています。この状態は電源は作動していますが車両後方に障害物が無くセンサーに反応する対象物が無い場合の状態です。センサーはリヤコーナー左右センサーとリヤセンターバックセンサーとの合計4個のセンサーになっています(画像は昨日のブログ画像をご参照ください)。右側コーナーセンサーに反応が有る場合は右側のメーターにランプが付き、左側コーナーセンサーに反応が有る場合は左側のメーターにランプが付き、それぞれインジケーターセンター部の距離をあらわす数字で対象物までの距離がおよそ分かる様に表示されます。
下段左側画像は左右メータがMAX点灯&距離数が0.0メートルに表示されていますが、この状態はバックセンサー側2個共に手を近付けて反応させています。この状態ですとバックに対象物が有り対象物までの距離がもう有りませんよ~!!と言う状態になります。距離数がちゃんと表示されている画像を撮った方が分かり易かったかも知れませんね・・・(^^;。
センサーはあくまでも目安ですので実際の所はご自身の目での安全確認が必要になります。パーキング(バック)センサーやバックカメラ等は運転されている方が目視で確認はしているものの、気が付かなかった(見えなかった)対象物等を補助で教えてくれる物だと思ってお使い頂けるのが一番の安全策だと思います(^^)。後方確認の安全対策の補助に取り付けされてみては如何でしょうか(^^)!!。
by まっちょ
                  

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。