FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
メルセデスベンツ ゲレンデヴァーゲン

ゲレンデ ゲレンデ2
今回の作業は業者様からのご依頼でメルセデスベンツ ゲレンデに地デジチューナー&ipod接続ケーブルの設置作業になります。商品はお客様のお持ち込みで、パナソニック社製品TU-DTV40地デジチューナーとCA-DC300D ipod接続用ケーブルです。お客様と設置場所の確認を行い作業を進めて行きます。
ゲレンデ3 ゲレンデ4
ゲレンデ5 ゲレンデ6
現在すでにパナソニック製品のHDDカーナビゲーションとETC車載器が取り付けして有ります。追加で地デジチューナーとipodケーブルを取り付けしたいのでと言う事で設置場所の確認を行いました所地デジチューナーとipod接続ケーブルは助手席前に有りますグローブBOX内に設置する事になりました。
ゲレンデ7 ゲレンデ8 ゲレンデ9
ゲレンデ10 ゲレンデ11 ゲレンデ12
早速地デジチューナー用のTVアンテナの貼り付け及びケーブルの引き廻し作業を行う為Aピラーカバーを取り外して行きます。作業がし易いようにウェザーストリップゴムをいつもの様にずらして行きます。ずらしましたらAピラーカバー上部の固定ピンの位置と形状をAピラーカバーとAピラー鉄板部との隙間より確認を行います。上部は金属製の固定ピンが付いていましたので硬めの工具を使用しAピラーカバーを傷つけない様注意しながらピン部を浮かせます。次にAピラーカバー中段部の確認をしました所、上段右側画像の様に金属製の固定ピンの中心部にネジが付いています。少しAピラーカバーを浮かせてみますとネジが引っ掛かりピンを抜く事が出来ませんのでビスを先に取り外します。外しましたらすんなりとピラーが浮いて来ましたので下段ピンを浮かせAピラーカバーを外します。画像の様に中段金属製ピンの中心部にネジ穴が有ります。運転席側も同様の手順で取り外しを行います。
ゲレンデ13 ゲレンデ14 ゲレンデ15
ゲレンデ16 ゲレンデ17
次に助手席前のグローブBOXの取り外しを行います。グローブBOXのフタを開き両サイドに有ります固定ビス計4本を外し、グローブBOXを手前に引き出し外します。BOX内にはETC車載器が設置されていますので無理に引っ張らない様各コネクター部より取り外しを行います。
ゲレンデ18 ゲレンデ19 ゲレンデ20
ナビゲーション本体裏側へRCAケーブル及びipod接続ケーブルを接続する為、ナビゲーションを外します。灰皿が有りますトレイ部のフタを開きますと左右にビスが有りますので2本取り外し、トレイ本体を手前に引き抜きます。
ゲレンデ21 ゲレンデ22
ゲレンデ23 ゲレンデ24
次はセンターパネル上部に有ります、駆動系のコントロールスイッチを外します。コントロールは四隅のピンではまり込んでいるだけですのでパネル下部に養生しオーナメントリムーバーを使用しスイッチパネルを浮かせます。一ヶ所浮きましたら手でパネルを掴み真っすぐ手前に引き抜きます。コントロールの裏側に接続されているカプラーを抜き取ります。
ゲレンデ25 ゲレンデ26 ゲレンデ27
ゲレンデ28 ゲレンデ29 ゲレンデ30
先程のコントロールを外しました所に上段左画像の固定ビスが1本留まっていますので外します。この状態でようやくオーディオ部クラスターパネルの取り外しが行えますのでパネル下部よりパネルを手前に引っ張り全体を浮かせて取り外します。このパネルを固定していますピンは金属製ピンなのですがダッシュボード側に残ってしまいますので、裏側に落としてしまわないうちに外して置きます。ここで注意点が一つあります。ピンがはまり込んでいる所は表側より取り外すのが困難ですので裏側より外します・・・が非常に取り難く裏側へピンを落としてしまう可能性が有りますので、私は裏側より磁石を使用して取り外しを行いました(^^)。金属ピンが無事に確保出来ましたら、ナビゲーションをい固定していますブラケット部の固定ビス4本を外し、本体を手前に引き出します。
ゲレンデ31 ゲレンデ32 ゲレンデ33
ゲレンデ34 ゲレンデ35
ゲレンデ36 ゲレンデ39
取り付けを行う準備が出来ましたので地デジアンテナの貼り付け及びケーブルの引き廻しを行って行きます。すでにアナログTVアンテナが設置されていますので貼り付け位置の寸法を計測し、マーキングしガラス面を綺麗に脱脂作業を行い貼り付けします。貼り付けしましたらケーブルを引き廻しアンプ部へ接続し天張り内を通し、左右Aピラー側へと引き廻し車両ハーネス部へ沿わせて処理を行って行きます。上部画像は運転席側になりますがダッシュボードサイドカバーを外し、アンダーカバー及びセンターコンソール部サイドカバーの固定ビスを外し各パネルを外します。今回元々取り付けされていますTVアンテナの引き廻し部を利用しケーブルを引き廻して行きました。
ゲレンデ37 ゲレンデ38
助手席側も運転席側同様アンテナを貼り付けしケーブルを引き廻して行きます。Aピラー部のケーブル引き廻し位置はAピラーカバーの組み付け時に挟み込んだりしない様位置をシッカリと確認し処理をして行くようにして下さい(^^)。
ゲレンデ40 ゲレンデ41
各アンテナケーブルをグローブBOX裏側まで引き廻し必要な長さを確保し余ったケーブルを束ね処理を行います。画像がここから無くなってしまいますが、グローブBOX内に地デジチューナーを設置致しますので元々取り付けされていましたETC車載器の電源をBOX内に引き込んでいました穴を少し大きくし各電源及びケーブルを通して処理を行っておきます・・・画像が無くてスイマセン・・・(^^;。
地デジチューナーの電源ACC(アクセサリー)電源をナビユニット裏側ACC(アクセサリー)電源に接続しアース電源を車両アース配線部へ接続します。左画像の様に映像&音声用RCAケーブルを地デジ側出力端子部よりナビゲーション側入力端子部へ接続し、抜け防止の為絶縁テープで巻き付け処理を行います。RCAケーブルの引き廻しと同時にipod接続ケーブルをナビゲーション側へ引き廻し接続します。次にリモコン受光部をオーディオ廻りの黒いパネル部へ取り付けする事になりましたのでケーブルを挟み込まない様にパネルの一部を削り処理して行きます。
ゲレンデ42ゲレンデ43
ゲレンデ44
余りのケーブルを車両側ハーネス部や空いているスペースを利用して固定して行き、各取り外しを行っていましたパネル類を組み付けていきます。全て元通りに組み付けしましたら、エンジンを始動し作動確認を行って行きます。B-CASカードをチューナー側へ挿入し、車両を工場より一旦表へ出し地デジチューナーの受信確認と設定を行います。問題有りませんでしたので車両を工場へ戻し、キズ&電気廻りのチェックを行い、作業は終了です(^^)。ipodの作動確認を行いたい所なのですが残念ながら持っていませんので、お客様にお車をお返しする際にipodを持って来て頂き確認を行いました(^^)!!。
やはり最近はipodを接続する方が多いですね~(^^;。ipodについて行けていないのが少し寂しいですね~(^^;。買ってみようかな~(^^)!!。
by まっちょ
           
  

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック