FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
ダイハツ コペン
コペン
今回の作業は業者様からのご依頼でダイハツ コペンにお持ち込みのカーナビゲーションとETC車載器・フロントドアスピーカーの取り付けをして欲しいとのご連絡を頂き、お車をお預かりし作業をさせて頂きました。
今回の作業はメイン作業を「KINちゃん」が行っていまして、私は補助でドアスピーカー交換とETC車載器の電源取り出しを行っておりました(^^)。メイン作業のブログは後日「KINちゃん」がアップ致しますので本日はドアスピーカー交換とETC車載器用電源の取り出しの作業のみをアップさせて頂きます。取り付け致します商品等の画像も次回ご紹介させて頂きます。コペンオーナー様メイン作業は後日になり申し訳ございませんが、スピーカー交換時の参考にして下さい(^^)。
コペン2 コペン3
コペン4 コペン5
コペン6 コペン7
コペン8 コペン9
コペン10
画像は運転席側ドアスピーカー交換作業の画像になります。まず最初にスピーカー交換の為ドア内張りを外して行きます。室内側ドア開閉レバー廻りのプラスチックカバーを外します。外し方はレバー部画像に有ります位置に内張りを固定していますビス位置にフタがされていますので画像の様にフタを捲ります。このフタの部分には細いマイナスドライバー等が差し込めるくらいの小さな隙間が有りますので、画像の様にキズの付きそうな所に養生テープを貼り付け細いマイナスドライバーでフタをこじ開けます。開けますと中にビスが見えて来ますのでビスを外します。外しましたら次は廻りのプラスチックカバーを外すのですが、3段目右画像の丸印部へ画像の様にオーナメントリムーバー等を差し込み少し隙間を作ります。隙間が出来ましたら指で少しだけパネルを引きます。次に下側も同様隙間を作りパネルを引きますと4段目画像の様に浮いて来ます。上下共浮きましたらパネルを右側へ少しだけスライドさせますと「ポコッ」とパネル自体が外れフリーになりますのでキズが付かない様外します。
コペン11 コペン12
コペン13 コペン14
コペン15 コペン16 コペン17
コペン18 コペン19
次に画像に有りますシルバー色のパネルを外します。このパネルを外した中にも固定用ビスが2本有ります。上段右画像の様に工具を差し込めるスペースが有りますのでキズの付きそうな所に養生し浮かせて行きます。1っヶ所浮きましたら無理に引っ張らず下から順番に浮かせて行きますとトラブル無く外せます。2段目右側画像の様に固定用のプラスチック形成ピンで固定されていますので無理な力が掛かりますとピンが折れてしまいますので注意が必要です。パネルが外れましたら固定用ビス2本を外し、内張りを下側より浮かせて行き取り外します。下段右側画像の様にまだスピーカー取り付け位置には何も付いてい無い状態です。 
コペン20 コペン21
コペン22 コペン23
コペン24 コペン25
コペン26 コペン27
コペン28 コペン29
内張りが外れましたのでスピーカーの取り付けにかかって行きます、スピーカー取り付け位置の鉄板部分は開口されていますが周りに取り付けして有ります防水用ビニールカバーがフタをしている様な状態になっていますので、スピーカー取り付け部のビニールをカッターナイフ等を使用して切り取ります。開口部内側の車両ハーネスにスピーカーラインがテーピングされていますので一旦外します。外しましたらスピーカーへ取り付けします変換カプラーケーブルを純正スピーカーカプラーへ接続しスポンジテープで巻き付け処理を行い、ケーブルの長さ調整を行い車両ハーネス側へ固定処理を行います。
次に、スピーカー裏側にスピーカー側同梱のスポンジテープを貼り付けします。用意が出来ましたらスピーカーのプラス側及びマイナス側端子部へスピーカーケーブルを接続し、ドア側へビス3本で固定します。
コペン30 コペン31
コペン32 コペン33
コペン34 コペン35
助手席側のドアスピーカー取り付けも運転席側同様同じ手順で取り付けを行います。最終取り外していました、内張りを取り外しの逆手順で組み付けを行いキズ等ビス類の緩みが無い事を確認しておきます(^^)。
音の確認はメインのナビ付けが終了した時点で行いますのでスピーカー作業は一旦終了致します。
コペン36 コペン37
コペン38 コペン39
ETC車載器の取り付けを行う為、電源の取り出しを行いますので運転席側ハンドルコラムカバー及びアンダーカバーの取り外しを行います。
アンダーカバーは下側2本のビスで固定されておりビスを外しましたら下側よりカバーを引っ張り固定ピンを浮かせて行きます。上側の固定はピんでは無くダッシュボード側の位置合わせ用の穴にスライドではまり込む形状になっていますので、パネルを下側へずらして取り外します。
コペン40 コペン42 コペン41
コペン43 コペン44
アンダーカバーを外しましたら、ハンドルコラムカバーの取り外しにかかります。コラムカバーのロアー側に固定用ビスが2本有りますので取り外します。次にキーをON位置にしてハンドルを90度回転させますと上段中央及び右側画像の様にビスが有りますのでそれぞれ順番に外します。固定ビス関係が外れましたのでロアーカバーのみを引っ張り外します。外しましたら下段右画像の様にキーシリンダーの接続カプラーが見えますのでこの位置よりETC車載器の電源取り出しを行います。
コペン45 コペン46 コペン47
検電器テスターを使用してACC(アクセサリー)電源の確認を行います。今回のETC車載器は三菱重工業製品でしたのでACC(アクセサリー)電源とアース電源の取り出しになります。今回の車両ではACC(アクセサリー)電源線は青色線でしたので被覆を捲りいつもの様にハンダを使用して取り出しを行います。取り出しを行いましたら、必ず絶縁テープを使用して絶縁処理を施します。後は、電源ケーブルを車両ハーネスに沿わせて固定処理を行います。
コペン48 コペン49 コペン50
コペン51 コペン52 コペン53
アース電源の取り出し位置は運転席側キックパネルを外した所に集中アースのポイントが有りますのでキックパネルを外します。画像に有りますプラスチックピンを外して行きパネルを引っ張り外しますと下段画像の様に集中アースのポイントが見えますので、ETC車載器側アース電源線を引き廻し、アースポイントへ共締め固定します。ETC車載器電源ラインをハンドルシャフト上部の安全な場所を通して助手席側へ引き廻して行きます。後は、メイン作業を行っています「KINちゃん」へケーブル渡し、取り外していましたパネル類を逆の手順で組み付けを行って行きます。私が分解しました所のキズチェックとガタや緩みなどが無いかを事前にチェックして作業は終了致しました(^^)!!。
by まっちょ    
                                    
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック