FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スズキ ワゴンR

ワゴンR ワゴンR2
今回は業者様からのご依頼で以前のブログ(4月9日~11日)でご紹介させて頂きましたワゴンRにヘッドレストモニターの取り付け作業になります。右画像の部品を業者様からお預かりし取り付け作業を行います。当社でご用意させて頂きました部品は後ほど出て来ますが映像用RCAコード3本です。
ワゴンR3 ワゴンR4
ワゴンR5
まず運転席&助手席の純正ヘッドレストを外して行きます。ヘッドレストを少し持ち上げシートとヘッドレストの隙間にありますボタンを押しながらヘッドレスト本体をシートから抜き取ります(右上画像)。ヘッドレストが外れますと左下画像のような状態になります。
ワゴンR6 ワゴンR7 ワゴンR8
ワゴンR9 ワゴンR10 ワゴンR11
次にシート後ろの生地を留めています接合部を左上画像のように外し捲っておきます。この時生地が破れてしまわないよう引っ張り過ぎに注意しながら作業を行って下さい。シートの生地が捲れましたらヘッドレストモニターを用意しヘッドレストモニターケーブルを右上&左下画像のようにヘッドレストシャフトガイド部からシート内へ引き込みます。シート内に引き込みましたケーブルを下段中央画像の位置から取り出しシート生地を元通りにしておきます。
ワゴンR12 ワゴンR13
ワゴンR14
両ヘッドレストモニターをシートに組み付けしましたら電源線の取り出しとRCAコードの接続準備の為ナビユニットの取り外しを行います。まずオーディオ周りのパネルをオーナメントリムーバーツール等を使用して浮かせます。以前にも何度かブログに記載させて頂いているかと思いますがこのパネルかなり硬い(特に側面のツメ部)のでパネルの割れには十分注意して作業を行うようにして下さい。パネルが浮きましたら引き出してハザードランプスイッチ電源コネクターを外します。
ワゴンR15 ワゴンR16
ワゴンR17
パネルが外れますと左上画像のようにオーディオブラケット取り付けビスが見えますので外しダッシュボードに干渉しないよう注意しながらナビユニット本体を引き出します。ナビユニット裏の電源コネクターやコード&ケーブル類を外しナビユニットを落とさないよう注意しながら車外に出します。左下画像内に記載していますルームミラーモニター用映像ケーブルは映像分配器に接続しますのでグローブBOX等取り外し後解いて引き直し作業を行います。
ワゴンR18 ワゴンR19
ワゴンR20
ナビユニットの取り外しが終わりましたらグローブBOXの取り外しを行います。グローブBOXを開け右上画像の手順でBOX本体を取り外します。BOXが外れますと左下画像のようになりますので車両配線に束ねてありますミラーモニター用映像ケーブルを解いておきます。
ワゴンR21 ワゴンR22 ワゴンR23
ワゴンR24 ワゴンR25 ワゴンR26
次はキッキングカバー&プレートの取り外しを行います。まずキッキングカバーを室内側に引っ張り取り付けピンを外します。次にカバーとプレートの接続部のツメを外し手前に引っ張りながらカバー上部のツメに注意して取り外します。各ピン&ツメ位置は左下画像を参考にしてみて下さい。キッキングカバーが外れましたらプレート本体を上方向に引っ張って外すのですが右下画像でお分かりの通りピン&ツメが全てプラスチックですので割れてしまわないよう十分注意しながら取り外しを行って下さい。
ワゴンR27 ワゴンR28
ワゴンR29 ワゴンR30
次にフロアカーペットを捲って作業を行うのですがBピラーカバー(ロア側)が取り付けされていますとカーペットが捲れ難いのでBピラーカバーを取り外して行きます。まず後席側のカバーを引っ張ってBピラーから外し外れましたカバーを車両前方向にずらして外します。Bピラーカバー(ロア側)が外れますと右下画像のようになります。
ワゴンR31 ワゴンR32
ワゴンR33 ワゴンR34
ワゴンR35 ワゴンR36
次は運転席側のヘッドレストモニター用電源ケーブルの引き廻し作業の為運転席と助手席の間に取り付けされていますセンターパネルの取り外しを行います。まず左上画像の位置に取り付けされていますフィールドセンサーを取り付けベースから外し両シートを車両前方向に移動させます。シートが前に行きますと右上画像位置の取り付けピンが見えますので外し両シートを車両後ろ方向に戻してパネル本体を2段目右画像の手順で外します。
ワゴンR37 ワゴンR38
ワゴンR39
センターパネルが外れましたら助手席側シート座面を上げ収納BOXを取り外します。収納BOXが外れますと以前取り付けを行いました地デジチューナー等が左下画像のように見えます。今回映像分配器を地デジチューナー上部に設置します。
ワゴンR40 ワゴンR41
ワゴンR42 ワゴンR43
ワゴンR44 ワゴンR45
ワゴンR46
各取り外し作業が終わりましたらヘッドレストモニター用電源ケーブルを用意します。モニター側に接続しますケーブルを以前に切り込みを入れておりましたカーペットの穴から2段目左画像のサイドブレーキワイヤーの下に通し運転席側の車両配線部へ引き廻します。引き廻しましたケーブルとモニター側のケーブルを接続し車両配線と束ねて処理します。助手席側のケーブルは左下画像のように新たにカーペットに切り込みを入れ引き廻します。
ワゴンR47 ワゴンR48
ワゴンR49
次に電源線の準備を行い右上画像のようにナビユニット~映像分配器間のRCAコードをフロアカーペット下に這わせます。ヘッドレストモニター電源ケーブルにRCAコードを接続しコードをフロアカーペットの下に通します。
ワゴンR50 ワゴンR51
ワゴンR52 ワゴンR53
フロアカーペット下に通しました各RCAコードを左上画像の位置から出し映像分配器にそれぞれを接続して分配器を地デジチューナー上部に設置します。映像分配器の電源線はRCAコードと同じ位置から通して左下画像の位置へ出し電源線と接続します。余りのヘッドレストモニター用電源ケーブルはフロアカーペットが膨らんでしまわないよう気を付けながらカーペットとボディーの隙間に束ねて処理します。電源線とRCAコードを右下画像の隙間に這わせオーディオ取り付け位置まで引き廻し車両配線と束ねて処理しておきます。
ワゴンR54 ワゴンR55 ワゴンR56
ワゴンR57 ワゴンR58
引き廻して来ました電源線の被覆とオーディオ変換ハーネス側の被覆を捲り接続準備を行います。各電源線を接続しましたらハンダ&絶縁処理を行い左下画像のようにします。電源線の接続が終わりましたらナビユニット本体へ電源コネクター&各コード類を接続し右下画像のようにナビユニット側のリヤモニター接続コードへ映像分配器からのRCAコードを接続します。各接続が終わりましたらナビユニットを車両へ取り付けし取り外しました各パネル類の組み付け作業を行います。
ワゴンR59 ワゴンR60
ワゴンR61
ヘッドレストモニターが取り付け出来ますと左上画像のようになりエンジンを始動させて作動確認を行います。地デジTVとDVDビデオが問題無く映っている事が確認出来ましたのでいつものようにキズ&電気廻りチェックを行い作業終了です。
さていよいよ明日からシルバーウイーク(そんな名前が付いていたとは思いませんでした)が始まりますが皆さんご予定は立てられましたでしょうか?(^^)。せっかくのお休みですので安全運転で事故など無い休日にして頂きたいと思います。お仕事だと言う皆さんいつも同じセリフで申し訳ございませんが頑張って下さい!!。僕はとりあえず明日友人達と三宮で飲み会です(^^)。僕はお酒が一滴も飲めないので飲酒運転の心配は無いのですがお休みの間お酒を飲まれる方は飲酒運転絶対にダメですよー。それでは楽しいお休みをお過ごし下さい!!(^^)。
by KIN
                 

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック