FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
トヨタ マークⅡ

マークⅡ マークⅡ2
今回の作業は、業者様よりトヨタ マークⅡへお持ち込みのHIDを取り付けして欲しいとのご依頼が有りお車と商品をお預かりし作業をさせて頂きました。HIDは以前にもご紹介させt頂きましたメーカーと同じで㈱ウィングファイブ社製品HIDシステム Hi/Lo切り替え式6000Kを取り付けしていきます。
マークⅡ3
ヘッドライトを取り外しての作業になります。ヘッドライトはフロントバンパーを取り外さなくても外せるのですがHIDのバラスト本体の固定&ハーネスの引き廻しを行う為フロントバンパーを取り外します。
マークⅡ4 マークⅡ5
まずは、ヘッドライト横に有りますウィンカーレンズを外します。このレンズの固定方法はピン留めになりますのでキズやレンズの割れに注意しながら画像の様に車両前方へ軽く叩き出しスライドさせて外します。反対側も同様取り外しておきます。
マークⅡ6 マークⅡ7 マークⅡ8
マークⅡ9 マークⅡ10
次に、フロントバンパーを固定しているビス&ボルト&ナット関係を外して行きます。画像は助手席側の画像になるのですが運転席側も同様外して行きます。タイヤハウスカバーのビスを1本外しハウスカバーを少し捲ります。捲りましたら上段中央画像のフロントフェンダーとバンパーを固定していますビスが見えますので緩めて外します。今外しましたビスの奥側には10ミリのナットでフロントバンパーを固定している箇所が有りますので2本外します。フロントバンパー下部のカバー固定用ビスを各所外していきます。
マークⅡ11 マークⅡ12
各所外れましたらフロントバンパー上部中央位置に有りますプラスチックピン3ヶ所を外し、右側画像の様にフロントバンパーをごっそりと取り外して行きます(バンパー取り外しの際はキズ等に十分注意し2名で取り外しを行います)。
マークⅡ13 マークⅡ14
マークⅡ15 マークⅡ16
バンパーの取り外しが終わりましたのでヘッドライトASSYの固定ボルト&ナットを外し、ヘッドライトレンズ等にキズが付かない様注意しながらヘッドライト裏カプラーを外し取り外します。バンパーとヘッドライトを外しましたので車が何なのかがわからないフェイスになってしまいました(^^;。
マークⅡ17 マークⅡ18
HIDシステムのバラスト本体とハーネスの引き廻し位置を確認しバラスト本体は左画像の位置へ、ハーネスは右画像の位置に引き廻しを行う事に致しました。バラスト本体の固定画像を画像編集中に誤って消去してしまいましたので画像が有りませんが左画像の位置へガッチリと固定致しました(^^;。反対側も同じ様に固定しております。
マークⅡ19 マークⅡ20
マークⅡ21 マークⅡ22 マークⅡ23
マークⅡ24 マークⅡ25
バラストの固定が終了し、ハーネスを引き廻して行きます。上段左画像の様に引き廻しを行いました。今回の車両はH4タイプのHi/Lo切り替え式になりますのでバラスト以外にHI/Loコントロールユニットが有ります。コントロールユニットへの車両側ヘッドライト信号入力コネクターを車両側ヘッドライト出力カプラーへ接続(上段右画像)し中段左画像の様に接触不良等が起きない様絶縁テープを使用し固定保護しておきます。コントロールユニットからバラスト側へ入力させるカプラーを引き廻し接続をします。画像には写っていませんがコントロールユニット側ハーネスに接続されていますリレー用電源の取り出しをバッテリープラス側ターミナル部より取り出しを行いますので、バッテリープラス側ターミナルを緩めプラス側リードを接続します。アースはバッテリー横フェンダー部のボディーアース部へ共締めし各ハーネスを車両本線に沿わせ固定処理を行って行きます。コントロールユニットの固定画像を撮り忘れてしまいまして・・・画像が無いのですが、バッテリー横鉄板部へビスを使用しガッシリと固定させて頂きました。(^^;。
マークⅡ26 マークⅡ27
マークⅡ28 マークⅡ29
マークⅡ30
各ユニット及びハーネスの固定が終わりましたので、ヘッドライト側のバルブの交換作業にかかって行きます。まず最初にヘッドライト球裏の防水用ゴムカバーを外しますと、バルブ固定用ロックスプリングが有りますので中段左画像に有ります赤〇印部2ヶ所を摘みながら内側へ撓ませロック部よりズラして行きます。ロック部より外れますと画像の様にロックスプリングが浮いて来ますのでずらしバルブを外します。
マークⅡ31 マークⅡ32
マークⅡ33 マークⅡ34
マークⅡ35 マークⅡ36
マークⅡ37
HIDバルブをシェード部ロックから外しシェードのみにします。今回のヘッドライト側に純正のシェードが付いていますのでHID側シェードの先端部(上段左画像)のカバーを右画像のビス2本を外して取り外して行きます。外れましたら2段目画像の状態になりますのでヘッドライト側へ挿入し組み付けを行います。バルブロックスプリングをシッカリと引っかけ固定します。次にHIDバルブを純正防水用ゴムキャップに通しヘッドライト側シェード部へ挿入しロックを掛けます(バルブを触ったり接触させない様十分注意し作業を行って下さい)。
マークⅡ38 マークⅡ39
組み付けする準備が整いましたのでヘッドライト側HIDバルブのハーネスを各所シッカリと接続し絶縁テープ等で巻き付け保護します。他のカプラーを接続しヘッドライトを固定し点灯テストを行います。左右とも異常無く正常に作動していましたので、分解していましたバンパー等を組み付けしキズチェック&各電気廻りのチェックを行い、問題有りませんでしたので作業は終了致しました(^^)。
マークⅡ40 マークⅡ41
いつもの様にノーマル球とHIDの比較画像を撮りましたので参考にしてみて下さい(^^)。
HIDヘッドランプシステムはHIDバルブ内のアーク放電の発光現象を利用しているそうです。HIDヘッドライトシステムの明るさは従来のハロゲンバルブの約2倍以上有り、寿命もハロゲンランプの約5倍程だそうです。確かに夜間の走行時暗いと目も疲れて来ますが明るいと視界も良いですし安全にも良いと思います(^^)!!。ヘッドライトが暗くて・・・と言う方如何ですか(^^)!!。
by まっちょ                
        

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック