FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
トヨタ チェイサー
チェイサー チェイサー2
今回は業者様からのご依頼でETC車載器部品お持ち込み取り付け作業になります。ETC車載器のセットアップ作業は当社お隣の部品屋さんにお願いして取り付け作業に取り掛かって行きます。
チェイサー3 チェイサー4
今回車載器の取り付け位置は「小物入れに取り付け出来るのであれば小物入れに」と言うご要望でしたので画像の小物入れ部に取り付けを行います。
チェイサー5 チェイサー6 チェイサー7
まずはアンテナの取り付けとアンテナ線引き廻し準備の為運転席側Aピラーカバーの取り外しを行います。Aピラーカバーとウェザーストリップの隙間にオーナメントリムーバーツールを差し込みこぜながらカバーを浮かせます。カバー上部が浮きましたら引っ張って外し天張りに注意しながらダッシュボードから引き抜きます。
チェイサー8 チェイサー9   
チェイサー10 チェイサー11
次にハンドルコラムカバー下ロアカバーの取り外しを行って行きます。まず右上画像位置の取り付けビスを外しボンネットオープナーレバーワイヤーを外します。この時ボンネットオープナーレバーワイヤー下に有りますテスター接続用コネクター(左下画像黄〇印部)もロアカバーから外しておきます。
チェイサー12 チェイサー13
次にセンターコンソール側に取り付けされていますロアカバー取り付けビスの目隠し用カバーを外し取り付けビスを外します。
チェイサー14 チェイサー15 チェイサー16
ロアカバー取り付けビス(下側2本)とワイヤー&コネクターが外れましたらミラースイッチパネル&キーシリンダーカバーをオーナメントリムーバーツールを使用して浮かせます。ミラースイッチパネル&キーシリンダーカバーが浮きましたらパネルを引き出し電源コネクターを外します。
チェイサー17 チェイサー18 チェイサー19
チェイサー20 チェイサー21
ミラースイッチパネル&キーシリンダーカバーが外れますと左上画像の位置に取り付けビスが見えますので外しサイドブレーキ解除レバー下の取り付けビスを外します。各取り付けビスが外れましたらロアカバーを引っ張り出し各コネクターを外してロアカバーを車外に出します。
チェイサー22 チェイサー23 チェイサー24
次はシフトレバー周りのパネルとオーディオ周りのパネルの取り外しを行って行きます。まずシフトレバー周りのパネルとセンターコンソールの隙間にオーナメントリムーバーツールを差し込みこぜながら浮かせパネルが浮きましたら電源コネクター(中央画像)を外しパネル本体を外します。
チェイサー25 チェイサー26 
チェイサー27 チェイサー28
次にオーディオ周りのパネルを浮かせて外します。オーディオ周りのパネルは左下画像でお分かりになるかと思いますが細くなっている箇所も有りますので割れ等に注意しながら取り外しを行うようにして下さい。パネルの固定は下段2枚画像のように金属製ピンとプラスチックピンで留まっていますので画像を参考にしてみて下さい。
チェイサー29 チェイサー30
各取り外し作業が終わりましたらフロントガラスの脱脂作業を行いETCアンテナを貼り付けします。アンテナ線はいつものように天張り内に通して行くのですが今回のチェイサーの天張りのフチは少し硬いタイプの天張りでしたので同タイプのチェイサーにお乗りの方で天張り関係の作業を行う際には指を切らないよう注意して下さい。アンテナ線を天張り内に通しましたらAピラー車両配線と束ねて処理しダッシュボード内へ引き込みます。
チェイサー31 チェイサー32
チェイサー33
次に電源線の接続作業を行います。検電器を使用してキーシリンダー電源コネクター部の常時&ACC(アクセサリー)電源の確認作業を行います。今回常時電源は白/黄線に接続しACC(アクセサリー)電源は青/赤線へ接続してハンダ&絶縁処理を施しました。アース線は左下画像の車両アースポイントへ共締め接続しました。
チェイサー34 チェイサー35
チェイサー36 チェイサー37
各電源取り出し作業が終わりましたらアンテナ&電源線を小物入れ位置まで引き廻し各配線を右上画像のようにスポンジテープを使用してエアコンダクトに固定します。余りの電源線はキーシリンダー裏に有ります車両配線と束ねて処理しアンテナ線は右下画像の位置の車両配線と束ねて処理しておきます。
チェイサー38 チェイサー39
チェイサー40
次は小物入れの加工を行います。小物入れをオーディオパネルから外しドリル&カッターナイフ・ヤスリを使用して左下画像のように小物入れに穴を開けます。
チェイサー41 チェイサー42
チェイサー43 チェイサー44
穴の開きました小物入れに車載器本体を挿入し位置決め作業を行います。小物入れのフタが車載器に干渉しない位置が確認出来ましたら脱脂作業を行い車載器本体を小物入れにしっかり貼り付けます。小物入れと車載器の隙間は左下画像のように空いていますので干渉する事は有りません。加工の終わりました小物入れをオーディオパネルに取り付けし電源コネクターとアンテナ線を車載器本体に接続してオーディオパネルを車両に組み付けます。オーディオパネルの組み付けが終わりましたら取り外しました各パネル&カバー類を元通り組み付けして作動確認を行います。
チェイサー45 チェイサー46    
チェイサー47 チェイサー48
エンジンを始動しETC車載器の電源が入るか確認しETCカードを挿入します。ETCカードが車載器に入りますとアンテナ部のランプが点灯します(右下画像)。作動に問題が無い事が確認出来ましたら後はいつものようにキズ&電気廻りチェックを行って作業終了です。車種によって異なりますがこう言うスペースを活用してETC車載器をスッキリ収納すると言うのはいかがでしょう?(^^)。
さて皆さんは再来週の連休のご予定はお決まりでしょうか?。なんでもお盆の時の交通量より今度の連休の方が凄くなりそうと言うのをチラッと耳にしたのですが一体どうなるのでしょう(^^;。僕も高速道路を使う予定にしているのですがナビのVICS情報などを駆使して何とか交わして行きたいと考えております(^^)。
by KIN
         
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック