FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
トヨタ エスティマ

エスティマ エスティマ22
エスティマ23
今回の作業は、業者様からのご依頼でトヨタ エスティマにお持ち込みのHIDを取り付けして欲しいとのご連絡が有り、早速お車をお預かりし作業をさせて頂きました。今回取り付け致しますHIDは㈱ウィングファイブ社製品HID H4Hi/Lo切り替え式6000KのHIDシステムになります。
エスティマ2 エスティマ3 エスティマ4
エスティマ5 エスティマ7 エスティマ6
エスティマ8 エスティマ9
HIDを取り付けするにはヘッドライトの脱着が必要になりますのでまずはフロントバンパーの取り外しから作業を進めて行きます。上段画像に有りますタイヤハウス内のハウスカバー固定ビスを外しハウスカバーを少し捲ります。捲りますと中段画像のフェンダーとフロントバンパーを固定しています10ミリの固定ビスが見えますので3本共外して行きます。次に隣画像のハウスカバーとバンパー下部の固定ビスを外し、フロントナンバープレート横に有ります10ミリの固定ボルトを外します。画像は助手席側の画像になりますが運転席側も同様取り外しを進めて行きます。次にフロントバンパーセンター下部の固定ボルト12ミリ2本を外します。各固定ボルトが外せましたら最終画像の様にキズ等注意しながらフロントバンパーを外します。バンパー脱着時にはキズ等安全を確保する為2名で行います(^^)。
エスティマ10 エスティマ11
エスティマ12 エスティマ13
エスティマ14 エスティマ15
フロントバンパーが外れましたらフロントグリルの取り外しにかかります。グリルを固定しているビス上側7本と下側ビス4本を外しキズや割れに注意しながら外して行きます。
エスティマ16 エスティマ17 エスティマ18
エスティマ19 エスティマ20
次にヘッドライト固定ボルト4本を外し、ヘッドライト裏のカプラー類を抜き取り外します。ヘッドライトは真っすぐ手前に引き外す事が出来ませんので、画像の様に横へスライドさせるようにしながらフェンダー等に干渉しない様注意しながら取り外します。
エスティマ21 エスティマ23
作業を進める準備がやっと出来ました(左画像の状態にします)のでHIDシステムの商品を取り出しバラストの取り付け位置・Hi/Lo切り替え用コントロールの設置位置・ハーネスの引き廻し位置の確認を行い作業を進めて行きます。
エスティマ24 エスティマ25
エスティマ26 エスティマ27
エスティマ28 エスティマ29 
エスティマ30  エスティマ31
助手席側のバラストの固定位置があまり良い位置が無く最終エアクリーナーの空気を清流させる為!?のタンクが有るのですが鉄板部との隙間に何とかクリアランスも確保して設置が出来そうでしたので、タンクを固定していますボルト12ミリ3本を外しタンクを取り外します。バラストを仮設置しタンクを組み付けしますとクリアランスも問題無く取れましたのでタンクを再度外し、バラスト本体を両面テープとビス2本でシッカリと固定します。運転席側は下段右画像位置へ問題無く設置できますので設置し、各ケーブルを車両側ハーネスの引き込み位置を利用し引き込みします。
エスティマ32 エスティマ33
エスティマ34 エスティマ35 エスティマ36
HID接続用電源ハーネスに純正ヘッドライトカプラー3極メス側に接続する3極オスコネクターが有りますので上段画像の様に接続し抜け防止や接触不良を防ぐ為絶縁テープ等でシッカリと固定します。次にHIDリレーハーネスの電源、常時電源とアース電源の取り出しを今回はバッテリーより取り出ししました。リレーは極力水等の掛からない位置で作動確認のし易い所で今回はプラス側ハーネスにタイラップで縛り固定致しました。Hi/Loコントロールユニットはケーブルの長さの都合も有今回はバッテリ横に有りますステーに固定致しました。
エスティマ37 エスティマ38
エスティマ39 エスティマ40
エスティマ41 エスティマ42
エスティマ43 エスティマ44
エスティマ45 エスティマ46 エスティマ47
各ユニットの固定やケーブルの引き廻し作業が終わりましたのでヘッドライト側にHID用バルブを取り付けして行きます。ヘッドランプ裏のゴム製防水キャップを外し、画像に有りますバルブ固定用のロックスプリングを外しバルブを取り外します。外しましたらHIDバルブ側のシェード付き台座よりバルブ本体を抜き取り、台座に付いていますシェードの先端部(丸い所)を取り外します(3段目画像、純正ヘッドランプ側に純正のシェードが付いている為HID側のシェード先端部のみを外しました)。先端を外しましたら台座付きシェードをヘッドライト側へ挿入し取り外し時の逆手順でロックスプリングで台座をシッカリと固定します。遊びが無い事を確認し、防水キャップ側にHIDバルブを通して行きます。通常のフィラメントタイプのバルブも同じですがHIDバルブのガラス面を絶対に触らない様に注意して下さい(^^)。キャップに無事挿入出来ましたらヘッドランプ側へバルブを挿入しロックさせます。後は各ケーブルを接続しヘッドライトを車両側へ固定して行きます。ここで作動確認の為一旦、エンジンを始動しHIDが正常に作動するか確認を行います。問題有りませんでしたのでグリル・フロントバンパー等取り外しの逆手順で組み付けを行います。
エスティマ48 エスティマ49
各キズチェック及び電気廻りのチェックを行い問題は有りませんでしたので、作業は無事終了となりました(^^)!!。
ノーマルヘッドランプとHIDでの点灯比較画像を撮りましたので比較してみて下さい。画像ではどちらも光が拡散して見えるので色の違いだけの様な気がしますが、実際に現車で確認をしますと明らかに違いが分かりますよ~(^^)!!。HIDキットの本体価格も最近は安い商品が増えて来ましたが耐久性も中々向上していて安くても良い買い物が出来るかもしれませんね(^^)。ヘッドライトが暗く感じて明るくしてみたい方後付けHIDは如何ですか・・・(^^)!!。
byまっちょ  
      
  

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック