FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
ホンダ バモス

バモス バモス2
今回は一般のお客様からのご依頼でバモスにETC車載器(セットアップ済み)部品お持ち込み取り付け作業です。相変わらず当社のETC車載器欠品状態は続いておりますが以前に比べ何とか手に入れられた方が増えたのか諦められた方が増えたのかは分かりませんが最近はお問い合わせの数もグッと少なくなったような気がします(^^;。
バモス3 バモス4 バモス5
それでは作業に取り掛かって行きたいと思います。まずETCアンテナ貼り付け&引き廻し準備の為運転席側Aピラーカバーの取り外しを行います。まずウェザーストリップを引っ張ってAピラー部から外します。Aピラーカバーを室内側に引っ張り天張りに注意しながら引き抜きます。Aピラーカバーは右画像のようにプラスチックピン2ヶ所で留まっていますのでピン位置は画像を参考にしてみて下さい。
バモス6 バモス7
次に電源取り出し作業を行いますのでハンドルコラムカバーの取り外しを行います。ハンドルコラムカバーは左画像の位置3か所に取り付けビスが有りますので外しコラムカバー(ロア側)のツメに注意しながら引っ張って外します。ホンダ車の場合コラムカバーのツメ部が非常に硬い場合が有りますのでコラムカバー側面部(アッパー側との接合部)を押したりしながらロックを解除し取り外しを行って下さい。
バモス8 バモス9
コラムカバーが外れましたら検電器を使用しキーシリンダー電源部のACC(アクセサリー)線の確認を行います。今回のETC電源取り出しはACC(アクセサリー)線のみになりますので右画像の白/黒線の被服を捲りETC電源線の接続・ハンダ&絶縁処理を施します。
バモス10 バモス11
次に脱脂作業を行いましたフロントガラスにETCアンテナをしっかり貼り付けしアンテナ線を天張り内に通しAピラー車両配線に這わせダッシュボード内へ引き込みます。
バモス12 バモス13
バモス14 バモス15
アンテナ線の引き込みが終わりましたら左上画像のヒューズBOXカバーを引っ張って外します。ヒューズBOXカバーの固定は右上画像のように金属製ピンとプラスチックのツメで留まっていますのでカバーの割れや変色に注意して取り外しを行って下さい。カバーが外れましたら左下画像のような状態になりますのでダッシュボード内(車両側面部方向)を覗きますと右下画像の位置にリレー取り付けボルトが見えます。この取り付けボルトへETC電源アース線を共締め接続します。
バモス16 バモス17 バモス18
今回お客様から「ダッシュボードに穴は開けず配線が見えても良いので左画像の位置へ取り付けして欲しい」と言うご要望でしたのでETC電源&アンテナ線を車両鉄板部に干渉&噛み込みの無い位置から引き廻し車載器本体へしっかり接続しダッシュボード部へ取り付けを行いました。余りの各配線はヒューズBOX部の車両配線と束ねて処理しヒューズBOXカバーを組み付けします。配線処理が終わりましたら取り外しを行いましたAピラーカバー、コラムカバーを元通り組み付けし作動テストを行い作動に問題が有りませんでしたのでワイヤーステッカーを使用してETCアンテナ&電源線を束ねます(右画像)。後はいつものようにキズ&電気廻りチェックを行って作業終了です。
さてさて皆さんは昨晩のF1ご覧になられましたでしょうか?。バリチェロ選手のファンの皆さんおめでとうございます!!(^^)。バリチェロ選手の優勝は5年ぶりだとか・・・そんなに優勝から遠のいていたと言うのが信じられない気がします(^^;。同僚のバトン選手に元気が無いのが気になりますがまだまだこれから盛り返してくれる事を願いたいと思います(^^)。もちろん他の選手も盛り上げて頂いて「日本グランプリ」が凄く面白くなる事を期待したいと思います(^^)。
by KIN 
    

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック