神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイハツ エッセ

エッセ
今回の作業は当社が大変お世話になっている方のお車で、現在集中ドアロックは付いているけどキーレスエントリーが付いていないので後付けでかまわないのでキーレスエントリーを付けて欲しいとのご依頼が有り、お車の仕様を確認し当社で部品を手配させて頂きました。
エッセ2 エッセ3
現在は画像の様にキーを直接鍵穴へ差し込み鍵を開け閉めしているので夜間や急いでいる時が不便だと言う事でキーレスエントリー本体をご用意させて頂きました。今回取り付け致しますキーレスエントリーは㈱アイティコム社製品FAI-820Pになります。
エッセ4 エッセ5 エッセ6
エッセ7 エッセ8 エッセ9
エッセ10 エッセ11
まず運転席側サイドステップパネルとキックパネルの取り外しを行いました。サイドステップパネルは前面部内側より上へ持ち上げるようにして取り外すのですが結構シッカリとはまり込んでいますので割れや変形に気を付けながら取り外して行きます。取り外しましたパネルの裏側画像が中段左の画像になるのですがプラスチック製のピンがサイドステップ本体側より出ているタイプになります。割れてしまうとパネル全体の交換になってしまいますので、外される方は十分注意しながら作業を行って下さい。次にキックパネルの固定部プラスチックピンを画像の様に外しキックパネル本体後方へ引っ張り取り外します。
エッセ12 エッセ13 エッセ14
エッセ15 エッセ16
各パネルを外しましたら運転席足元右側に上段左画像のカプラーが有ります。検電器テスター等を使用しドアロック&アンロック信号を探してきます。今回調べた結果は画像内に有ります青線&青/白線に作動信号が来ていましたので次に信号の極性を調べて行きます。普通に検電器テスターをあてドアロックレバーを開閉するとロック側にした時12V、アンロックした時に12Vとそれぞれに信号が掛かってきます。単純に考えるとプラス制御の様な気はしますが・・・100%疑って調べて行きます。結線が接続して有る状態でロックレバーをロック位置へ動かしロック側配線に12V信号・アンロック側配線にはアース信号、ロックレバーをアンロックにした時には逆の信号が流れる事を確認・・・配線を切断して信号の流れを確認・・・という感じで極性及び信号の方向を調べて行きます。今回の車両は動作時プラス・マイナスの極性が反転しますので取り付け説明書に載っていました画像下段左側の結線要領に従い作業を進めて行きます。キーレスエントリー側配線を車両配線側へ割り込み接続しハンダを使用し取り出し絶縁処理を施します。アースの取り出しは最終作業なのですが画像を別で撮っていませんでしたのでご参考にして下さい。車両側集中アース部より取り出しを行います。
エッセ17 エッセ18 エッセ19
エッセ20 エッセ21
エッセ22 エッセ23
次にキーレスエントリー側本線の常時電源とドアロック用信号(常時電源)の信号取り出しを行う為コラムカバー計3本のビスを外しコラムカバーを外します。外しましたらキーシリンダーへ接続して有りますカプラー内より常時電源線を検電器テスター等を使用し探します。今回の車両では黒/赤線が常時電源線でしたので被服を捲りキーレスエントリー側常時電源取り出し線を一つにまとめハンダを使用し接続し絶縁テープで処理を行い引き廻しします。
エッセ24 エッセ25
エッセ26 エッセ27
エッセ28 エッセ29
キーレスエントリー本体は運転席側足元右上側面部に設置しますのでアンサーバック用(ウィンカー点灯用)信号線2本を助手席グローブBOX側まで引き廻します。グローブBOXの外し方はBOXを開き画像に有ります箇所を内側へ撓ませ手前に引きます。引きましたらゴソッと抜けて来るポイントが有りますのでBOXを落とさない様注意し取り外します。外しましたBOX奥側にヒューズBOXが有りますのでこの中から配線を探して行きます。検電器テスター等を使用し調べた結果画像に有りますカプラー内の緑線(右ウィンカー)緑/黒線(左ウィンカー)が有りましたのでここへ引き廻してきました配線を接続します。ここも同じようにハンダを使用し接続を行い絶縁処理を施し引き廻した配線を車両ケーブル等へ固定し処理を行いグローブBOXを組み付けします。
エッセ30 エッセ31
キーレスエントリー本体へカプラーを接続し、最後にアースの取り出しを行い作動テストを行います。問題無くキーレスエントリーでロック&アンロックする事を確認し作動時にアンサーバック用信号よりウィンカーが点滅する事を確認します。作動に問題は有りませんでしたので本体貼り付け固定位置を綺麗に脱脂作業を行い、シッカリと貼り付け固定します。余った配線類を車両ハーネスへ固定処理を行い、分解していました各パネル類を復元していきます。最終確認を行い、各キズチェック・電気廻りチェックを行い作業は無事終了致しました。(^^)!!。
今回のエッセは集中ドアロック付き車と無し車と有るみたいですね、集中ドアロック無し車の場合は後付けモーターが必要になります。ロックレバーからはロッドでは無くワイヤー式になっていましたのでモーターを追加するには加工が必要になりますね(^^;。今回の車両と同タイプのお車でしたらキーレスエントリー本体のみで取り付け可能ですのでキーレスエントリー付きにグレードアップしてみては如何ですか(^^)!!。他の車両にお乗りの方もグレードアップしてみませんか(^^)!!。
by まっちょ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。