FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
日産 ウイングロード

ウイングロード ウイングロード2
今回は当社がいつもお世話になっておりますディーラー様からのご依頼で下取り車(三菱 ランサーセディア)からETC車載器の取り外しを行い新車のウイングロードへ取り付け作業を行いました。いつものように取り外し時に作動確認を行い各配線にダメージが無いかをチェックを行います。部品に問題が有りませんでしたので当社のお隣に有ります部品屋さんに車載器本体の再セットアップ作業をお願いして取り付け作業を行って行きます。
ウイングロード3 ウイングロード4
この車両の担当営業マンの方と取り付け位置のご相談をさせて頂きETCアンテナはいつものようにルームミラー右後(左画像)へ貼り付けし車載器本体は右画像小物入れ上部に取り付けと言う事になり作業を進めます。
ウイングロード5 ウイングロード6 ウイングロード7
まずETCアンテナ貼り付け&引き廻し準備の為運転席側Aピラーカバーを外します。ウェザーストリップを外しAピラーカバーを室内側に引っ張って外し天張りに注意しながら引き抜きます。今回のAピラーカバーは金属製のピン2ヶ所で固定されているタイプでしたので硬い場合は注意しながら引っ張るようにして下さい。ピン位置は右画像を参考にしてみて下さい。
ウイングロード8 ウイングロード9
ウイングロード10 ウイングロード11
次に電源取り出し&アンテナ線引き廻し作業の準備でハンドルコラムカバー(ロア側)とロアカバーの取り外しを行います。まずはロアカバーから外して行きます。ヒューズBOXカバー(右上画像)を外しますと左下画像の位置にロアカバー取り付けビスとテスター接続用コネクターが見えますので外します。
ウイングロード12
ロアカバー取り付けビスとテスター接続用コネクターが外れましたらボンネット&フューエルリッドオープナーブラケット取り付けボルト2本を外します。このままブラケット本体を引き出しますとキッキングカバーに擦れてキズが付く恐れが有りますので先にキッキングカバーの取り外しを行います。
ウイングロード13 ウイングロード14 ウイングロード15
ウイングロード16 ウイングロード17 ウイングロード18
キッキングカバーを外すにはプレートがカバーの一部に被さっていますのでまずプレートを引っ張って外します。キッキングプレートの固定は上段中央車体側の溝に右画像のプラスチックのツメが入り更に金属製のツメで留まっています。無理に引っ張りますとプラスチックのツメが割れてしまう恐れが有りますので注意しながら取り外しを行って下さい。キッキングプレートが外れましたらカバーを手前に引く感じで取り外します。キッキングカバーも金属製のツメで留まっています。これでキッキングカバーにキズが付く心配が無くなりましたのでボンネット&フューエルリッドオープナーブラケットを引き出します。ブラケットを引き出しますと右下画像の位置にロアカバー取り付けビスが見えますので外します。
ウイングロード19 ウイングロード20
ウイングロード21 ウイングロード22
次に左上画像のパネルがロアカバーの一部に重なるように取り付けされていますのでこのパネルとダッシュボードの隙間にオーナメントリムーバーツール等を差し込み浮かせパネルが浮きましたら引っ張って外します。パネルの固定は右下画像のようにプラスチックピンとツメで留まっています。
ウイングロード23 ウイングロード24 ウイングロード25
ロアカバーを引っ張って出し内気温センサー電源コネクターとホースを外しパネル本体を外します。ロアカバーの固定は金属製ピンやプラスチックピン&ツメで留まっていますので中央&右画像を参考にしてみて下さい。
ウイングロード26 ウイングロード27                     
ウイングロード28 ウイングロード29
ロアカバーが外れましたらハンドルコラムカバーの取り外しを行います。まずキーシリンダー周りのカバーを外しコラムカバー取り付けビス3本を外します。コラムカバー(ロア側)を引っ張り2つに分かれましたらキーシリンダーをかわすようにして外します。この時ダッシュボード側と干渉しコラムカバーにキズが付かないよう十分注意しながら外すようにして下さい。コラムカバーが外れますとキーシリンダー電源コネクターが見えますので検電器を使用しACC(アクセサリー)電源線の確認を行います。今回の電源取り出し作業は常時電源の取り出しは有りませんのでACCとアースの接続作業になります。
ウイングロード30 ウイングロード31
ウイングロード32 ウイングロード33
ACC電源線の確認が終わりましたらETC車載器取り付け位置までの配線引き廻し準備の為オーディオ周りのパネルとエアコン操作パネルの取り外しを行います。まずオーディオ周りのパネルを左上画像のような隙間に指を入れパネル本体を引っ張ります。パネルを引っ張る際ダッシュボードへキズが入らないよう注意して引っ張るようにして下さい。パネルが外れますと右上画像のようになります。パネルの固定は金属製ピンで留まっていますので下段2枚画像を参考にして下さい。
ウイングロード34 ウイングロード35 ウイングロード36
次にエアコン操作パネルを引っ張って外しエアコン操作部とハザードランプスイッチの電源コネクターを抜いてパネル本体を外します。
ウイングロード37 ウイングロード38
各配線引き廻しの準備が出来ましたのでフロントガラスの脱脂作業をシッカリ行いアンテナを貼り付けます。アンテナ線を天張り内に通しAピラー車両配線と束ねてダッシュボード内へ引き込みます。アンテナ線の引き込み作業が終りましたらAピラーカバーを元通り組み付けしておきます。
ウイングロード39 ウイングロード40
ウイングロード41 ウイングロード42
次に電源取り出し作業を行います。キーシリンダー電源コネクタ-茶色線の被覆を捲りETC電源線を接続しハンダ&絶縁処理を施します。アース線は左下画像車両ボルトへ共締め接続します。引き込みましたアンテナ線と電源線を車両鉄板部に干渉や噛み込みしない位置へ通しエアコン操作パネル付近へ引き廻します。
ウイングロード43 ウイングロード44
ウイングロード45 ウイングロード46
ウイングロード47
配線の引き廻し作業が終りましたら小物入れ部の穴開け作業を行います。車載器本体の取り付け位置を考えてなるべく目立たない位置にドリルを使用して穴を開けます。穴が開きましたら電源&アンテナ線を2段目左画像のように出し車載器本体へ接続し車載器本体を小物入れ上部に取り付けます。余りの配線類は2段目右画像のように車両配線と束ねて処理します。これで取り付け作業は終わりですので取り外しを行いました各パネル&カバーを元通り組み付けします。
ウイングロード48 ウイングロード49
最後にエンジンを始動し作動テストを行います。ETCカードを車載器に挿入し各作動ランプの点灯が確認出来ましたら電気廻り&キズチェックを行い作業終了です。
さていまだに入手困難なETC車載器ですが皆さんのお近くのカーショップの状況はいかがですか?。当社も一応部品屋さんから「7月には何とかなるのでは・・・」と言う返答を頂いているのですがこれもフタを開けなけてみなければ分からない話で当社もお客様に「必ず入ります」とは言えない状況が続いておりご迷惑をお掛け致しております(^^;。もう落ち着いても良い頃だとは思うのですが・・・。
by KIN
                  

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
はじめまして!
美紀といいます。
この度ブログを始めたので挨拶で
コメントさせて頂きました。

私のブログは競艇やギャンブルが主になっちゃうと
思いますが日常の事もいろいろ書いていくので
よかったらコメントください☆

http://ameblo.jp/boat-gals/
2009/06/16(火) 16:00:46 | URL | みき #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック