FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタ 新型プリウス

プリウス プリウス2
プリウス3
今回は昨日の社長のブログの続きで新型プリウスのナビ取り付け作業になります。今回のプリウスはオーディオレス(無し)車の為オーディオ部は右上&左下画像のような状態です。
プリウス4 プリウス5 プリウス6
それでは作業に取り掛かって行きたいと思います。まずは各アンテナとバックカメラ線の引き廻し準備で左右Aピラーカバーを外して行きます。ウェザーストリップを引っ張って外しAピラーカバーを室内側へ引っ張ります。Aピラーカバーが浮きますと右画像の位置にベルト式ロックピンが取り付けされていますのでラジオペンチなどを使用し90度回してロックピンをAピラーカバーから抜きます。
プリウス7 プリウス8 プリウス9
次にAピラーカバーを引っ張り抜くのですが初めて作業を行う車両ですので構造を確認する為三角窓部のカバーも先に浮かせておきAピラーカバーを引き抜きました。Aピラーカバーを引き抜く際左画像丸印部が硬かった為スピーカーカバーを押さえながらAピラーカバーを引っ張ると言う方法で取り外しを行いました。Aピラーカバーが外れたところで各アンテナを通す為三角窓部のカバーを外します(助手席側のみ)。
プリウス10 プリウス11 プリウス12
三角窓部のカバーは左画像のようにプラスチックのツメで留まっています。Aピラーカバーは先程のベルト式ロックピンとプラスチックピンで留まっています。スピーカーカバー部の溝に入っていますツメは右画像のような形状をしています。
プリウス13 プリウス14
プリウス15 プリウス16
プリウス17
次にグローブBOXを外します。グローブBOXは従来のトヨタ車と同じくグローブBOXを開けましたら右上画像の位置にダンパーが取り付けされていますので外し2段目右画像の手順でBOX本体を外します。
プリウス18 プリウス19 プリウス20
プリウス21 プリウス22 プリウス23
グローブBOXが外れましたらオーディオブラケット取り外しの為パネル&カバー類を外して行きます。まずセンターコンソールカバーから取り外しを行います。センターコンソールカバーを左上画像のように引っ張り上げる感じで浮かせて外して行くのですが上段中央〇印部が細くなっています。無理に引っ張りますと割れや変色の恐れが有りますのでツメの位置を確認しながらカバーを浮かせて行くようにして下さい。カバーが浮きましたらハザードランプスイッチ等の電源コネクターを抜きカバー本体を外します。ピン・ツメ位置は画像を参考にしてみて下さい。
プリウス24 プリウス25 プリウス26
次に時計調整ボタン等が取り付けされています画像のパネルを引っ張って外します。このパネルも中央画像でお分かりのように細くなっている箇所が有りますので注意して取り外しを行って下さい。ツメの数も結構多いです右画像で確認してみて下さい。
プリウス27 プリウス28
プリウス29 プリウス30  
次にオーディオブラケット取り付けボルトを外すのですがプッシュ式エンジンスタートボタン付きのパネルが邪魔になり工具が入りませんのでパネルを引っ張って外します。この時ワイパーレバーと干渉しないよう注意して取り外して下さい。エンジンスタートボタンが外れましたら下段画像のようにオーディオブラケット取り付けボルトが見えますので外します。この取り付けボルト下側の2本が少し深い位置に取り付けされていますのでボルトを抜き取る際落下に注意して下さい。僕達は磁石を使用して落下を防止しています。
プリウス31 プリウス32 プリウス33
プリウス34 プリウス35
オーディオブラケットのボルトを外してから気が付いたのですが本来ですとオーディオ周りのパネルを外してからブラケットボルトを外す構造になっていました(^^;。ですので画像が前後してしまいますがオーディオ周りのパネルを引っ張って外しオーディオブラケットを外します。全てのパネル&カバー類が外れましたら左下画像のようになります。オーディオ取り付け位置に各電源&オプションコネクターが車両配線と束ねて有りますのでほぐしておきます(右下画像)。
プリウス36 プリウス37
プリウス38 プリウス39
次にフロントガラスの脱脂作業を行い各アンテナをしっかり貼り付けし各アンテナ線を助手席側Aピラー車両配線に這わせてダッシュボード内へ引き込みます。この作業と同時にバックカメラ線も左下画像のように這わせ車両後方へ引き廻します。各アンテナ&バックカメラ線は鉄板部をなるべく避け右下画像の位置に通しオーディオ取り付け位置まで引き廻します。余りのアンテナ線はグローブBOX開閉の邪魔にならない位置の車両配線と束ねて処理しておきます。
プリウス40 プリウス41
プリウス42 プリウス43 プリウス44
各アンテナ・バックカメラ線の引き廻し作業が終りましたら電源線とナビユニットの取り付け準備を行います。まずナビユニット側電源線とオーディオ変換ハーネスを接続します。いつもトヨタ車のナビ電源作業の時アース線の接続画像が有りませんが車両オーディオ電源コネクター側にアース線が有り変換ハーネスを接続する事でアースが取れるようになっています。次にナビユニットへオーディオブラケットとサイドパネルを組み付けし右下画像のようにしておきます。
プリウス45 プリウス46
プリウス47 プリウス48
プリウス51
電源線を車両オ-ディオ電源コネクターに接続し各信号取り出し作業を行います。各信号取り出しはオプションコネクターから取り出しを行います(右上画像)。最近のトヨタ車の配線は細いタイプが多いので取り出し作業時の断線には注意して下さい。各接続・取り出し作業が終りましたらナビユニットへ接続し車両へ組み付けします。以上で取り付け作業は終りましたので取り外しましたパネル・カバー類を元通り組み付けし作動テストに移ります。
プリウス52 プリウス49
プリウス50
エンジン(モーター!?)を始動させナビユニットの電源が入る事を確認しモニター部を全開にします。モニターが全開になりましたら右上画像位置のB-CASカードスロット部のフタを開けます。今回メモリーナビと言う事ですので地図データーの入ったSDカードとB-CASカードを左下画像のようにそれぞれを挿入します。B-CASカードスロットのフタを取り付けしナビモニターを戻します。
プリウス53 プリウス54
プリウス55
今回各信号&接続確認画面の画像を撮り忘れておりましたスイマセンm(_)m。各信号&接続状態の確認が終わりましたら車両を工場から出し現在地とバックカメラの作動を確認し最後に地デジ・FM/AM局のチューニングを合わせます。各作動に問題が有りませんでしたので工場に車両を戻しキズ&電気廻りチェックを行い作業終了です。
さて今回は久しぶりに新型車(それも話題のプリウスです)の作業ブログでしたが参考になりましたでしょうか?。僕達も初めてと言う事で画像が撮れていない箇所や説明不足なところも多々有るかとは思いますが参考にして頂けましたら嬉しいです(^^)。このご時世なかなか新型車の作業が入って来る確率は低いのですが入り次第頑張ってブログにして行きたいと思っておりますのでこれからも「カーテックつかさ作業日誌」応援宜しくお願い致しますm(_)m。
by KIN
           

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。