FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
メルセデスベンツ E350
ベンツ ベンツ2
今回の作業は業者様からのご依頼でメルセデスベンツ E350にお客様お持ち込みのセルスター工業製レーダー探知機ASSURA AR-590STの取り付け作業になります。電源をシガーソケット部に差し込み仕様するのではなく見えない所で電源を取り出しして欲しいとの事でしたので、車両側シガーソケット裏側の電源カプラー部より取り出しを行う事になりました。
ベンツ3 ベンツ4 ベンツ5
ベンツ6 ベンツ7
ベンツ8 ベンツ9
上段左画像の位置へGPSアンテナとディスプレイを設置する事になりましたのでAピラーカバーとダッシュボードサイドカバーを取り外して行きます。いつもの様にウェザーストリップをずらしAピラーカバーを外します。この車両のAピラーカバーは固定ピンがシッカリしているからか物凄く硬いです・・・(^^;割れに注意しながら慎重に1カ所づつ浮かせて外して行きます。Aピラーカバーの固定状態は中段画像の(少し分かり難いですが)様な状態で固定されています。次にダッシュボードサイドカバーを外します。画像には有りませんがオーナメントリムーバーを使用して外しましたがここもまた硬い硬い・・・(^^;。割れに注意しながら慎重に取り外しました。
ベンツ10 ベンツ11 ベンツ12
ベンツ13 ベンツ14 
ベンツ15 ベンツ16
次にレーダー探知機の電源をシガーソケットに接続して有ります電源カプラー内の配線より取り出しを行いますので最初にシフトレバー廻りのカバーを画像の様に前面部を浮かせます。浮きましたら車両前方に少しずらし引き上げます。引き上げますとすぐにパネル部のスイッチに接続して有りますカプラーが突っ張ってしまいますのでカプラー2ヶ所を外し上段右画像の様にパネルを上方まで持ち上げます。この状態ではシフトレバー部(握り部)が邪魔しますので中段左画像に有ります黒いプラスチック部分を捻り、ロックを解除してシフトノブごと引き上げ取り外します。外しましたら灰皿部のパネルを外します。下段左画像に有ります赤丸印部がプラスチックの固定ピンになっていますので解除しパネルを引っ張り出します。この時廻りに干渉しキズ等が付かない様注意します。カプラーを抜きパネルを外します。
ベンツ18 ベンツ19
ベンツ20 ベンツ17
ケーブルを引き廻しする為ハンドル下アンダーカバーの固定ビスを外しパネルをずらします。トルクスビス3本を外し中央位置に有りますプラスチックネジピンを外しパネルをずらします。ダッシュボードにGPSアンテナとディスプレイを設置しケーブルを這わせて行きます。下段左画像の様にはわせて行きました。
ベンツ21 ベンツ22 ベンツ23
レーダー探知機の電源の取り出しを行いますので検電器テスター等を使用し先程外しました車両側シガーソケット裏のカプラー配線内よりACC(アクセサリー)電源を探します。今回の車両では赤/白線がACC(アクセサリー)線で茶色線がアース信号線でしたので各配線の被覆を捲りハンダを使用し接続します。本体の設置位置画像は後から出て来ますが長さの調節を行い余ったケーブルを右画像の様に束ねて処理をします。
ベンツ24 ベンツ25 ベンツ26
一通りの作業が終了しましたので各取り外しをしていましたパーツを元通り組み付けして行きます。組み付けが終了したらエンジンを始動し作動確認を行う為、工場より外へ出しGPSの受信テストを行います。各作動問題有りませんでしたので、キズチェック・電気廻りチェックを行い作業は無事終了致しました。
数日画像の枚数が多いブログになっていましたので本日は少な目のブログにさせて頂きました(^^)!!。
by まっちょ
           
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック