FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
BMW 318i
BMW
今回の作業は業者様よりBMW 318iのエアコンの風が全く出ないのとテールの不具合の警告灯が点灯する時が有る(当社での確認時は警告灯は付いていませんでしたので確認出来ていません)と言う事でお車を点検させて頂いた結果、エアコンの風が全く出ないのはファイナルステージユニット(国産で言うヒーターレジスター)の不具合と判明、テールの警告灯と言うのは右側リヤテールランプ裏に有りますバルブキャリアに接続されていますカプラー内のアース端子部が焼け接触不良をおこしていたのを発見しました。点検時の画像は撮っていませんでしたのでスイマセン・・・。業者様に故障内容とお見積もりをし「OK!!」の返事を頂きましたのですぐに当社で部品の手配をさせて頂きました。
BMW10
今回当社でご用意させて頂きました部品は、画像に有りますエアコン用マイクロフィルターとファイナルステージユニット、バルブキャリアと接続部カプラーの4点になります。では早速作業に掛かって行きたいと思います。
BMW2 BMW3
BMW4 BMW5
BMW6 BMW7
エアコン用ファイナルステージユニットの位置は運転席側足下奥左上(センターユニット側面部になります、今回の車両は右ハンドルです)に有りますのでインストルメントアンダーパネルを取り外します。まず最初に右上画像に有りますポケットを開き画像丸印部のビス2本を外します。外しましたらポケットを手前に引っ張り外します。ポケットを外すと中段右画像の様になります。次にアンダーパネルの固定ビス3本とプラスチックピン1個を外し画像には有りませんが足下奥側のプラスチックピン1個を外し抜き取ります。
BMW8 BMW9
アンダーパネルに車両側カプラー2個が固定されていますのでロック部を解除し取り外します。
BMW11 BMW12 
BMW13 BMW14
ファイナルステージユニットの取り外し方ですが以前にブログで紹介させて頂いておりましたのであまり画像を撮っていません(^^;。簡単に説明させて頂きます。アンダーパネルを取り外しましたら足下左奥のセンターユニット部に上段左画像のダンパーサーボモーターが有りますのでロックを解除しカプラーを抜き取り取り外します。次にダンパーサーボモーター固定用のブラケットを外します(トルクスビスT-20で固定されています)。外しましたらファイナルステージユニットへ接続されていますカプラーを抜き取りファイナルステージユニット固定用ビス2本を外し抜き取ります。左下画像が今回取り外した部品と新しく取り付けする部品の比較画像になります(形状が少し違いますね、恐らく対策だと思います)。新しい部品を元通り組み付けしていき各モーター・カプラーを接続し復元して行きます。
BMW22 BMW23
BMW24 BMW25
BMW26 BMW27
BMW28
エアコン用マイクロフィルターも目詰まりを起こしているほど汚れていましたので交換します(この部品はマメに清掃するか交換した方が良いかと思います)。外し方は上段左画像に有る丸印3ヶ所のプラスチックピンを外します。外すと言っても右画像の様につまみ部を回転させますと内部にスプリングが入っていますので緩めたら上にピンが持ち上がってきます。3ヶ所同じ様に持ち上がれば画像の様にプラスチックカバーを取り外す事が出来ます。カバーが外れましたら汚れているマイクロフィルターを外し新しいマイクロフィルターと交換し復元して行きます。
BMW15 BMW16 BMW17
BMW18 BMW19 BMW20
BMW21
エアコン関係の作業は終了しましたので次はテールランプソケット部の修理を行います。上段画像に有りますプラスチック製のダイヤル上のロックピンを廻し解除しバルブキャリアを外します。外しましたらカプラーを抜き外します。外しましたカプラー部は上段右画像の様に一部が焼けてプラスチック部を溶かし隣のギボシ部に接触していました。ここの端子はアース端子部でしたのでバルブキャリア内のアース回路に異常が有った為端子部が接触不良を起こし、熱を持ちカプラーが溶けていったみたいです。今回はバルブキャリアとカプラーを交換致します。新しく交換しますカプラー側へ古いカプラーより順番に各ギボシを抜き取り差し替えして行きます。間違えない様に注意しながら1本づつ差し替えて行きます。全てのギボシを差し替えましたら、今回異常のあった端子はアース端子の1本だけでしたので焼けた端子部の配線を切断し新しいアース端子の配線を接続ハンダ付けししっかりと絶縁処理を行ないます。終わりましたら新品のバルブキャリアへカプラーを接続し元通りに復元します。
各修理が終了しましたのでエンジンを始動し、エアコンの作動チェックを行います。画像は有りませんがエアコンの風もシッカリと出ていて冷えも問題無く正常に作動していました(^^)。次にテールの部の各作動のチェックを行い、問題無く正常に作動していました。キズチェック・各電気廻りのチェックを行い問題有りませんでしたので作業は終了となりました(^^)!!。
作業中の画像が少なくてスイマセン・・・宜しければ以前の作業日誌をご参照下さい(^^;。
by まっちょ   
          
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック