神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダイハツ ハイゼット
ハイゼット
今回の作業は以前に業者様からのご依頼でエアコンのガス漏れ点検を行いましたダイハツ ハイゼットのエアコン修理作業になります。バンパー等の取り外し画像等に付きましては点検時の「作業日誌」をご参照頂けたらと思いますので今回は省略させて頂きます。
ハイゼット2 ハイゼット3
ハイゼット4
まず最初にガズが残っているか確認を行う為運転席座面を画像の要領で持ち上げエアコン用ゲージマニホールドを接続し確認します。確認しました所ガスは全て抜けてしまっていましたので、このまま作業を続けて行きます。
ハイゼット5
以前の作業日誌でご紹介させて頂きましたのでフロントバンパーの取り外し要領は省略させて頂きます(^^)。ここからは室内の分解作業を行って行きますのでバッテリーのマイナスターミナルを緩め外しておきます。
ハイゼット6 ハイゼット7
ハイゼット8 ハイゼット9
今回の作業はエバポレーター&エキスパンションバルブを交換するのですがエバポレーターを交換するには室内ダッシュパネルを取り外す必要が有りますので各所を順番に取り外していきます。まず助手席前グローブBOXを外します。外し方はグローブBOXを開き上段右画像に記載しています様にBOX左右のロック部を内側に軽く撓ませ手前に引き抜き取り外しを行ないます。
ハイゼット10 ハイゼット11
ハイゼット12 ハイゼット13
ハイゼット14 ハイゼット15
ハイゼット16
次にオーディオ&メーター廻りのクラスターパネルを外します。パネルはプラスチックピンでの固定になっていますので比較的簡単に取り外しが行なえます。画像の様にパネルを手前に引っ張り取り外しを行って行きます。キズ等に注意しながら取外します。外れましたらメーターを固定していますビス(2段目画像右側)を外しメーターを手前に引っ張りピン2ヶ所を浮かせます。浮かしたらメーター本体に接続して有りますカプラーを外しメーター本体を取り外します。オーディオを固定してますビス4本を外しオーディオカプラーを抜き取りはずし、下に有りますエアコン操作パネルの固定ビス3本を外します(エアコン操作パネルはこの時点では外す事が出来ませんのでこのまま置いておきます)。
ハイゼット17 ハイゼット18 ハイゼット19
ハイゼット20 ハイゼット21 ハイゼット22
ハイゼット23 ハイゼット24
次はハンドル廻りのコラムカバーを外します。ロアカバーの固定ビス(上段左画像)を外し、ハンドルを左へ90度回転させ上段中央画像位置に有りますビスを外します(右側にも有りますので同様の手順で取り外します)。ハンドル右横辺りに有りますカバー(中段画像)を手前に引っ張り取り外し、次にダッシュパネル中央下部に有ります小物入れポケット内のビス(中段右画像)を外し小物入れを引っ張り取り外します。
ハイゼット25 ハイゼット26
ハイゼット27 ハイゼット28
ダッシュボード上部奥側に有りますカバー(左右に有ります)を取り外しますとダッシュボードパネルの上部固定用ボルトが有りますので取り外します。画像は有りませんがダッシュボード左右下部にも固定ボルトが有りますので外します。
ハイゼット29 ハイゼット30
ハイゼット31 ハイゼット32 ハイゼット33
ハイゼット34 ハイゼット35
この状態でダッシュボードパネルはほぼ 取り外しが出来る状態になっているのですがこのままですとハンドルが干渉しダッシュボードパネルが外せませんのでハンドルのシャフト部を固定していますボルト4本を外し、ハンドルを取り外しする為中段画像に有りますボルトを緩め(左右にあります)ホーンパット(真ん中画像)を取り外します。外れましたらハンドル本体を外す為中段画像右側のナットを緩めます。緩めましたらナットを2ヤマ程廻しておきます。ハンドルを組み付けする際センター位置の確認の為シャフト部とハンドル側にマーキングをしておきます。ハンドルとシャフト部はスプラインで噛み合っていますのでこのままではハンドルが抜けてこないので先程外しかけていたナットをもう少し緩めハンドルを手前に引っ張りスプラインから外します。ハンドル自体が若干抜けましたらナットを外しハンドルを抜き取ります。
ハイゼット36 ハイゼット37
ここまで外しましたらようやくダッシュボードパネルを外す事が出来ますのでキズ等に注意しながら車内より車外へと取り外します。ダッシュボードパネルを取り外しすると右側画像の様になります(^^)。
ハイゼット38 ハイゼット39 ハイゼット40
ハイゼット41 ハイゼット42 ハイゼット43
ハイゼット44 ハイゼット45
ヒーター&エアコンケースを取り外す為廻りのパーツを外して行きます。助手席側のECUのカプラーを抜き取りECU固定用ボルトを外しECUを取り外します。ブロアケースの固定ボルト&ビスを外し各カプラー及び内外気切り替え用ワイヤーを外しケース前に有りますバーを外し全てを取り外します。ブロアケースが外れましたら中段画像左側の外気導入通路のダクトを外します。順番は入れ替わってしまいますがケースの上下2ヶ所の固定ボルト2本を取り外し、車両下側のエアコンパイプ固定ジョイント部ボルトを外しヒーター&エコンケースを取り外します。
ハイゼット46 ハイゼット47 ハイゼット48
ハイゼット49 ハイゼット50
ハイゼット51
取り外しましたケースを分解しエバポレーターを取り外します。ケースのアッパー&ロアーの固定部にビス4本有りますので外し分離します。分離しましたらエバポレーターを外し新しいエバポレーターとエキスパンションバルブに専用オイルを塗布し組み付けして行きます。
車両側へ組み付けを行い各分解しました所を逆の手順で組み付けを行います。
ハイゼット52 ハイゼット53 ハイゼット54
ハイゼット55 ハイゼット56 ハイゼット57
ハイゼット58 ハイゼット59
上段左画像の様に組みつけが完了しましたのでエアコンゲージマニホールドを接続し真空引きを行います。20分~30分程行いゲージのバルブを閉じ真空状態が保持しているか確認し、問題有りませんでしたのでまずガスを缶の圧力分のみ充填しておきます。エンジンを始動し冷却水の補充を行ない(取り外し作業の中で説明していませんでしたがヒーターコアも同時に取り外していますので冷却水のエア抜きが必要になります)ヒーターの確認&冷却水のエア抜きを行います。中段中央画像の温度計でヒーターの温度確認を行い問題有りませんでしたのでエアコンのガスを充填して行きます。規定量のガスを充填し冷えの確認を調べて行きます。同じく温度計で確認を行い今回の車両ではMAXの冷えが4.9度まで、この時点でエバポレーターの凍りつきを等を防止する為のサーミスタが働き一旦コンプレッサーの作動をカットし5.7度まで上昇した時点でコンプレッサーを再度作動させていました。センサーの作動も問題無く冷えも問題有りませんでしたので、各キズチェック・電気廻りのチェックを行い作業は終了致しました(^^)!!。
by まっちょ             
                  

                 
 
            
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。