神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタ アルファード

アルファード アルファード 3
アルファード 2
今回は業者様からのご依頼で「スモールランプ点灯時ウインカー(サイド側)ランプも点灯させるドレスアップパーツを取り付けして欲しい」とご連絡を頂き当社でご用意させて頂きました。今回のパーツはジェイ・ロード社製「シエクル608」と言うパーツを使用します。詳しい製品情報は「ジェイ・ロード」社様のホームページを検索してみて下さい(^^)。
アルファード 4
製品の内容はこの画像の内容で特別複雑な配線作業は無く左右ヘッドライトスモールランプ電源線にコントローラー側の配線2本(計4本)を割り込み接続させる作業とウインカー(サイド側)ランプ電源線にコントローラー側配線を1本(計2本)接続しアース線1本を接続してコントローラーを設置すると言う作業です。
アルファード 5 アルファード 6
まずヘッドライトユニットからスモールランプ電源コネクターを外し電源線を左画像のように切断しコントローラー側の配線を接続します。接続部をハンダし絶縁テープを巻き付けて処理しヘッドライトユニットへ接続します。
アルファード 7 アルファード 9
次にヘッドライトユニットからウインカー(サイド側)ランプ電源コネクターを外してコントローラー側電源線を接続しハンダ&絶縁処理を施しヘッドライトユニットへ接続します。アース線は右画像の車両アースポイントへ共締め接続します。
アルファード 8 アルファード 10
両ヘッドライト電源接続作業が終りましたらコントロールユニット本体をシッカリ脱脂作業を行いました車両鉄板部へ貼り付けします。余りの配線は右画像の車両配線部に束ねて処理します。
アルファード11 アルファード 12
配線作業が終りましたら作動テストを行います。スモールランプを点灯させウインカー(サイド側)ランプが点灯する事を確認します(左画像)。車検に通る為にはウインカー作動(点滅状態)時サイド側のウインカーランプも点滅しなければなりませんのでシッカリ点滅しているか確認します。作動に問題が有りませんでしたので後はいつものようにキズ&電気廻りチェックを行なって作業終了です。
昨日は長いブログになってしまいましたので本日は短めのブログにしてみました(^^)。いかがですか?こんな感じのドレスアップと言うのは?。最近は本当に色んなパーツが出ていますね~僕も若い頃ぼど車のパーツ雑誌等を読まなくなったせいか「へ~~~」と思うパーツやお客様に教えて頂いて「ほ~~~」と思う事が多々有ります(^^;。頑張って付いて行かなければ・・・と思う今日この頃です(^^)。
by KIN

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。