FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
トヨタ ハイラックスサーフ
サーフ
今回の作業は業者様からのご依頼でトヨタ ハイラックスサーフのエアコンの調子が悪いので点検して欲しいとのご連絡が有りお車をご入庫頂き点検&修理をさせて頂きました。
サーフ2 サーフ3
サーフ4 サーフ5
早速症状を伺いながらエアコンゲージマニホールドを接続する為、ボンネットを開け低・高圧のサービスバルブ(位置は画像をご参照下さい)のキャップを外しゲージマニホールドを接続します。画像には有りませんが、エアコンがOFFの状態での圧力は良い状態でエンジンをかけゲージを見てみると両圧力共良い感じでエアコンも良く冷えていました。が・・・しばらくするとエアコンが作動しなくなりエアコンのスイッチをONにしてもすぐにOFFになってしまったり何回押してもONにならなかったりしていましたので、エアコンコントロール部のスイッチの接触不良が考えれますのでエンジンを止め、エアコンコントロールBOXの取り外しを行い分解してみる事に致しました。
サーフ6 サーフ7 サーフ8
サーフ9 サーフ10 サーフ11
まず最初にパネルを取り外すには順番に各パネルを取り外す必要が有りますので、上段中央画像の様に記号の順番に取り外して行きます。センターコンソールBOX後部のパネルを上方へ引き上げ取り外していくのですが少し外し難いのでキズ等に注意しながら慎重に取り外して行きます。
サーフ12 サーフ13 サーフ14
サーフ15 サーフ16 サーフ17
サーフ18 サーフ19 サーフ20
サーフ21 サーフ22
パネル中央部の四駆切り替え用ノブですが(上段画像)ノブ自体がビス留めされていますのでビスを外します。ここのぱねるも各ピンはプラスチックピンのみですので上方へ持ち上げ、切り替え信号用のカプラーを抜きパネルを取り外します(2段目左画像)。最後にオーディオ廻りのパネルを手前に引っ張り取り外します(ピンは金属ピンが使用されていましたが今回の車両は比較的簡単に取り外し出来ました)。各カプラーを抜き取りパネルを外しエアコンコントロール部の廻りのパネルを引っ張り取り外します。外しましたらエアコンコントロールBOX固定ビスが3本有りますので取り外しコントロールBOX本体のカプラー2ヶ所を抜き取り外します。
サーフ23 サーフ24 サーフ25
エアコンコントロールBOXを裏返した所に有るビス2ヶ所を外すと分解出来るようになっていますのでビスを外しケースを分離させます(万が一作業をされる方は自己責任でお願い致します。通常は分解等をしない様にして下さい)。画像右側の様に基板と基板を連結させているカプラーでは無く、プリントタイプの基板が取り付けされていますので白いロックレバーを上方へ引き上げプリント基板を取り外します。
サーフ26 サーフ27
左側画像がエアコン操作部のエアコンスイッチ裏部になるのですが赤丸印部のハンダが浮き足が少し遊んでいます。この状態ですと確かに軽く接触している状態になりますので振動や若干の熱を持てば接触不良を起こしてしまいます。スイッチの足部を基板側にシッカリとハンダをし直します(右画像)。
サーフ28
ハンダ付けは終了したのですがイルミをつけた際エアコン操作部の球が切れていましたのでイルミ用の球を4個とも交換します。
サーフ29 サーフ30
各部品を元通りに組み付けしエンジンを始動しエアコンをONにして作動テストを行います。何度かエアコンスイッチのON/OFFを繰り返し他のスイッチ部の作動もチェックし、特に問題有りませんでしたのでエアコン吹き出し口の温度をデジタルテスターを使用し点検します。温度は5.6度まで冷え込み問題は有りませんでしたので最終ガス漏れ点検と各キズ・電気廻りのチェックを行い作業は終了となりました(^^)!!。
日中は暑かったですね~(^^;。車での移動中もエアコンを我慢しようかと思っていても、ついついエアコンをかけて涼んでしまいました~(^^)。皆さんのお車も梅雨時期までにはエアコンの作動チェックをしてみるのは如何ですか(^^)!!。
by まっちょ    
           
           
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
車大好きCLUB!CAR情報屋!
車のブログを書いています。よろしければ相互リンクお願いします。
2009/05/12(火) 22:48:07 | URL | TONSIN #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック