FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
ホンダ CR-V
CR-V.jpg
今回の作業はホンダのCR-Vにお客様お持ち込みのETC車載器の取り付け作業になります。
CR-V2.jpg CR-V3.jpg
CR-V4.jpg
お客様と取り付け位置の確認を行い画像に有ります位置へ取り付けとなりましたので早速作業を進めて行きます。
CR-V5.jpg CR-V6.jpg CR-V7.jpg
CR-V8.jpg CR-V9.jpg
ETCアンテナを設置する為運転席側Aピラーカバーの取り外しを行います。いつもの様にウェザーストリップをずらしAピラーカバーを取り外して行きます。今回の取り付けピンは金具でしたので少し硬かったですが取り外し位置を確認し一ヶ所づつ工具を使用しテコの原理で浮かせていけば取り外せますので注意しながら取り外す際は行って下さい。
ETCアンテナを貼り付けするガラス面を綺麗に脱脂しアンテナを貼り付けしアンテナケーブルを天張り内に通しAピラー車両配線へタイラップ等を使用し固定・引き廻しを行います。
CR-V10.jpg CR-V11.jpg
CR-V12.jpg CR-V13.jpg
ETC車載器の電源の取り出しを行う為ハンドル下アンダーカバーを取り外します。外し方は画像に有りますビス2本を取り外しパネル上部はピンでの固定ですので手前に引っ張り取り外しを行います。
CR-V14.jpg CR-V15.jpg
CR-V16.jpg CR-V17.jpg
CR-V18.jpg CR-V19.jpg
アンダーカバーを取り外しましたら今回はハンドルコラムカバーを取り外すのではなくジャンクションBOX内のカプラー部より電源を探して行きます。今回の車両は画像の上段右画像に有ります茶色カプラー内の白/黒線がACC(アクセサリー)電源線でしたので(取り出しを行なう際は必ずテスター等を使用し確認を行って下さい)カプラーを抜き被覆を捲りETC車載器側電源線を接続しハンダでシッカリと取り出しを行い最後にシッカリと絶縁テープ等で処理を必ず行ないます。次にアースの取り出しは付近に車両側集中アース部が有りましたのでそこへ共締めし各ケーブルをETC車載器側まで引き廻し、余ったケーブルをタイラップ等を使用し処理して行きます。処理が終わりましたらETC車載器へ接続し本体を貼り付け固定します。この時点で電源を入れ、ETC車載器の動作確認を行い問題有りませんでしたので各パネルを組み付けしいつもの様に各電気廻り・キズチェックを行い作業は終了致しました(^^)。
既に連休を満喫されている方やこれから連休に入る方、お仕事をされる方色々だとは思いますが皆様くれぐれも安全運転で休暇・お仕事と頑張りましょ~(^^)!!。
by まっちょ         
    
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック