FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
トヨタ エスティマ

エスティマ エスティマ2
今回は業者様からのご依頼でエスティマにデンソー社製ETC車載器の取り付け作業になります。昨日に引き続きETCネタになりますがお付き合い下さいm(_)m。業者様も「ゴールデンウィークまでに何とかならないか?」とお客様からお願いされ、たまたま廃車にする車両に取り付けされていましたETC車載器を外されお客様に「中古品になりますが・・・」とご了承頂いて当社へ取り付けと再セットアップのご依頼を下さいました。
エスティマ3 エスティマ4
取り付け位置は業者様とご相談させて頂きました結果「使い易い位置であればお任せで」と言う事になりましたので各画像の位置にETCアンテナ&車載器本体の取り付けを行なって行きます。
エスティマ5 エスティマ6 エスティマ7
エスティマ8 エスティマ9 エスティマ9a
まずはETC車載器本体の取り付け位置が先程の画像の位置と言う事で運転席側Aピラーカバーを外して行きます。今回のエスティマのAピラーにはアシストグリップが取り付けされていますのでまずアシストグリップを外します。アシストグリップ取り付けボルトの目隠しカバー上下を右上画像のように外します。目隠しカバーが外れますと取り付けボルトが見えますので外してアシストグリップ本体を外します。次にウェザーストリップを外しAピラーカバーを引っ張って外します。取り付けピンの位置は右下画像を参照して下さい。
エスティマ10 エスティマ11
エスティマ12 エスティマ13
エスティマ14 エスティマ15
エスティマ16 エスティマ17
Aピラーカバーが外れましたら次はハンドルコラム下ロアカバーを外して行きます。ロアカバーの取り付けは上段左画像の〇印部とボンネットオープナーレバーを引いた位置(2段目左画像)に取り付けビスが有りますので外します。ボンネットオープナーレバーをロアカバー部から2段目右画像のように引き抜いてロアカバー本体を引っ張り出し内気温センサー電源コネクター&チューブ・フォグランプスイッチ電源コネクターを外してロアカバー本体を外します。3段目右&下段左画像でお分かりになるかと思いますがロアカバー上部は金属製ピンで留まっていますので硬い場合は十分注意して取り外しを行って下さい。
エスティマ19 エスティマ20
次は電源取り出し作業を行ないます。常時&ACC(アクセサリー)電源の取り出しはいつものようにキーシリンダー電源コネクターから取り出しを行います。各配線色は左画像を参考にしてみて下さい。アース線は右画像の車両ボルトへ共締め接続します。
エスティマ21 エスティマ22 
エスティマ23 エスティマ24
電源取り出し作業が終りましたら脱脂作業を行っておきましたフロントガラス面にシッカリ貼り付けしアンテナ線を天張り内からAピラーへ引き廻してダッシュボード内へ引き込みます(上段2枚画像)。今回のエスティマはAピラー先端部とダッシュボードとの隙間が小さく通し難い為右上画像の位置から引き込みました。注意点はAピラーカバー側の金属製ピンが入る溝とアシストグリップ取り付けボルトのネジ部にアンテナ線を通してしまいますと噛み込み及び断線の恐れが有りますアンテナ線の位置を確認しながらAピラーカバーを取り付けして下さい。アンテナ線がダッシュボード内へ引き込まれましたら電源線と共に干渉・噛み込みの無い位置から車載器本体取り付け位置まで引き廻し車載器本体にシッカリ接続して車両へ取り付けします。余りの各配線を右下画像のように車両配線と束ねて処理しロアカバーを元通り組み付けます。
エスティマ25 エスティマ26
最後に作動テストを行い作動に問題の無い事が確認出来ましたらキズ&電気廻りチェックを行なって作業終了です。
さて冒頭にも書いていましたがもうすぐゴールデンウィークですね~(^^)。皆さんご予定は決まりましたか?何でも最多で16日間のお休みの有る企業さんも有るようで凄いですよね~(^^)。当社はカレンダー通りのお休みになりますが部品メーカーさんもお休みですのでお問い合わせのご返答はゴールデンウィーク明けになってしまいます。どうかご了承下さいm(_)m。
by KIN
                           

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック