FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
ホンダ S-MX
S-MX S-MX2
今回の作業はホンダ S-MXにお客様お持ち込みのETC車載器(三菱製なのですが型番を控えるのを忘れてしまいましたので分かりません・・・)の取り付け作業になります。お客様とETC車載器とアンテナの取り付け位置をご相談し設置位置が決まりましたので早速取り付け作業を進めて行きます。
S-MX3 S-MX4
ETCアンテナの設置位置はルームミラー後ろ側ガラスに貼り付け(左画像)致しますのでガラス面を綺麗に脱脂しておきます。ETC車載器本体は右画像位置への取り付けになりましたのでパネル側貼り付け面を綺麗に脱脂しておきます。
S-MX5 S-MX6 S-MX7
S-MX8 S-MX9 S-MX10
ETCアンテナをフロントガラス上部へ貼り付けしアンテナケーブルを引き廻ししていきますのでいつもの様にAピラー部のウェザーストリップゴムをずらしてからAピラーカバーの取り外しを行います。この車両のAピラーカバーの固定ピンは金属製のピンになっていますので取り外しを行う際は注意が必要です。無理に引っ張りますとカバーが白く変色したり割れてしまう事が有りますのでAピラー側ピン位置に工具等をあて、テコの原理で軽くこぜるようにして取り外します。
S-MX11 S-MX12
S-MX13 S-MX14
S-MX15 S-MX16 
S-MX17 S-MX18
Aピラーカバーが外せましたら次にETC車載器用電源を取り出す為ハンドル下アンダーパネルを取り外していきます。画像に有りますビス4本を取り外しアンダーパネルを取り外しますとジャンクションブロックが有り、検電器テスター等でACC(アクセサリー)信号を探した結果2段目右画像の位置に有ります茶色カプラー内の白/黒線がACC(アクセサリー)信号線でしたので一旦カプラーを抜きます。抜きましたら白/黒線の被覆を捲りETC車載器側電源線を接続しハンダにてシッカリと取り出しを行ないます。取り出しましたら部位をシッカリと絶縁しカプラーを元の位置へ戻します。画像は前後してしまいますがETC側アース線の取り出しを行ないます(アースは車両側リレーの固定をしているボルトへ共締めしています)。
次にアンテナを貼り付けしケーブルを天張り内を通し引き廻しを行ないます。
S-MX19 S-MX20
ETC車載器本体位置まで各ケーブルを引き廻しETC車載器に接続し本体を貼り付け固定します。ケーブルの長さが決まりましたので余った各ケーブルを車両配線等へタイラップ等を使用し噛み込み等支障が出ない位置へ固定し処理を行ない作業は終了です(^^)。車両側エンジンを始動しETCカードを挿入し作動確認を行い、キズチェック ・各電気廻りのチェックを行い作業は終了致しました(^^)!!。
最近はお客様お持ち込みでのETC車載器取り付け作業が増えてきましたが・・・。ETC車載器も有る所にはあるのでしょうか・・・!?当社にはいつになったら入荷するのやら・・・(^^;。メーカーさん頑張ってくださいね~(^^)。
by まっちょ              
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック