神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタ シエンタ
シエンタ
今回の作業は業者様からのご依頼でトヨタ シエンタの純正ナビ付き車にバックカメラを取り付けしたいので見積もりをして欲しいと言う事で車両の確認をしに行きました。車両にはディーラーオプションナビ(ND3N-W53)が付いていましたのでフジ電機工業社製のマジコネAV-C02(適合番号は要確認ですが今回のナビゲーションには取り付けが可能で外品バックカメラの映像RCAコードをカプラーに変換して取り付けが出来る変換コード)とパナソニック製品CY-RC50KD(黒)のお見積もりをさせて頂き「OK!!」の返事を頂きましたので当社で部品を用意させて頂き入荷しましたのでお車をお預かりし作業をさせて頂きました。
シエンタ2
最近は各社メーカー様の部品の欠品が多く中々部品が入らない状態で私達も少し困ってしまいますが今回のバックカメラも何とか段取り出来ましたので「ほっ・・・」っとしました(^^;。
シエンタ3 シエンタ4
シエンタ5 シエンタ6
シエンタ7 シエンタ8
シエンタ9
では早速作業に掛かります。まず最初に純正ナビゲーションの取り外しに掛かるのですが各パネルを取り外しして行くのに手順があります。正規の手順かは分かりませんがご参考にしてみて下さい。
オートマのチェンジ用ノブを取り外すのですがネジ式になっていますので逆ネジ方向(左回し)へグリップを捻りネジを緩めて取り外します。外しましたらシフト廻りのカバーを上から2段目右画像の様にキズ等付かないよう養生しオーナメントリムーバー等を使用して浮かせ取り外します。次にエアコン操作パネルのダイヤルをツマミ引っ張って取り外します(2個ともになります)外れますと中に下段画像を見て頂ければお分かりになると思いますがネジが各1本合計2本固定されていますので取り外します。
シエンタ10 シエンタ11
シエンタ12 シエンタ13 シエンタ14
シエンタ15 シエンタ16 シエンタ17
次にハンドル前のクラスターパネルを画像の様にオーナメントリムーバー等を使用し各所浮かせて行きますが無理に引っ張ってしまいますとパネルが変色や変形してしまう恐れが有りますので慎重に取り外して行きます。このパネルが外れたらようやくオーディオ廻りのパネルを引き出す事が出来ますのでキズ等に注意しながら手前に引っ張り取り外して行きます。ここのパネルのプラスチック固定フックだけでも15ヶ所有りますので気を付けながら取り外すようにして下さい。
シエンタ18 シエンタ19
シエンタ20 シエンタ21
オーディオ廻りのパネルは取り外し出来ましたがまだオーディオ固定用ビスを外す事が出来ません(^^;。メーターカバーを取り外した下側に固定用ビスが有りますので上段左画像のメーターカバー前面部を軽く持ち上げ上がりましたらメーターパネルカバーを手前に引き抜くような感じで引っ張り取り外します。画像にも記載していますが固定は8ヶ所有りました。
シエンタ22 シエンタ23
やっとオーディオ固定用ビスが左右合計4本見えましたので取り外しナビゲーション本体をフリーにしておきます。
シエンタ24 シエンタ25
シエンタ26 シエンタ27
シエンタ28 シエンタ29
シエンタ30 シエンタ31
バックカメラのコントロールユニットを左リヤクウォーターパネル内に設置する為電源ケーブルと映像用RCAケーブルの引き廻しをしますので助手席前のポケットを取り外して行きます。上段画像に有りますプラスチックピン3ヶ所を外し中段画像のビス2本を取り外しパネル本体をキズ等に注意しながら手前に引っ張り取り外します。
シエンタ32 シエンタ33 シエンタ34
シエンタ35 シエンタ36
今回のケーブルの引き廻し位置は助手席側Aピラー部より左側面部天張りを通して後ろまで引き廻しする為まずいつもの様にウェザーストリップをずらしAピラーカバーを取り外し助手席・後部座席側のゴムもずらしておきます。順番が前後してしまいますが画像にケーブルの引き廻し位置を点線で記入していますのでご参考にしてみた下さい(^^)。
シエンタ37 シエンタ38
シエンタ39 シエンタ40 シエンタ41
シエンタ42 シエンタ43 シエンタ44
純正のナビゲーションのどの部分にバックカメラを接続するかと言いますと上段画像に有りますカプラーのささる接続端子への接続になります。外品等の接続部はRCA(ピンジャック)での接続になるのですが今回は純正と言う事でカプラー入力になっておりますので外品の接続変換カプラーを使用して入力してあげる必要が有ると言う訳なのです(^^)。バックカメラ側の電源入力はリバース(バック)信号とアース信号になります。この車両ではナビユニット裏側にオプションコネクターが有りますので検電器等で調べますとこの車両では水色線がリバース(バック)信号線でしたのでいつもの様に被覆を捲りハンダ&絶縁をキッチリと行います。アースの取り出しはオーディオ固定部に共締めで取り出しを行ないました。
各ケーブルを助手席側へ引き廻し引き込みようの針金等を使用しAピラー付け根部までケーブルを引き廻しケーブルが他に干渉しない様固定処理を行ないます。Aピラー部へケーブルが引き込めましたので天張り内を通し固定処理をしていき後まで引き廻して行きます。
シエンタ45 シエンタ46
続いてバックカメラ本体の設置へ移ります。まずカメラ本体の取付位置は業者様とご相談の結果丸印位置への設置となりましたので進めて行きます。
シエンタ47 シエンタ48 シエンタ49
シエンタ50 シエンタ51
シエンタ52 シエンタ53
シエンタ54 シエンタ55 シエンタ56
シエンタ57 シエンタ58 シエンタ59
リヤハッチゲートを開きゲート内の内張りを外します。比較的簡単には取り外し出来ますがキズや取り外し時に内張りを落下させない様に注意しながら外すようにしてください(^^)。外れましたらハッチゲート開閉用のレバー部ハンドル固定用ナット10mm2個を取り外します。次にボディ側ガーニッシュカバーを取り外しますので固定用ナットを内側より外します。このうち1本がワイパーモーターの内側へ取り付けされていますので外側下から2段目画像のワイパー付け根のカバーを外し10mmナットを外しワイパーアームASSYを取り外しゲート内側よりワイパーモーターASSYを10mmボルト3本で固定されていますので取り外します。外れましたらガーニッシュ固定ナットを外し外側よりキズ等に注意しながらガーニッシュを外します。
シエンタ60 シエンタ61
シエンタ62 シエンタ63
シエンタ64 シエンタ65
バックカメラ本体の貼り付け位置を確認する為先程取り外しましたガーニッシュンのカバー(上段右画像)を取り外しもう一度ボディ側へあてがいマスキングテープ等を使用しマーキングしておきます。ガーニッシュを取り外しバックカメラ本体の貼り付け面を綺麗に脱脂しカメラ本体を仮付けしガーニッシュをあてがいカメラ本体を微調整し位置を決めて行きます。位置決めしたらマスキングテープ等でマーキングし次にバックカメラケーブルをゲート内へ引き込みを行う為の穴をあけます。穴をあける際は削った鉄粉や削り粉等がボディに残らないように養生しキャッチ出来るようにしてから加工します。穴をあけた箇所はサビ止め剤若しくはタッチアップペイント等で処理をしておかないとサビの原因になりますので注意して下さい。カメラ本体をゲートボディへ貼り付けしケーブルを先程あけた穴から引き込みを行ないます。引き込みましたケーブルは下段右画像の様に純正ハーネスに共締め固定しながらゲート上部へ引き廻ししていきます。
シエンタ66 シエンタ67
シエンタ68 シエンタ69 シエンタ70
シエンタ71 シエンタ72 シエンタ73
ゲート上部には車両室内側へ純正ハーネスを引き込みしているゴムのグロメットが有りますのでこのグロメットを利用してバックカメラケーブルも引き込みしてしまいます。ゲート鉄板部はケーブルを引き込み難いですが針金等を使用してグロメット位置までケーブルを引き込みグロメット内の純正ハーネスを傷付けないよう注意しながらカメラのケーブルを通して行きます。画像の様にグロメット内にケーブルを通したら室内天張りの押さえ用プラスチックピンを2ヶ所外し(汚れやキズが付かない様注意が必要です)下段画像のパネルを取り外し左リヤクウォーターパネルのシートベルト固定用ボルトを各所取り外しクウォーターパネルをフリーにしておきます。
この状態ですと天張りが若干開きますので先程のグロメット部よりバックカメラケーブルを天張り内へ引き込み左リヤクウォーターパネル側へ引き廻し天張り内でケーブルを固定し引き廻していきます。
シエンタ74 シエンタ75 シエンタ76
リヤクウォーターパネルを動かし画像中央位置へバックカメラコントロールユニットを設置しますのでコントロール貼り付け面を綺麗に脱脂し前から引き廻してきた電源ケーブルと映像用RCAケーブルを接続しバックカメラ本体からのケーブル合計3本を接続しコントロールユニット本体を貼り付け固定します。
シエンタ77 シエンタ78
この状態でまずナビゲーションの電源を立ち上げバックカメラが正常に作動するか点検を行い問題有りませんでしたのでカメラ映像の位置調整を行いガーニッシュを元通りに組み付けし各取り外していましたパーツを元通りに組み付けして行きます。加工の画像は有りませんがガーニッシュより取り外していましたカバーをカメラのサイズ分削り元通りに組み付けしておきます(右画像の状態)。
シエンタ79 シエンタ80
シエンタ81
最後に各作動チェック・キズチェック・各電気廻りのチェックを行い問題有りませんでしたので無事作業は終了致しました(^^)!!。
バックカメラも法改正で今年の1月からの新車には取り付け出来ないそうですね・・・(^^;全くダメと言う事では無いと思いますが簡単に分かり易く説明しているサイトは無いですかね~・・・(^^;当社ブログを見て下さっている方で知っている方がいらっしゃいましたら是非教えて下さい(^^)!!。
by まっちょ 
   
  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/05/11(土) 18:50:37 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。