FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
メルセデスベンツ C220
ベンツ
今回の作業は業者様からのご依頼でメルセデスベンツC220(右ハンドル)にお客様お持ち込みのETC車載器の取り付け作業になります。ETC車載器はデンソー製のセパレートタイプ(音声はブザータイプ)になります。当社「KINちゃん」が4月3日の作業日誌でご紹介していましたC230(左ハンドル)と分解の仕方はほぼ同じになりますので詳しい取り外し方はそちらをご参照頂ければと思いますので簡単にご紹介して行きたいと思います。
ベンツ2 ベンツ3
まず最初にお客様と取り付け位置のご相談をさせて頂き画像位置への取り付けが決定致しましたので作業を進めていきます。
ベンツ4 ベンツ5 
ベンツ6 ベンツ7
アンテナを設置しケーブルの引き廻しを行う為運転席側Aピラーカバーを取り外します。取り外し方はいつもの様にウェザーストリップを少しずらし今回のAピラーカバーは室内側への引っ張りでは無くAピラーカバーを車両後方側へ引っ張り取り外していきます。車両により色々な取り外し方がございますので良く確認をしてから取り外すようにして下さい(^^)。取り外しますと下段右画像の様に金属製ぴんが車両側へスライドでのはめ込みになっています。
ベンツ8 ベンツ9
ベンツ10 ベンツ11 
ベンツ13 ベンツ12
次にETC電源の取り出しを行う為ハンドル下アンダーカバーを取り外します。ボンネットオープナーレバーの取り外しが少し作業し難いですが他のビス関係は簡単に取り外しを行う事が出来ますので最初にビスがどこに有るかを確認してから作業を進めると効率良く進めれます(^^)。
ベンツ14 ベンツ15
今回のお車は右ハンドルでしたのでキーハーネスからの電源取り出しが比較的作業し易かったと思いますが電源取出しを行う際ボディー(アース)側との接触(ショート)には十分注意が必要です。車両側常時電源線は赤線から常時信号線の取り出しを行いピンク/赤線からACC(アクセサリー)線の取り出し作業を行いました。車両により配線色が異なりますので電源の取り出しの際は必ずテスター等を使用し電源を確認してから取り出しを行う様にして下さいね(^^)。各配線の被覆を捲りETC側電源線を接続しハンダにてキッチリと取り出しを行い取り出し位置の絶縁をキッチリと行う様にして下さい。今回アースは画像の位置での取り出しとなりました。
ベンツ17 ベンツ16
各ケーブルをETC車載器設置位置まで引き廻しを行い長さの調節をし他に干渉等しない様にキッチリと固定して行き各分解していましたパネル類を元通り組み付けしETC車載器の作動確認を行い各電気廻りのチェック・キズチェックを行い問題有りませんでしたので作業は無事終了です(^^)!!。
時間の都合で画像も説明も不十分になってしまい申し訳ございません(^^;。
しかし、ETC車載器が入荷しないですね~ご注文を頂いても中々部品が入荷しなくて困ってしまいますね(^^;。ゴールデンウィークまでには取り付けしたいと言うお客様が結構いらっしゃるのですが・・・各メーカーさん頑張って下さいね~!!
by まっちょ  
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック