神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三菱 ミニカ
ミニカ
今回の作業は業者様からのご依頼で三菱 ミニカのエアコン&ヒーターの風が全く出ないと言う事でお車をお預かりし点検をさせて頂きました。
ミニカ2 ミニカ3
ミニカ4
早速エンジンを始動し風量調整用レバーをOFFの位置から1つ2つ3つと動かしてみましたが風は全く出ていませんでした。画像では分かり難いと思いましたのでティッシュペーパーをエアコン噴出し口に当ててみましたがティッシュペーパーが全く動いていないのが確認出来ると思います。ブロアモーター本体は運転席足下左奥に有りましたので検電器テスターを作動線に当て確認しましたら信号は来ていました。もう片側の配線はアース信号線になりますのでプラス信号の電圧制御により風量の調節を行なっている事になります。ブロアモーターの電気信号は来ていましたのでヒューズの飛びも無いと言う事になりましたので恐らくモーターのブラシ磨耗の可能性が有ります。モーター本体を軽く叩いてみますとフワフワーとモーターが少し廻りましたので間違い無くブロアモーターの故障と言う診断になりました。念の為ヒーターレジスターの点検も行い作動は正常にしていましたが内部に若干サビが出ていましたので業者様にブロアモーターとヒーターレジスターの交換見積もりをし「交換してください」とのご連絡を頂きましたのですぐに部品の手配をさせて頂きました。
ミニカ11 ミニカ12
ミニカ13 ミニカ14
ミニカ16 ミニカ15
ミニカ17 ミニカ18
部品の取り外し方は上段画像に有りますヒーターレジスターのカプラーを抜き固定ビス1本を取り外しヒーターレジスターを取り外します。次にブロアモーターのカプラーを抜き固定ビス3本を取り外しモーター本体を取り外します。取り外しましたら新品の部品はフィン無しのモーターのみでしたのでフィン中央部に有ります8mmのナットを取り外しモーターとフィンを分離させ新品のモーター側へ組み付けを逆の手順で行ないます。組み付けしましたら軽く手でフィンを回し引っ掛かりやガタなどが無いかを確認致します。問題は有りませんでしたので車両側へ取り外しの逆手順で組み付けを行いシッカリとビスで固定しヒーターレジスターも組み付け致します。
ミニカ5 ミニカ6
ミニカ7 ミニカ8
ミニカ9 ミニカ10
エンジンを始動し最初にモーター側の配線を点検した作動線側にテスターを当て風量調節レバーの各位置の電源電圧を確認します。上段から弱い風の時の電圧値8.34V・中位の風の時10.68V・一番強い風の時の電圧値13.20Vと変化しているのが確認出来ます。風量が強い時は電圧が一番高く、弱くなるにつれて電圧が弱くなりモーターの回転速度が弱くなっていくと言う訳です。車両により制御方法は異なりますが今回の車両の制御方法が一番分かり易いと思いご紹介させて頂きました。
ミニカ19 ミニカ20
一番最初の風が出ていない時のティッシュペーパーの動きとは違い一番弱い風量でも揺らいでいるのが確認出来ると思います。ヒーターの効きとエアコンの作動をチェックし特に問題は有りませんでしたのでいつも通り各キズチェック・各電気廻りのチェックを行い無事作業は終了致しました(^^)!!。
by まっちょ  
      

 
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。