FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
マツダ ボンゴフレンディー

ボンゴフレンディー ボンゴフレンディー2
今回は業者様からのご依頼でお客様がインターネットでご購入されましたボンゴフレンディー用フロントグリルガード(フォグランプ付き)の取り付け作業です。お客様のお車はマイナーチェンジ後のお車でグリルガードがマイナーチェンジ前の車両用でしたので業者様とお客様の間でご相談して頂き「どんな形になっても良いから取り付けして欲しい」と言う事で若干加工を行い取り付けを行ないました。
ボンゴフレンディー3 ボンゴフレンディー4 
ボンゴフレンディー5 ボンゴフレンディー6
とは言いましてもグリルガードはフレンディ用ですのでグリルガード取り付けブラケットは特に問題なく画像の手順で無事取り付けする事が出来ました。ただ左下画像位置のボルトが短い為当社のボルトコレクション!?の中から丁度良いボルトを探し取り付けを行ないました。左側(助手席)側も同じくブラケットを取り付けします。右下画像位置のボルトは最後に出て来ますアンダーガードを固定する為に外しておきます。
ボンゴフレンディー7 ボンゴフレンディー8
ボンゴフレンディー9
次に既に取り付けされていますデイライト左右を外し右上画像位置のフロントバンパー取り付けボルトを外します。このボルト部にグリルガードのブラケットが取り付けされますが画像は後から出て来ます。以上の作業が終りましたらグリルガードブラケットにグリルガード本体を取り付けします。流石に1人で取り付け出来ませんので社長にグリルガードを持ってもらい僕が車両の下に潜り取り付けを行ないました。
ボンゴフレンディー10 ボンゴフレンディー11
ボンゴフレンディー12
次は一旦イルミネーション電源の取り出しとフォグランプスイッチの取り付け作業を行いますので室内作業に移ります。まずハンドルコラムカバー(上下)を外します。ロア側のコラムカバーを取り外す際キーシリンダー部のイルミネーションソケットが取り付けされていますのでコラムカバーを無理に引っ張らないよう注意して下さい。
ボンゴフレンディー13 ボンゴフレンディー14
ボンゴフレンディー15 ボンゴフレンディー16
コラムカバーが外れましたらメーターパネルを外します。上段2枚画像位置に取り付けビス計4本取り付けされていますので外してメーターパネル本体を引っ張って外します。今回はデイライト用スイッチ以外他スイッチ類が取り付けされていませんでしたがもし何かのスイッチ等が取り付けされていましたら電源コネクター等を外してからパネル本体を外すようにして下さい。
ボンゴフレンディー17 ボンゴフレンディー18
ボンゴフレンディー19 ボンゴフレンディー20
ボンゴフレンディー21
次にリレー側イルミネーション電源入力線をエンジンルーム側に引き廻しを行いますのでエンジンルーム側に移ります。上段2枚画像位置のグロメット部に切り込みを入れ針金等を使用して室内側へ電源線を引き込みます。2段目左画像の位置に出て来ますのでそのまま2段目右画像位置まで電源線を引き廻します。引き廻しました電源線に下段画像のようにコルゲートチューブを巻き付け配線の保護をします。
ボンゴフレンディー22 ボンゴフレンディー23
ボンゴフレンディー24 ボンゴフレンディー25
ボンゴフレンディー26
イルミネーション入力線の引き廻し作業が終りましたらフォグランプスイッチを取り付けする為メーターパネル部の空きスイッチパネルを上段2枚画像のように外します。スイッチパネルが外れましたらマスキングテープをスイッチパネル表面に貼り穴あけ位置を決めて穴あけ&加工作業を行い下段画像のように準備します。
ボンゴフレンディー27 ボンゴフランディー28
次に車両側イルミネーション電源の取り出し作業を行います。なぜイルミネーションの電源が必要なのかと言いますとイルミネーションを点灯させた時リレーのコイルに電気が流れリレー内のスイッチをONにします。リレー内のスイッチがONになって初めてバッテリー(プラス側)からの電源が各フォグランプのプラス側線に流れると言う流れを作る為にこの作業を行います。社長のように上手く説明出来ませんで申し訳ございません(^^;。メーターパネルに組み付けしましたフォグランプスイッチに各イルミネーションラインを接続しパネル・コラムカバーを組み付けします。
ボンゴフレンディー29 ボンゴフレンディー30 ボンゴフレンディー31
室内作業が終りましたらリレー&ヒューズホルダーを取り付けします。先程書くのを忘れていましたがトグルスイッチ・リレーSET・ヒューズホルダー&ヒューズ20A(アンペア)は当社でご用意させて頂きました。画像には写っているのですが分かりにくくなってしまいました各フォグランプ電源線をフォグランプ取り付け位置に引き廻します。後リレーのアース線もリレー取り付け部のボルトに共締めして接続しています度々分かりにくくて申し訳ございませんm(_)m。
ボンゴフレンディー32 ボンゴフレンディー33
リレーからのフォグランプ電源線とフォグランプ側の電源線を左画像のように接続します。今回のグリルガードを取り付けする際加工が必要になりましたブラケットは右画像のブラケットで元々開いていました穴にバンパー側のネジ部が合わずブラケットに別の穴を開け何とか取り付けする事が出来ました。画像でお分かりになるかと思いますがこのブラケット厚みがあり最初当社のドリルを使用し何とか1枚だけは開けれたのですが2枚目に入った瞬間ドリルが悲鳴をあげてしまいましてどうしようかと思っておりましたらいつもお世話になっておりますディーラー様にボール盤が有ったのを思い出し社長からお願いしてもらいましたところ気持ち良くご協力下さいました。ディーラー様ありがとうございました!!助かりました~(^^)。危うく僕もけんしょう炎になるところでした(^^;。このブラケット取り付けボルトにフォグランプ側のアース線を接続しデイライトを元通り組み付けします。
ボンゴフレンディー34 ボンゴフレンディー35
ボンゴフレンディー36
最後にアンダーガードを取り付けし作動テストを行いフォグランプの高さ・角度等を調整します。作動に問題が有りませんでしたのでいつものようにキズ&電気廻りチェックを行い作業終了です。
昨日のブログで書きましたチェロキーのお客様はやはり当社ブログリンクコーナーにリンクさせて頂いております「オートウェーブ」さんのお客様でした。ご丁寧なコメントを下さいまして感謝致します!!(^^)。埼玉県と神戸がこんな形で繋がるとは世間は狭いです(^^)。
by KIN
   

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック