FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スズキ キャリートラック
キャリー
今回の作業はスズキ キャリートラックのヒーターが効かないと言う事で業者様より御連絡を頂き点検させて頂きました。点検した結果ヒーターと冷房を切替するレバーの動きがおかしい様です。室内オーディオユニットの上側にエアコンコントロールパネルが有りそこのレバーで切替が出来るのですがワイヤーはシッカリと可動しているのですが動かした感じ「スカスカ」で妙に軽い感じでしたのでヒーターケース側のワイヤー固定部を取り外し直接ダンパーを動かしてみたら「ブラブラ」になっていました。どうやらヒーターケース内でダンパーが割れてしまい切替が出来ない状態になっている様でしたので見積もりをし部品を注文し交換作業をする事になりました。
キャリー2 キャリー3 キャリー4
キャリー5 キャリー6
キャリー7 キャリー8
この部品を交換するにはヒーターケースユニットを取り外し分解しない事には交換が出来ませんのでヒーターケースを取外す作業を進めます。ケースを取外すにはダッシュボード全体を取り外しエンジン側からヒーターコアに入っているホース2本を取外さなければ出来ませんので、まずは室内側ダッシュボードを取外して行きます。オーディオ廻りのクラスターパネルを取外して行きます。エアコンの操作レバー部のプラスチックピン上段画像右側を引き抜いて取り外します(パネルを取外すには引き抜かなくて良いのですがダッシュをボードを取外すには外さなければいけませんので先に取り外ししておきます)。オーディオ廻りクラスターパネルは中段画像の様にピンで固定されていますので手前に引き抜き取り外しオーディオ固定ビス4本を取り外しオーディオ本体を取り外します。
キャリー9 キャリー10
キャリー11
グローブBOXの取り外しは上段右画像の丸印部分を内側へ撓ませストッパー部分を手前に引き出しBOX本体を取り外します。
キャリー12 キャリー13
キャリー14 キャリー15
キャリー16 キャリー17
次にメーター廻りですがメーターフードの固定もピン式ですので手前に引き抜き取り外します。メーターの固定方法はピン2ヶ所とビス1本での固定になっていますのでビス1本を取り外し手前に引っ張り各カプラーを抜けば取り外しが出来ます。
最初に記載するのを忘れていましたがバッテリーのマイナスターミナルは取外しておきましょう(^^)!! 
次にハンドルコラムカバーのロア側ビス3本を取り外しアッパー側とロアー側を分離し取り外します。
画像には有りませんがダッシュボード上部左隅と右隅にボルトカバーが有りますのでカバーを取り外し10mmのボルトを緩め取り外します。
キャリー18 キャリー19 キャリー20
キャリー21 キャリー22
ダッシュボード下部の固定ボルトを取り外しする為キックパネルカバー左右を取り外します。外しますと10mmの固定ボルトが有りますので取り外し上段画像右側のダッシュボードを支えているバーの固定ボルト2本(助手席側も有ります)を取り外し、ボンネットオープナー用レバーの固定ピン2ヶ所を取り外しその奥側にあるカプラーのジョイント部等取り外しに必要な所を取外して行きます(アバウトでスイマセン・・・)。ハンドルのシャフト部の固定部分のボルト&ナットを取り外しておきます。
キャリー23 キャリー24
エアコン操作パネル部より出ているワイヤーの接続部モード切り替え用・エアミックス切り替え用・内外気切り替え用を取り外します。この状態でダッシュボードを引っ張れば動きますのでワイヤーハーネス等干渉や引っかかる物が無いか良く調べダッシュボードを取り外します。
キャリー25 キャリー26 キャリー27
キャリー28 キャリー29 キャリー30
ダッシュボードを取外した画像は上段左画像になります。次にヒーターケースユニットの固定ボルトを取外して行きますがこの車両はヒーターケースユニットの左側の一部分がエアコンケースと被っていますのでエアコンケースとヒーターケースユニットの接合部ビス2本を取り外しヒーター側の固定ボルトを緩めます。この時点ではエンジン側からのヒーターホースが接続されたままですのでフロントバンパーを取り外し(画像を撮るのを忘れていました・・・スイマセン)ラジエターの固定ボルトを外し少しずらします。作業はし難いですがヒーターホースバンドを緩めホースを抜き取ります。抜き取りましたらヒーターケースを「コネコネ」とずらしながら取り外します(^^)。取外したヒーターケースユニットは右下画像になります。
ケースからヒーターコアを抜き取り固定ビスを取り外し固定用ピンを割らないように注意しながら分解して行きます。
キャリー31 キャリー32
キャリー33 キャリー34
分解して中を見てみましたら見事にダンパーの軸部分あたりがポッキリと割れてしまっています上段右画像の位置より割れてしまっています。割れた原因を調べた結果下段画像の丸印部を見て頂ければお分かりになると思いますがケースのダンパーストッパー部にダンパーのスポンジ部分を溶着しているボンド状の物がケース側に引っ付き固着しレバーの操作時無理にレバーを動かした事による割れと判明致しました。取り合えずこのままではまた引っ付き固着する恐れが有りますので綺麗に清掃し当たり面に軽くグリスを塗りくっつかない様にし組み上げて行きます。
キャリー35 キャリー36
交換した部品はダンパーとレバーセットを注文し元通りに組み付けをしレバー部分を作動さし確認をします。異常が有りませんでしたのでヒーターコアを元通り組み付けし車両側へ取り外し時の逆手順で取付をして行きます。一通り組みつけが終了したらラジエター内にクーラントを入れ冷却水のエア抜き作業をして行きます。室内側でのヒーター切替もスムーズに動くことを確認しヒーターが出ることを確認し各電気廻りのチェック・キズチェック・締め付けチェック・冷却水量のチェックを行い無事作業は終了致しました(^^)!!。
もう朝晩は暖房が効かないと寒いですよね~、点検等でもヒーターの切替がおかしいとか冷房しか出ないとか・・・ちょこちょこと点検・修理が増えてきています。本格的に寒くなる前に一度お車の点検をしてみてはいかがでしょうか(^^)?
by まっちょ     
          
        
           
 
  
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/11(火) 21:52:03 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2019/07/10(水) 14:49:50 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック