FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
マツダ アテンザ
アテンザバックカメラ アテンザバックカメラ1
本日は昨日のブログで当社「KIN」が紹介していましたマツダ アテンザのバックカメラ取り付け作業の続きになります。作業を分担してリヤのカメラ設置作業を行いました。
アテンザバックカメラ2
純正バックカメラの取り付け位置は画像赤丸印の位置へ取り付け致します。
アテンザバックカメラ3 アテンザバックカメラ4 アテンザバックカメラ5
今回の作業はリヤバンパーを取り外しての作業になりますので早速取り外しにかかって行きます。まずはバンパーに共締め固定されていますリヤタイヤのタイヤハウスカバーのバンパーと共締めになっている箇所の固定ビス類を取り外して行きます。左画像に有りますビスを外します、中央画像に有りますビスとプラスチックピンを取り外して行きます。この画像が運転席側のリヤの画像になります反対側助手席側も同じ様に取り外して行きます。右側画像のプラスチックピン(左右合計2ヶ所)を取り外します。バンパー下部等の固定ビス・ピン類が外せましたら次へ移ります。
アテンザバックカメラ6 アテンザバックカメラ7
アテンザバックカメラ8 アテンザバックカメラ9
ラゲッジルーム内の画像位置カバーを取外します。上段右画像の位置にプラスチックピンが付いています、反対側にも同じ様にピンで固定されていますので取り外します。外しましたら下段左画像の様にカバー全体を上方へ引き上げるようにしてピンを取り外して行きます。
アテンザバックカメラ10 アテンザバックカメラ11 アテンザバックカメラ12
アテンザバックカメラ13 アテンザバックカメラ14 アテンザバックカメラ15
まだ画像は出ていませんがバンパーを取り外しするにはリヤコンビネーションライトの取り外しが必要になりますがトランクエンドトリム及びサイドトリムの取り外しも必要なので先にトリム関係を取り外して行きます。上段左画像のカバーを捲り10mmのボルトを取り外しステーを取り外します。画像が前後しますが助手席側後部席のサイドステップカバーを取り外しその後ろ側のパネルも取り外します。
アテンザバックカメラ16 アテンザバックカメラ17 アテンザバックカメラ18
アテンザバックカメラ19 アテンザバックカメラ20 アテンザバックカメラ21
次に上段左画像のレバー(後部座席をトランク側より倒す時に使用するレバーです)を引っ張り中にあるカバーを捲ります。先の細い工具等を使用すれば外す事が出来ますが以外と硬いのでキズなど付かない様に注意が必要です。外れましたらビス1本で固定されていますのでビスを取り外します。下段左画像に有りますプラスチックピンで一箇所は固定されていますので注意しながら取り外して下さい。レバーが外れましたらパネルを室内中央側へ引っ張り取り外します。
アテンザバックカメラ22 アテンザバックカメラ23 アテンザバックカメラ24
アテンザバックカメラ25 アテンザバックカメラ28 アテンザバックカメラ29
アテンザバックカメラ30 アテンザバックカメラ31
外れましたら画像に有りますパネルを取り外して行きます。何点か画像に有りませんがプラスチックピンを取り外していきパネルをゴッソリと取り外します。次にリヤコンビネーションライトに接続されているカプラー2ヶ所を取り外し、ライト固定用10mmナット3ヶ所を取り外しリヤコンビネーションライトASSYを車両後方側へスライドさせて取り外します。反対側も同じ様に取り外します。
アテンザバックカメラ32 アテンザバックカメラ33
リヤコンビネーションライトが取り外し出来ましたのでリヤバンパーを取り外します。左画像の様にバンパーを浮かしていきゴッソリと取り外します。右側画像の様になるともう車種が何なのか?分からなくなってしまいますよね~(^^;。
アテンザバックカメラ34 アテンザバックカメラ35
アテンザバックカメラ36 アテンザバックカメラ38
作業中の画像を撮る事が出来なかったので取り付け説明書の画像にしました(^^)。まずは型紙を切り車両側(リヤエンドパネル)へ宛がい貼り付けします。貼り付けしましたら指定位置に指定サイズの穴をあける為ポンチでマーキングしΦ9で穴あけをします。リヤエンドパネルの助手席側の穴を基準にし図の寸法でポンチを使用しマーキングして穴をΦ9であけます。あけた穴は錆止めの為タッチアップペイント等を使用して塗布し、切粉等を取除いて行きます。先に2ヶ所あけました穴にポップナットを2個挿入し、カメラ本体をカメラブラケットに固定をしリヤエンドパネルに取り付け固定します。固定したらケーブルをもう1ヶ所穴あけした所から室内側へ引き廻しします。穴はグロメットで確実に防ぐようにして下さい(いつも念には念をでブチル等で更に防水処理をしています)。室内側へケーブルを引き込んだらカメラコントロールBOXを取り付けします。両面テープで貼り付け固定するだけですので貼り付け面を綺麗に脱脂しておき貼り付けします。
アテンザバックカメラ39 アテンザバックカメラ40
コントロールBOXへケーブルを接続し車両フロント側へケーブルの引き廻しをして行きます。各電源関係の取り出しは常時電源・ACC(アクセサリー)電源の取り出し(この作業は昨日のブログで紹介していますので昨日のブログをご参照下さい)とリバース(バック)信号とアース信号の取り出しになります。リバース(バック)信号とアース信号の取り出しは画像右側の位置で左画像のカプラー位置より取り出しが行なえますので検電器テスター等で確認をした後取り出し作業を行いました。
このカプラーのピン数や配列は「sport」用で「sedan」はカプラーのピン数も違いますし位置も違いますのでくれぐれもご注意下さい(^^)。
引き廻しのケーブルをタイラップ等で車両ハーネスへ固定していき取り外していた所を元通りに組み付けしていきます。キズや汚れ等が無いかをチェックしながら組み付けは無事完了し後は各電気廻りのチェック・作動チェックをし問題無く正常に作動していましたので作業は終了です(^^)!!。
アテンザバックカメラ41
バンパーも組み付けし分かり易い用にナンバープレートも付けて画像を撮ってみました。バンパーとナンバープレートの間に隙間が有りこの隙間よりカメラ本体が顔を覗かせています。
アテンザバックカメラ42
アテンザバックカメラ43 アテンザバックカメラ44
バックカメラの映像もカメラ映像が映って1秒程は下段左画像なのですがすぐに右画像の様なピンク色の斜線が入ります。このバックカメラはバンパーより約20センチ後方位置までを斜線で映し出している様です。分かり易いのか・・・?分かり難いのか・・・?純正使用なのでこの方が親切なのかも知れませんね、この車両の場合バンパーの最後部位置はカメラの上側なので映りませんから目安としては有り難い機能なのでは・・・!?と思います(^^)!!。
by まっちょ
    

      
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック