FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
マツダ スクラムワゴン
スクラムETC取り付け スクラムETC取り付け2
今回は以前ご説明させて頂きましたが当社の業務の一つでもありますお客様が某家電量販店さんやインターネットでご購入されました商品(ポータブルナビやETC車載器など)を販売元さんから一旦取り付け委託会社さんに連絡が入りその委託会社さんから当社のようなお客様のお住まいの住所から一番近い電装店をご紹介して頂いてお客様にご来店(基本的にですが出張取り付けの場合も有ります)頂いき取り付け作業を行う業務です。
スクラムETC取り付け3 スクラムETC取り付け4
お客様とご相談の結果ETC本体の取り付け位置は左画像の位置にアンテナはいつものようにフロントガラス右側画像の位置に取り付けと言う事で作業を開始します。この業務の場合基本的にはBOX等の加工は行いません。加工を行う場合は別途加工工賃が必要になりますのでオーソドックスな取り付け方になる訳です。
スクラムETC取り付け5 スクラムETC取り付け6  
スクラムETC取り付け7 スクラムETC取り付け8
まず運転席側Aピラーカバーを外して行きます。アシストグリップが取り付けされていますので目隠し用のフタを開けて取り付けボルト2本を外しグリップ本体を外しAピラーカバーを引っ張り外します。
スクラムETC取り付け9 スクラムETC取り付け10 スクラムETC取り付け11
スクラムETC取り付け12 スクラムETC取り付け13
次にハンドルコラムカバー取り付けビス3本を外しカバーを分解します。今回キーシリンダー部電源コネクターが上向きで取り付けされていましたのでアッパーカバーも外します。キーシリンダーコネクターが見えましたら検電器を使用してACC(アクセサリー)電源を確認します。今回のETC車載器の電源線はACCとアースの2本だけですので左下画像青線からACC電源を取り出してハンダ&絶縁作業を行います。アースポイントは少し分かりにくいですがコラムカバー(ロア側)を外しエアコン操作パネル方向を見上げますと右下画像位置に丁度良いポイントが有りましたのでここに接続しました。
スクラムETC取り付け14 スクラムETC取り付け15
後はETCアンテナ線・電源線が車両鉄板部に干渉や噛み込みしない位置に通して車両ハーネスと束ねて処理し各貼り付けポイントの脱脂作業をしっかり行って貼り付けします。Aピラーカバー・ハンドルコラムカバーを元通り組み付けして作動確認を行います。最後はキズ&電気廻りチェックを行いお客様に取り扱い方法をご説明させて頂いて作業終了です。先日ニュースを観ていましたらこれからETC装着車両のサービスが増えていくような事を言っていました。僕もその昔要らないと思っていました「いつもニコニコ現金払い後からお金払うなんて・・・」。ガソリン代(僕の住んでいます地域・・・レギュラーでリッター155円です)も少し値下がりしたとは言え昔の値段に戻らない現状・利便性・これからのサービスなどを考えますと付けといて良かったかなと思っております(^^)。
さて昨日・今日と短めのブログになっていますが明日は社長の大作ブログになるかと思いますのでご期待下さい!!(^^)。
by KIN

       
        
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック