神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日産 バネット

バネットナビ取付 バネットナビ取り付け2
バネットナビ取り付け3
今回はようやく画像処理が終わりましたので(^^;バネットナビその他取り付け作業ブログ完結編で行きたいと思います。
バネットナビ取り付け4 バネットナビ取り付け5
バネットナビ取り付け6 バネットナビ取り付け7
まずはオーディオ廻りのセンターパネルから取り外して行きます。取り付けビスは左上画像位置の1本だけですので外してセンターパネル本体を引っ張って外します。センターパネル本体を固定していますピンは左下画像の位置になりますので参照して下さい。小物入れ部に今回のCDレシーバーとナビユニットを取り付けしますので小物入れが不要になります。カッターナイフ等を使用しセンターパネル表面部にキズ等が入らないよう注意しながら切り落とします。センターパネルの処理が終りましたら右下画像の手順でグローブBOXを外して左側TVアンテナ線・GPSアンテナ線を通す準備を行っておきます。
バネットナビ取り付け8 バネットナビ取り付け9
バネットナビ取り付け10 バネットナビ取り付け11
次に左右Aピラーカバーを外します。左上画像のようにアシストグリップを外してAピラーカバー上部のピンを引っ張って外します。Aピラー側(左下画像)丸印の溝に右下画像Aピラーカバー側のツメがスライドで入っていますので無理に引っ張りますとツメが折れてしまう恐れが有りますので右上画像の手順で注意しながら取り外しを行って下さい。
バネットナビ取り付け12 バネットナビ取り付け13
バネットナビ取り付け14 バネットナビ取り付け15
Aピラーカバーの取り外しが終りましたら各信号線(車速&リバース)信号取り出しの為メーター周りの取り外し作業を行って行きます。メーターパネル上部のビス2本(左上画像)を外してカバー本体を引っ張って外しダッシュボード側ハンドルコラムカバー(アッパー側)等にキズを付けないよう注意しながらパネル本体を引き抜きます。メーターパネル取り付けピンは金属製で左下画像の位置になります。メーターカバーが外れましたらメーター本体取り付けビス3本(右下画像)を外しこの状態でおいておきます。
バネットナビ取り付け16 バネットナビ取り付け17
バネットナビ取り付け18
今回CDレシーバー(オーディオ)の取り付けが有りますので純正オーディオが不要になります。専用工具を使用して左上画像のように純正オーディオを引き抜いて電源コネクター・アース線・ラジオアンテナ線を純正オーディオから外し小物入れ位置に引き廻しておきます。オーディオ変換ハーネスとCDレシーバー電源線とナビ本体電源線をそれぞれ左下画像のように接続して純正オーディオコネクターと接続します。純正オーディオ取り付け位置には完成画像時に出て来ますが純正1DINタイプ小物入れが取り付けされます。
バネットナビ取り付け19 バネットナビ取り付け20 バネットナビ取り付け21
次にメーター本体を左画像のように浮かせてメーター本体上部のコネクターから車速信号・・・灰/黒線・リバース(バック)信号・・・赤/黄線それぞれの取り出しを行います。この作業時に右側TVアンテナ線・ETCアンテナ線をメーター組み付け時に噛み込みしない位置から小物入れ取り付け位置まで引き廻しておきます。
バネットナビ取り付け22 バネットナビ取り付け23 バネットナビ取り付け24
バネットナビ取り付け25 バネットナビ取り付け26 バネットナビ取り付け27
メーター廻りの作業が終りましたらその流れのままETC電源取り出し作業を行います。左上画像のシフトレバー廻りのカバーを外しハンドルコラムカバー取り付けビス3本を外します。コラムカバーロア側を引っ張って外しますとキーシリンダー部電源コネクター部から常時電源・・・黒/黄線・ACC(アクセサリー)電源・・・黒/白線から取り出してハンダ&絶縁テープ巻き付け処理を行います。ETCアンテナ線・電源線をシガーソケット下の元々開いています穴から出しておきます。アースポイントはセンターコンソール右側(運転席から見て)の車両フレーム部に接続しました。
バネットナビ取り付け28 バネットナビ取り付け29
バネットナビ取り付け30
CDレシーバー・ナビユニットに各電源コネクター&アンテナ線を接続し左上画像のように組み付けします。今回のナビのモニターはオンダッシュタイプでセンターパネル上部に取り付けしますのでナビモニター⇔ナビユニット間のDINコードをセンターパネル上部に引き廻さなければなりませんダッシュボード側に直径22mmの穴を開けてDINコードを通しますこの時センターパネル側もDINコードが通るだけの溝を作っておきます(左下画像)。次に右上画像のようにモニターベースを貼り付け位置の脱脂作業を行いセンターになるよう注意しながらモニターベースを貼り付けします。
バネットナビ取り付け31 バネットナビ取り付け32
バネットナビ取り付け33 バネットナビ取り付け34
バネットナビ取り付け35  
各パネル・カバー類の組み付け作業を行います。先程書いていました純正1DINタイプ小物入れは左上画像のように取り付けされます。各アンテナ・ETCの取り付け位置は画像の通りです。左下画像はバックカメラ取り付け画像で最終角度調整を行います。
バネットナビ取り付け36 バネットナビ取り付け37
バネットナビ取り付け38
最後はいつものように作動確認・接続チェックを行います。特に問題が有りませんでしたのでキズ&電機廻りチェックを行って作業終了です。今回も長いブログになってしまいましたがお付き合い頂きありがとうございました(^^)。
オリックス オリックス2
最後にオリックスバファローズネタを一つお付き合い下さい。いつも載せさて頂いておりますが当社ブログを最近ご覧になられた皆さんに改めてご説明させて頂きます。当社社長のお父さんがオリックス関係のお仕事をされていましてブログ内でポスターの画像を載せさせて頂いていますがそのポスターの選手の写真を撮影されています。今回のポスターの写真ももちろん当社社長のお父さんが撮られたものです。このポスター清原選手感動の引退試合(僕は観れませんでしたが・・・)京セラドームで配布された応援ポスターで4000枚限定だそうです。カッコイイですよね~ヤッパリスター選手!絵になります!!(^^)。社長のお父さんもお仕事とは言え清原選手を目の前で見れると言うのが凄いですし羨ましいです!!(^^)。本日関西地区ではMBS(毎日放送)で清原選手の特番が有るようですので頑張って21時までには帰りたいと思います(^^)。 
by KIN
            
   
            

         

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
CDレシーバー・ナビユニットの取り付けは、
サイドに金具がありませんが、どのように固定しましたか?
2011/05/11(水) 20:12:20 | URL | #-[ 編集]
Re:
初めまして。
お問い合わせ頂きましたCDレシーバー及びナビユニットの固定方法ですが、通常のオーディオの様に機器側の両サイド部に取り付けして固定するブラケットは有りません。この車両の場合はご紹介していますブログ内のポケット部分を加工した上で、専用の取り付けキットを使用しています。取り付けに使用致しましたキットはカナネット製品UA-T39D若しくはUA-T43Dのどちらかになります。この2点の部品番号の違いは付属で入っているオーディオ変換ハーネスが違います。T39Dの方は12Pカプラーと8Pカプラータイプ・T43Dの方は24Pタイプになっていますので車両に適合する方のカプラーに合わせて下さい。このキットは四角い枠タイプになっておりますのでパネルを外しているダッシュパネル側の開口部に嵌め込み抜け防止のため折りピンが数ヶ所有りますので折り込み枠が手前に抜けて来ない様にしています。後はキット内に機器側サイドに取り付けするブラケットが同梱されていますので機器側に取り付けし枠側に挿入し4ヶ所ビス固定する形になります。何となくお分かりになりますでしょうか?説明が下手で申し訳ございませんが、この様なキットを使用して取り付けを行っております。ご不明な点等御座いましたら再度お問い合わせ下さい。宜しくお願い致します。
2011/05/12(木) 17:10:08 | URL | カーテックつかさのまっちょ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/09/16(月) 16:13:16 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。