FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
Jeep チェロキー エアコン修理

チェロキー1  チェロキー2
今回の作業はチェロキーのエアコン点検・修理です。エアコンが全く効かないという事でエアコンマニホールドゲージを繋いで点検をします。エンジンをかけてエアコンをONにしてもメーターのガス圧に変化がありません。コンプレッサーを見るとマグネットクラッチが廻っていません。良く見るとマグネットクラッチのコンプレサーのセンターシャフトに固定されている部分とプーリー側に引っ付く部分とが完全に折れてしまっています。(後の写真に詳しくのせています)マグネットクラッチのコイルは働いてプーリーに引っ付くのですがセンターシャフトが外れて回っていないのです(珍しい症状です)。ガスの量も少ない様なのでガス漏れ点検をすると高・低圧ホースのホースとパイプの接続部からとコンプレッサーのセンターシャフト部分からガス漏れの反応がありました。見積もりをして修理をすることになったので部品を注文して修理にかかります。
チェロキー3 
車両の下に潜って鉄製のアンダーカバーを取り外します。ボルトがかなり錆ていたので潤滑油をかけながらボルトを折らない様に外していきます。他のボルトやビスなどをみても錆付いているのでどうやら錆との格闘になるようです。
チェロキー5  チェロキー6  チェロキー7
固定ビスを外してグリルを取り外します。このビスも錆付いてなかなか緩みませんでした。それからヘッドライトまわりのカバーを取り外していきます。
チェロキー8  チェロキー9
エンジンルームからコンプレッサーは見えるのですが取り出すスペースが無いのでエアクリーナーのケースを取り外してスペースを作ります。エアクリーナーのケースが外れたので高圧ホースのまわりも広くスペースが出来て作業がしやすくなります。
チェロキー10 
コンプレッサーを取り出せるスペースもできたのでコンプレッサーにかかっているベルトを外します。このベルトは1本もので車両右側にあるオートテンショナーを右に動かして取り外します。コンプレッサーの側にある高圧ホースのジョイントを取り外します。このジョイント部分もかなり錆付いていて外すのに苦労しました。
チェロキー11  チェロキー12  チェロキー13
交換をする高圧ホースはコンデンサーに接続していて今のままでは見えないのでライトまわりと一緒にごっそり取り外します。電動ファンの上側のビスを外して取り外したときに一緒についてこないようにします。固定しているボルトやビスを取り外して車両前面部分を取り外します。ここでもボルトやビスが錆び付いてなかなか緩みませんでした。今まではなんとかボルトやビスが折れずにうまく外れたのですがまだまだ油断は出来ません。
チェロキー14  チェロキー15  チェロキー16
高圧ホースとコンデンサーのジョイント部分がやっと見えたので取り外していきます。この部分も錆が凄くて潤滑油を付けながら慎重に外します。コンデンサー側のネジ山を壊してしまうとコンデンサーも交換しなくてはいけなくなります。なんとかコンデンサーからホースが外れて一安心です。ホースを固定しているクランプを外して高圧ホース を車両から取り出します。新しいホースと形や長さが違っていないか確認をしてコンデンサーに取り付けをします。
チェロキー17  チェロキー18  チェロキー19
低圧のホースはコンプレッサーからEXPバルブにつながっています。コンプレッサーとの固定ボルトを取り外してエンジンルーム後方のEXPバルブとの接続をはずします。低圧ホースは錆も無くスムーズに取り外せました。取り付けはコンプレッサーを交換した後です。
チェロキー20  チェロキー21  チェロキー22
レシーバーのIN側とOUT側のパイプを取り外してレシ-バーに付いているステーの固定ボルトを外して取出します。レシーバーに付いているプレッシャースイッチは取り外して新しいレシーバーに付け替えをします。パイプのOリングを交換をして新しいレシーバーに接続をします。
チェロキー23  チェロキー24
コンプレッサーはスルーボルト4本で止まっていてエンジンルームから取出します。右の写真が折れてしまっている部分です。この部分はバネの役割をしていてコイル側に引っ付いたクラッチを磁力が無くなったときに元の位置に戻します。
チェロキー25  チェロキー26
チェロキー27  チェロキー28
今回はコンプレッサーも交換するのでマグネットクラッチを外す必要は無いのですが、このタイプのマグネットクラッチの外し方を書いておきます。マグネットクラッチに3ヶ所ネジ山を切ってある穴があるのでこのネジ穴にピッチの合うボルトを入れてボルトを少しずつ締めこんで取り外します。3本のボルトを締めこんでいく時にクラッチが出来るだけ真っ直ぐになるように調整しながら締め込みます。
チェロキー29 
コンプレッサーの外観だけではガス漏れしていないように見えますがマグネットクラッチを取り外した奥のセンターシャフト部分はガスとエアコンオイルがにじんで濡れています。
チェロキー30  チェロキー31  チェロキー32
新しいコンプレッサーが違っていないか形・大きさ・プーリーの形や溝の数を確認して車両に取り付けます。低・高圧ホースをコンプレッサーに取り付けて真空ポンプを使って配管内の空気を抜き取ります。真空引きの間にエアクリーナーのケースを取り付けておきます。後は最終のガス漏れ点検をしてから組み付けをします。真空引きのあと規定量の900gを充填してエアコンの冷えや作動確認をします。ガス漏れ点検をしてガスが漏れていないのを確認をして元通りに組み付けをして作業は終了です。
BY TANI

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック