神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホンダ フィット

フィット フィット1
フィット5 フィット6
今回の作業はホンダのフィットにお客様お持込みのETC車載器の取り付け作業です。まずアンテナの貼り付け位置とETC車載器本体の設置場所をお客様とご相談し画像の印位置へ取り付けする事になりましたので作業を進めていきます。
フィット2 フィット3
フィット4
ETCアンテナはフロントガラス上部ルームミラー後に貼り付けしますので、貼り付けするガラス面を綺麗に脱脂しアンテナコードを這わす為に運転席側Aピラーカバーを取り外していきます。Aピラーカバーを取り外しする際にウェザーストリップ(雨水等が室内に入り込まないようにする為のゴム)を少し捲りAピラーカバーを取りやすくしカバーを室内側方向に引っ張り取り外します(画像参照)。アンテナの貼り付け作業及びアンテナコードの引き廻し作業の画像が無く申し訳ございません(^^;・・・。
フィット7 フィット8
フィット9 フィット10
ETC車載器の電源はACC(アクセサリー)電源とアースの取り出しの2本になります。ACC(アクセサリー)電源を取り出しする為ハンドルコラムカバーを取り外しキーシリンダーカプラーに有るACC(アクセサリー)電源を検電器テスターで調べます。この車両は白/赤線がACC(アクセサリー)線でしたのでコードの被覆を捲りETC車載器の電源取り出し線を接続しハンダを使用してキッチリと固定します。ハンダをした部分に絶縁テープをしっかりと巻き付け絶縁処理は終了です。次に電源コードの引き廻し処理とアースの取り出しを行う為ハンドル下アンダーカバーとサイドキックパネルを取り外しします(画像参照)。キックパネル内でアースの取り出しを行い、各コード類をETC車載器取付け位置まで這わせ噛み込みやハンドルシャフト等への巻き込みなどしないようにキッチリと固定し処理をします。
フィット11 フィット12
車両に穴等を開けずにと言う事でしたのでハンドルコラムカバー横から電源コードとアンテナコードを引き出し、ETC車載器に接続し本体を貼り付け作動確認をします。電源作動もETC車載器作動も異常が無く、各電気廻りのチェック・キズチェックをしこちらも異常が有りませんでしたので作業は終了です(^^)!!。

盆も明け日中はまだまだ暑さを感じますが朝晩は涼しく過ごし易くなりましたよね~(^^)。でも油断して寝冷えなどしないように注意しましょうね~(^^)!!。
by まっちょ
  
            

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ホンダ(本田技研工業)は28日、クロスカントリースタイルのSUV「CR-V」のマイナーモデルチェンジを行ない、「ZL」「ZX」各タイプにアルカンターラ(人工皮革)を採用した「アルカンターラスタイル」と、レザーインテリアや木目調パネルを装備した「レザースタイル」を設定し
2008/08/30(土) 09:41:12 | ブログニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。