神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トヨタ クラウン

クラウンナビ取り付け  クラウンナビ取り付け2
今回は前回エアコン修理でご入庫して頂きましたお客様からのご依頼でポータブルナビ&ETC車載器の取り付け作業ブログです。
クラウンナビ取り付け3 クラウンナビ取り付け4 クラウンナビ取り付け5
ポータブルナビはお客様のご希望で当社初のお取り付けになりますパイオニア製ポータブルナビ「Air nabi (AVIC-T10)」とモニター位置をお好みの位置に移動出来るモニターベース・シガーライターソケットを使用出来るようにする為のシングル電源ソケットをご用意させて頂き取り付け作業に掛かって行きます。
クラウンナビ取り付け6 クラウンナビ取り付け7
クラウンナビ取り付け8 クラウンナビ取り付け9
クラウンナビ取り付け10
まずメーター廻りのパネルを取り外す準備を行います。養生作業を行ってまずは見えているビスの取り外します。ハンドルコラムカバー・コラムカバー下ロアパネルを外します。
クラウンナビ取り付け11 クラウンナビ取り付け12 クラウンナビ取り付け13
クラウンナビ取り付け14 クラウンナビ取り付け15
メーターパネルの隙間にオーナメントリムーバーツールを差し込んでパネルが浮くかを確認しながらパネルが浮かない位置を調べます。そうしますと上段3枚の画像と左下画像の位置にビスがある事が確認できましたので各操作パネルを外しそれぞれのビスを外して行きます。無理にパネルを浮かせようとしてパネルが割れてしまったり ヒビが入ってしまわないように注意しながら取り外しを行いました。さすがにこの年代の車両のパーツとなりますとなかなか見つからないと思いますのでいつも以上に 慎重に作業を進めて行きます。全てのビスが外れましたらメーターパネル本体を外しますと右下画像のようになります。
クラウンナビ取り付け16 クラウンナビ取り付け17
クラウンナビ取り付け18
次に電源取り出し用シングルソケットとETC用電源の取り出し作業を行います。常時電源・ACC(アクセサリー)それぞれを左上画像の車両配線に巻き付けハンダ&絶縁処理をしっかり行いボディー側のアースポイントにアース線を接続します。左下画像はナビ側電源ソケットと電源取り出し用シングルソケットの接続画像でこの接続部も抜け防止の為絶縁テープをしっかり巻き付けます。
クラウンナビ取り付け19 クラウンナビ取り付け20
クラウンナビ取り付け21 クラウンナビ取り付け22
次にメーターパネルの加工を行います。お客様とのご相談の結果「配線はなるべく目立たなくして欲しい」と言うご要望でしたのでパネルを少し削りここからナビ電源線を取り出す事にしました。次に電源線を左下画像のように取り廻して噛み込み等の無い位置に通します。この時ETCの電源線もオーディオ裏を通して助手席側に引き廻しておきます。これでメーターパネル廻りの作業は終了ですので各パネル類の組み付けを行いダッシュボードの脱脂作業を行いモニターベースを貼り付けし運転席側の作業は完了です。
クラウンナビ取り付け25 クラウンナビ取り付け26 
クラウンナビ取り付け27   クラウンナビ取り付け28
次は助手席側(ETC取り付け)の作業に掛かります。前回当社社長がエアコン修理ブログ時に詳しく書いていたと 思いますのでグローブBOX廻り取り外しの説明は省かせて頂きますがAピラーカバーの取り外しは無かったので書いておきたいと思います。まずウエザーストリップ(右上画像)を外し隙間からピンの取り付け位置を確認します。このAピラーカバー薄型でさらに金属製ピンが2ヶ所とスライドで留めるタイプの金属製ピンで取り付けされていて無理に引っ張りますと割れてしまいそうでしたのでまずAピラーカバー上部にウエスを厚めに巻いたマイナスドライバーを隙間に差し込みピン付近でドライバーを捻りますとボコッと浮きましたので続けて中央部のピン位置で同じ作業を行い2ヶ所のピンが浮いたところで再度確認しましたらスライド留めになっているのが確認出来ましたのでAピラーカバーを引き上げて取り外しを行いました。無事Aピラーカバーが外れたところでフロントガラス(左上画像)の脱脂を行いETCアンテナを貼り付けしてAピラーに這わせスポンジテープを使用してアンテナ線を固定しグローブBOX付近に引き廻します。
クラウンナビ取り付け29 クラウンナビ取り付け30 クラウンナビ取り付け31
今回のETC本体取り付け位置もお客様のご要望によりグローブBOX内に取り付けと言う事でグローブBOXに穴開け加工を施してアンテナ&電源線を引き込みETC本体と接続します。
クラウンナビ取り付け23 クラウンナビ取り付け24
クラウンナビ取り付け32 クラウンナビ取り付け33
後は作動テストを行いキズ&電気廻りのチェックを行い作業終了です。今回のポータブルナビですが正直ナメていました(^^;。以前のポータブルナビはルートが大きく外れないにしてもズレがあったり していたと思うのですが今回の「Air navi」かなり精度が良いと思います。試運転をして確認してみたのですがキッチリ合っていました(^^)。通常ナビゲーションはGPS受信による緯度経度情報で地図上の位置を指し、車速信号やリバース(バック)信号のデーターを 演算し、より精度の高い位置情報をGPS情報の位置と演算・学習を経てより高い自社位置精度を得ているのですが、この「Air navi」は高精度なGPS受信機とジャイロセンサー、加速度センサーを内蔵し他のポータブルナビよりもより高精度な自車位置精度を得る事が出来る為位置ズレしにくくなっているようです(^^)。
by KIN
   


      

         
  
  

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。