神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アトレー ETC取り付け

アトレーETC1 
今回の作業はダイハツのアトレーに古野電気製のETC車載器の取り付けです。ETC車載器はお客様が持っておられて取り付けの作業をします。
アトレーETC2 アトレーETC3
ETC車載器の取り付け場所はお客様と相談をしてハンドル下にある小物入れに取り付けます。この小物入れは奥行きがあまり無いのでETC車載器の大きさ分小物入れの奥を削って取り付けをします。ハンドル下のパネルは左右の下側にビス2本で止まっていてこのビスを外します。後はプラスチックピンで固定されているのでパネルやダッシュにキズが付かない様に取り外します。
アトレーETC4 アトレーETC5 アトレーETC6
電源の取り出し場所はいつもと同じハンドルコラムカバー奥のキーシリンダーのカプラー配線からです。コラムカバーの外し方はハンドルを90度回転させて右側のビスを取り外します。反対側にもハンドルを回転させて左側のビスを取り外します。後はコラムカバーの下にあるビスを取り外せば上下2つに取り外せます。
アトレーETC7 アトレーETC8
コラムカバーの下側を取り外してキーシリンダーのカプラーを探します。キーシリンダーのカプラーはハンドルの左側にありました。
アトレーETC9 アトレーETC10 
今回取り付ける古野電気のETC車載器はACC(アクセサリー)電源とアースを取るタイプで常時電源は取り出しません。検電器テスターを使ってACC電源を探すとこの車両の場合は青色配線でした。ETCの配線を青色の配線に接続をして絶縁処理をしてから車両の配線に固定をしてハンドル下まで取り廻しをします。
アトレーETC11
アースは運転席側のキックパネルのところにある集中アースポイントに共締めをして取り出します。
アトレーETC12 アトレーETC13 アトレーETC14
アンテナはフロントガラスに取り付けるタイプなのでAピラーのカバーを取り外します。運転席側の手すりのカバーを開けてその奥のビスを2本取り外します。オーナメントリムーバーを使ってAピラーカバーの上の方からピンを外して取り外します。バックミラー後ろにアンテナを取り付けてアンテナコードを天張りの中に隠します。Aピラーを取り外したところのダッシュの隙間に針金など使ってアンテナコードを通してハンドル下まで取り廻します。
アトレーETC15 アトレーETC16
パネルにある小物入れの奥をETC車載器の大きさ分カッターナイフを使って開けます。ETC車載器に電源配線とアンテナコードを接続をして余分な配線とコードを車両の配線に結束バンドを使って固定をします。最初に書きましたが小物入れの奥行きが無いのでETC車載器の後ろが少しパネルから飛び出しています。お客様も下の方から覗きこまないと飛び出しているのが見え無いので満足して頂きました。ETC車載器の作動確認とキズや汚れのチェックをして作業は終了です。
BY TANI


 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。