FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日産 バネット ETC取付

バネットETC取付1 バネットETC取付2
今回の作業は日産のバネットにETCの出張取付です。お客様の駐車場での作業で少し暗い場所だったのと、ドアが全開に出来なかったので取り付けに少し時間がかかってしまいました。
バネットETC取付3 バネットETC取付4 バネットETC取付5
運転席側のダッシュのサイドカバーのビスを取り外してサイドカバーを手前側から外していきます。スピーカーのカバーも手前側からオーナメントリムーバーを使って外します。ETC車載器の電源をヒューズボックスから取り出すのでヒューズボックスカバーも取り外します。
バネットETC取付6
ヒューズボックスから電源を取り出すのですがこのままだと作業がしにくいのでヒューズボックスを固定しているナットを2個取り外しておきます。
バネットETC取付7 バネットETC取付8
ETCのアンテナはフロントガラスに取り付けるタイプなので運転席側のAピラーカバーを取り外します。手すりのビスを外して手すりを取ってからAピラーカバーを上側から外していきます。Aピラーカバーの一番下がピンではなくツメがAピラーにスライドで入っているので上方向に持ち上げて取り外します。
バネットETC取付9
ETCのアンテナをバックミラー後ろに取り付けてコードを天張りの中に隠してAピラーまで取り廻します。Aピラーには車両の配線などが無いのでアンテナのコードの固定はクッションテープでしています。外したダッシュのサイドカバーのところからヒューズボックス裏まで取り廻しをします。
バネットETC取付10 バネットETC取付11
ヒューズボックスの固定は外れているのでヒューズボックスを下にずらして下にずらしてヒューズボックスの配線側がさわれる様にして検電器テスターを使ってETCの電源を取り出す配線を探します。今回取り付けるETCは常時電源は無くACC電源だけなのでヒューズボックスの黒/白配線から取り出します。
バネットETC取付12 バネットETC取付13 バネットETC取付14
いつもなら電源の取り出しにハンダを使って接続していますが今回はハンダゴテを持っていくのを忘れてしまったのでハンダを使わないバージョンで接続します。車両側の配線の被覆をめくって銅線に検電器テスターを刺して2つに分けます。その間にETCの電源配線を通してラジオペンチで圧着してETCの電源配線を挟み込みます。それから車両の配線に巻きつけて絶縁処理をします。普通に被覆をめくって巻きつけるよりも配線を挟み込んでいるのでひっぱたりしても簡単には外れないです。
バネットETC取付15
ETCのアース配線はダッシュのサイドカバー奥の10㎜のボルトに共締めをしてしっかりとボディアースに落とします。
バネットETC取付16
ETC本体の取り付け場所はセンターの灰皿下の小物入れです。
バネットETC取付17 バネットETC取付18
センターパネルの下側に元々ダッシュとパネルの間に配線が丁度通る隙間があるのでこの隙間にアンテナコードと電源配線を運転席側から通します。
バネットETC取付19
ETC本体を取り付けをして配線が下に垂れ下がらない様に処理をします。エンジンをかけてETCの作動確認をして外したパネルやカバーを取り付けます。あとはキズや汚れがないかチェックをして作業は終了です。
BY TANI

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。