FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
クラウン エアコン修理

クラウンA/C修理1
今回の作業はトヨタのクラウンのエアコン修理です。前日にエアコンが効かないという事で点検をした所ガス漏れでエアコンが効きませんでした。ガス漏れしていた所はフロントのクーリングユニットからとリアのクーリングユニットからとEPR(フロスト防止用の調整弁)からでした。
今回はリアへいくパイプを取り外してフロントのエアコンシステムだけ使えるようにパイプを変更してリアのエアコンを使えなくします。
クラウンA/C修理2 クラウンA/C修理3
この車両のボンネットはダンパーが付いていてこのダンパーでボンネットが勝手に閉まらない様にしているのですが、このダンパーは年数が経っているのかゆっくりと勝手に閉まってしまうのでダンパーストッパーと言う工具をダンパーのバーに取り付けてボンネットが閉まらない様にします。
クラウンA/C修理4 クラウンA/C修理5
クラウンA/C修理6
この車両のフロントのクーリングユニットはグローブボックスの奥にあります。グローブボックス下のアンダーカバーのツメを3箇所外してカバーを外し、カバーに付いているフットライトを取り外します。
クラウンA/C修理7 クラウンA/C修理8
クラウンA/C修理9
グローブボックスを固定しているビスを5本取り外してグローブボックスを手前に引き出してグローブボックスライトとトランクスイッチのカプラーを取り外します。グローブボックスが外れたら下側に補強用のバーがあるのでこのバーも取り外します。
クラウンA/C修理10 クラウンA/C修理11
クーリングユニットに取り付けられているエアコンのアンプのカプラーを取り外してこのエアコンアンプをクーリングユニットから取り外します。エバポレーターの温度センサーの配線もクーリングユニットを取り外す時に引っかかるのでカプラーを外しておきます。
クラウンA/C修理12 クラウンA/C修理13
グローブボックス上とクーリングユニット上部に固定されているECUを取り外して下に落として配線がクーリングユニットを取り出す時に邪魔にならない様によけておきます。
クラウンA/C修理14 クラウンA/C修理15
クーリングユニット上部を固定しているボルトがECU固定用のブラケットが邪魔をして外せないのでこのブラケットの左側のナットを外してブラケットを手で曲げてやるとボルトが見える様になるのでこのボルトを2本取り外します。
クラウンA/C修理16
クーリングユニットに固定されている配線の束を固定用カバーのビスを外してECUの配線と同じ様にクーリングユニットを取り出す時に邪魔にならない様にブロワーモーター側によけておきます。
クラウンA/C修理17 クラウンA/C修理18 クラウンA/C修理19
エンジンルーム側でクーリングユニットから出ている配管に接続している高・低圧のパイプを取り外します。EPRも交換をするのでコンプレッサーへ繋がっている低圧のホースをEPRのところで取り外してからEPR自体を取り外します。
クラウンA/C修理20 クラウンA/C修理21
ブロワーユニットとヒーターユニットにクーリングユニットを固定しているビスがあるのでこのビスを取り外してクーリングユニットを手前に引っ張り出して取り外します。
クラウンA/C修理22 クラウンA/C修理23
クラウンA/C修理24 クラウンA/C修理25
クーリングユニットが取り外せたのでケースを分解します。クーリングユニットから出ているパイプのところにクッション材とゴムが付いているのでこれらを取り外します。クッション材は再使用するのでちぎれない様に慎重に取り外していきます。
ケースはビス4本とクリップ4個を取り外すと2分割に分かれます。エバポレーターの温度センサーを取り外すとエバポレーターが取り出せます。
クラウンA/C修理26 クラウンA/C修理27
クラウンA/C修理28
新しいエバポレーターやEXPバルブは別々になっているので取り外したエバポレーターを見ながら同じ様に組み付けをします。感温筒の固定クリップは取り外したエバポレーターから取り外して再使用します。
新しいエバポレーターを逆の順番でクーリングユニットに入れて車両に取り付けをします。
クラウンA/C修理29
クーリングユニットに接続する高・低圧のパイプはリアエアコン用に途中で分岐されているタイプのもので、最初に書いていましたがこのパイプを変更して違うパイプを取り付けます。リアにいくこのパイプは助手席側の車両の下にジョイント部があるのでこのジョイント部で取り外してエンジンルーム側に取り出します。
クラウンA/C修理30 クラウンA/C修理31
新しく取り付けるパイプは写真の様にリア用に分岐していないシンプルなパイプになっています。外した低圧パイプにはリアにいくパイプ側にチェックバルブが付いていたのですが、新しい低圧パイプにちゃんとチェックバルブが付いているので問題ないです。
クラウンA/C修理32 クラウンA/C修理33
EPRとレシーバーを交換して外していたパイプやホースを全てつなぎます。この時にパイプやホースに付いているOリングは新しいOリングと取り替えます。Oリングをそのまま使うとかなりの確立でそのジョイント部分でガス漏れがしますので交換の時や配管を取り外した時はOリングは必ず交換してください。
クラウンA/C修理34  
クラウンA/C修理35 クラウンA/C修理36
配管が全て繋がったら真空ポンプを使って配管の中の空気を取除きます。前にも書いたのですが配管の中に空気が残っているとガス圧が異常に高くなります。また配管に残った空気中の水分がEXPバルブで凍ってしまって詰まったりしてしまうので真空引きはとても重要です。
クラウンA/C修理37
真空引きが終ったらガスの充填をします。このクラウンの場合はリアエアコンが付いていた時の規定量は1200gなのですが、パイプを変更してリアエアコンを使えなくした為規定量が分からないのでレシーバーに付いているサイトグラスでガスの流れや泡の量を見ながら充填していきます。
ガスの充填が終ったらもう一度ガス漏れの点検をします。外したパイプのジョイント部分やクーリングユニットなどを点検をしてガス漏れがないのを確認をして作業は終了です。
BY TANI

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック