FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
ローバー ミニ

ミニエンジン不調  ミニエンジン不調2
今回は業者様からのご依頼でミニのエンジン不調修理作業です。症状はエンストする時もあればしない時もあると言う事で車をお持ちして頂いた時空ぶかしをするとエンジンが止まってしまい早速色々点検してみました。今回点検を行いました場所は右側画像の丸印部です。
ミニエンジン不調10
まずはスパークプラグの点検を行いました。後から出て来ますが1番プラグを外すのはオルタネーターを外さなければ取れないので2番~4番プラグの点検を行いました。画像が取り外したプラグの画像なのですが左が3番プラグでターミナル部が無くプラグコードはささっているもののグラグラでしたので全てのプラグ交換する事にしました。次に電極部を点検します。ススで真っ黒になっているのがお分かりになるかと思いますが、この時点で燃料が濃いのでは!?と思いバキューム関係を点検する事にしました。
ミニエンジン不調3 ミニエンジン不調5
まずコンピューターに入っていますバキュームパイプの点検を行いました。このタイプのミニはコンピューターに直接バキュームパイプが入って負圧を制御しているタイプですのでインレットマニホールドから出てフューエルインテークトラップ(調整弁)を通りコンピューターに入ると言う流れのようでそのバキュームパイプに割れや穴が開いていないかを点検します。次にインレットマニホールド側のバキュームパイプを点検します。インレットマニホールド裏に手を入れた瞬間原因が分かりました。
ミニエンジン不調7 ミニエンジン不調8
このパイプの口を見て頂ければ一目瞭然割れていました!!。ここから余分な空気を吸い込んでしまってコンピューターが燃料が薄いと判断してしまい燃料を多めに出してカブッた様な感じになってしまっていたようです。後からネットで調べて分かった事なのですがこのタイプのミニには多い不具合症状だったようです。
ミニエンジン不調6 ミニエンジン不調4
ミニエンジン不調9 ミニエンジン不調11
業者様とご相談の結果全てのバキュームパイプ&スパークプラグを交換でと言う事になり部品を取って交換作業を行いエンジンを始動して調子を確認しました。右下画像がタコメーターの画像なのですが静止画で伝わりにくいですがこの回転で安定して空ぶかし後もこの回転で安定しています。試運転を行ってエンジンも絶好調です!!この瞬間が整備士にはたまらない瞬間です(^^)。
ミニエンジン不調12 ミニエンジン不調13
ミニエンジン不調14
無事作業が終わり業者様が車を引き上げに来られた時お話させて頂いていたのですが、このミニのホイール何と10インチです。この10インチのホイールを付ける場合ブレーキ類も全て交換するそうです。ミニにお乗りの方でしたらよくご存知なのでしょうが「コダワリ」だそうです(^^)。10インチのホイールにもビックリさせられたのですが僕が食い付いたのはタイヤでした(^^)。僕達世代の方で山道(峠)をちょっとだけ速めにドライブしていた方ならよくご存知ではないかと思いますがYOKOHAMA・ADVAN・Type-D!!思わず懐かしい~!!と声を出してしまいました(^^)。これも業者様に教えて頂いたのですがこのType-D今では86(レビン・トレノ)用とミニ用で出ているそうです。あの当時みんな(仲間達)それぞれタイヤや色々なパーツメーカーにコダワリがあって自慢し合ったものです(^^)。

本日当社ブログアクセス90000HIT頂きました!!いつもご覧頂きましてありがとうございます!!。単純に言いましても90000回はページを開いて頂いてる事になるんだな~考えさせられております(^^)。本当にありがとうございます!!頑張りますのでこれからも宜しくお願い致します!!(^^)。

土曜日のブログでTANIさんも書いていましたが東北地方の地震で被災されました方々お見舞い申し上げます。またご家族・ご友人を亡くされました方々お悔やみ申し上げます。僕達も被災経験者ですので他人事とは思えません。一刻も速い救出、復興を願いたいと思います!!東北地方の皆さん頑張って下さい!!神戸のように!!。
by KIN


 

 

 

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック