神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ランサーナビ取り付け

ランサーナビ取り付け1
今回の作業は三菱のランサーにECLIPSE製のDVDナビ(AVN-4405D)の取り付けです。TVのアンテナ以外は揃っていると言うことだったのですが、このECLIPSEのナビはGPSアンテナがTVのフィルムアンテナと一体になっていてアンテナがないとGPSを受信しないのです。お客様と相談をして後日TVアンテナとGPSアンテナを取り付けをすることになりアンテナコードをフロントガラスの上部に取り回しをしておく事になりました。
ナビの機種を先に聞いていればよかった~!!
ランサーナビ取り付け2 ランサーナビ取り付け3 ランサーナビ取り付け4
このランサーのオーディオの取り外し方は、エアコンコントロールの上にあるビスを2本取り外します。それから運転席側のヒーターユニットを下から覗き込んでワイヤーを1本取り外します。このワイヤーはエアコン吹き出し口と繋がっていてワイヤーがヒーターユニットに付いているとパネルが手前に出てこないからです。
ランサーナビ取り付け5
パネルが外れたので今付いているCD・MDのオーディオを取り外します。
ランサーナビ取り付け9
GPSのアンテナと左側用TVアンテナをフロントガラス上部に持っていきコードをAピラーカバーの中に隠してグローブボックス裏を通してオーディオ裏まで取り回します。
ランサーナビ取り付け6 ランサーナビ取り付け8
右側用のTVアンテナコードも運転席側のAピラーカバーの中に隠していきます。ハンドル下のパネルを取り外してアンテナコードを車両配線に固定をしてオーディオ裏まで取り回します。
ランサーナビ取り付け10
車速信号の取り出し場所は助手席側グローブボックス左奥のECUユニットからです。ECUに接続されている22Pカプラーの配線側から見て下段の左から5番目の黄/白配線から取り出します。リバース信号は運転席側のキックパネルの奥の配線から検電器テスターを使って探して取り出します。
ランサーナビ取り付け11
ナビを取り付けてオーディオの作動確認をします。ラジオの受信も良好で、CD・DVDビデオも再生していました。GPSアンテナが無いのでナビの作動確認は後日フィルムを貼ってから行います。キズや汚れが無いか確認をして作業は終了です。
キャンターターンランプ1
ナビの取り付けの後、三菱のキャンターで右側のウィンカーが点灯しないので何が悪いのか点検をしにいきました。
症状を確認をするとハザード点灯時もウィンカー点灯時も右側は全く点灯しませんでした。グローブボックス奥でリレーがカチ!カチ!いっているのでグローブボックスを取り外してリレーユニットを探して点検をすると右側のウィンカーの電源信号がカプラー配線には出ていませんでした。
キャンターターンランプ2 キャンターターンランプ4
ユニットのカバーを取り外して基板を見てみると右側用のリレーのIN側の常時電源の基板のところのハンダが浮いていました。これが原因でリレーが働いてもIN側が外れているのでウィンカーには電機が流れません。
キャンターターンランプ3 キャンターターンランプ5
とりあえず応急処置で浮いているハンダを新しく付け直しました。リレーのIN側・OUT側とカプラーで接続する部分の右ウィンカーラインの3点のハンダを新しく付け直して作動確認をすると右側のウィンカーが点灯するようになりました。基板をケースに収めて元通り組み付けて作業は終了です。
BY TANI


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。