神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スバル R1
R1.jpg R1 A R1 C
今回の作業はいつも大変お世話になっている業者様のご紹介でスバルのR1に当社お馴染みパナソニック製ETC車載器(CY-ET907KD)のご購入・セットアップ・取り付け作業です。今回お客様からのご要望で絶対に見えない位置に取付を・・・との事でしたので、お車の中を拝見させて頂いたところ意外にETC車載器を隠して取り付けする場所が無く、助手席前のグローブBOX内の側面部にETC車載器を仮設置した所何とかグローブBOXの蓋もしまり、干渉もしていなかったのでグローブBOX内に設置する事になりました。ETCアンテナは室内から見てルームミラー後ろ側に設置する事になります。
R1 B R1 D R1 E
グローブBOXは蓋を開いた状態で上に軽く引っ張れば簡単に取り外す事が出来ます。次にETCのアンテナケーブルを通す為助手席側のAピラーカバーを取り外すのですが、取り外しの際にダッシュ側にキズが付かない様に養生します。Aピラーカバーの取り外し方は他の車両と同じ様な要領でAピラーカバーに少し被っている部分のウェザーストリップ(黒いゴム)をずらしカバーを手前に引っ張り取り外します。画像は無いですがミラー後ろ側のガラス貼り付け面を脱脂しアンテナを貼り付け天張り内を通していき、Aピラーにケーブルを固定しグローブBOX後部まで引き廻していきます。
R1 F R1 I
R1 G R1 H
ETC電源の取り出しですがいつもはキーシリンダー配線から取り出しを行うのですが今回この車両ではヒューズBOX背面部のハーネスより取り出しをしました。ACC(アクセサリー)電源は下段左画像にあります青/橙線でしたのでETC側の赤色線をいつもの様にハンダを使用してキッチリと取り出しをし絶縁テープにてしっかりと保護をします。常時電源は下段右側画像の赤/黒線よりACC電源と同じ様にハンダを使用し取り出しを行いしっかりと絶縁します。もしご自身でお取付けをされる方は必ずテスターを使用して電源線の確認を行ってくださいね(^^)。
R1 I
ETC車載器のアースは助手席キックパネルを取り外した所に車両側の集中アースがありましたのでその集中アースにしっかりと共締めさせて頂きました。あとはアンテナケーブルと電源ケーブルの長さを合わせ余っているケーブルを束ねて車両ハーネス等にタイラップなどで固定しておきます。
R1 J R1 K
ETC車載器をグローブBOXに取り付けしますので各ケーブルを通す穴が必要になります。穴あけ位置を確認し左画像の位置に加工をします。あとはバリ等を取除きETC車載器本体の貼り付け面を綺麗に脱脂しケーブルを接続し本体を貼り付け、グローブBOXをダッシュ側にはめ込み固定します。蓋を開閉しシッカリと閉まりETC本体がどこにも干渉していないかを確認します。無事に取り付けも完了し各電気廻り・キズチェックを行い作業は終了となりました(^^)。
最近ブログ作業をしていなかったので久しぶりに登場してみました。何故か自分がブログをするとETCの作業ブログが多いかな・・・(^^:?と思うのですが、他にも作業はしていますよ~!!また頑張って更新していきますので応援宜しくお願いします(^^)/。
by まっちょ
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。