FC2ブログ
神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
日産 セレナ レーダー取付け

セレナレーダー1 セレナレーダー2
今回の作業は日産のセレナに前に乗っていた車から取り外したユピテル製のレーダー探知機の取り付けです。出張作業だったのですが天気が良くて暑いぐらいでした。
セレナレーダー3
取り付けをするレーダー探知機はフロントガラスに吸盤で取り付けをするタイプで取り付け場所はフロントガラスの右端です。レーダー探知機の電源配線を通すために運転席側のAピラーを外します。Aピラーにある三角窓の下のパネルを手前側からオーナメントリムーバーでツメを外して浮かしてから手前にスライドさせて取り外します。写真は作業前のもので作業の時はしっかりいと養生テープを貼ってキズが付かない様にしています。
セレナレーダー4 セレナレーダー5
Aピラーには手すりが付いていてこの手すりのカバーを開けて中のビスを2本取り外します。手すりが取れたらオーナメントリムーバーでピンを外して上に持ち上げて取り外します。先に外したパネルが付いたままだったらAピラーを上に持ち上げても全然動かなくて取り外す事が出来ません。
セレナレーダー6
レーダー探知機の電源を取り出しするためにハンドル下のパネルを外します。このパネルは下のビス2本で固定していて後はピンとツメで止まっています。パネルを外す時にハンドルのコラムカバーと少し当たれしまうのでキズが付かない様に布を間に挟んで手前に取り外します。パネルにはエアコンの内気温センサーやスライドドアの開閉スイッチが付いているのでこれらのカプラーを取り外します。
セレナレーダー7 セレナレーダー8
パネルが外れたらその奥のヒューズボックスに入っている配線の束からACCの配線を検電器テスターを使って探します。この配線の束に来ている太い配線はキーシリンダーから来ている配線です。以前にこの型のセレナにセキュリティを取り付けをした時にいろいろと配線を調べて判りました。ACC電源は白/青配線でこの配線にレーダー探知機の配線を接続します。アースはヒューズボックスを固定している10㎜のナットに共締めしています。
セレナレーダー9 セレナレーダー10
レーダー探知機をフロントガラスに取り付けて配線をあまり見えない様にダッシュとフロントガラスの間に入れていきAピラーを元通りに組み付けます。余った配線は車両ハーネスに結束バンドで固定をして下に垂れ下がったり噛み込んだりしない様に処理します。パネルを取り付けをするときも布をハンドルコラムカバーとの間に挟んで取り付けします。エンジンをかけてレーダー探知機の作動確認をします。パネルに付いていたスイッチのカプラーも外していたのでエアコンの作動確認とスライドドアの作動確認をして作業は終了です。
BY TANI

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック