神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グランドハイエース バックカメラ取り付け

グランドハイエース1 グランドハイエース2 グランドハイエース3
今回の作業はトヨタのグランドハイエースにパイオニア製のHDDナビ(AVIC-HRZ008)とバックカメラ(ND-BC2)の取り付け作業です。今回はバックカメラの取り付けをメインに書いていきます。
グランドハイエース4 グランドハイエース5
バックカメラの取り付け場所はナンバープレート右上のナンバー灯横に取り付をします。ナンバーの左側にも取り付けることが出来るのですが左側だとナンバープレートにバックカメラが少し被ってしまうので今回は右側に取り付けることになりました。
グランドハイエース6 グランドハイエース7
グランドハイエース8
バックカメラを取り付けてバックカメラのコードを通す為にリアゲートの内張りを外します。まずリアゲートのドアノブのカバーを開けてビスを2本取り外します。
グランドハイエース9 グランドハイエース10
次にリアゲートに付いている電動カーテンの下側に付いているカーテンレールを固定しているビスを外します。ビスはカーテンレールの左右の端とカーテンレールの中央に合計3本有ります。カバーを外してカーテンレールの下側を取り外して下側をフリーの状態にします。この時にカーテンレールが内張りに当たってもキズが付かない様にカーテンレールの両端に布などを取り付けておきます。
グランドハイエース11 グランドハイエース12
グランドハイエース13
内張りの下側のプラスチックピンを浮かしていき内張りの上の部分をリアガラスの方向にスライドさせて取り外します。一人で作業をする場合はガムテープでリアゲートと内張りが外れない様に貼っていると内張りが床に落ちたりしないので便利です。内張りが外れたら防水シートを取り外してバックカメラのコードを引き込む準備をします。
グランドハイエース14 グランドハイエース15
バックカメラのコードをリアゲートの中に引き込む為に左右のナンバー灯を取り外します。ナンバー灯の配線は左側からリアゲートに入っていてこの配線を少し引っ張り出します。この時にナンバーやガーニッシュにキズが付かない様に養生テープをしっかりと貼っておきます。
グランドハイエース16 グランドハイエース17 グランドハイエース18
バックカメラを取り付けてバックカメラのコードをナンバー灯の上を通るように取り回しをしてナンバー灯の配線と一緒にリアゲートの中に引き込みます。バックカメラの角度調整はナビを取り付けをした後にバックカメラの映像を見ながら行うのでこの時にバックカメラのコードに少し余裕を持たせておきます。
グランドハイエース19 グランドハイエース20
リアゲートの配線が通っているグロメットのゲート側のゴムの部分を取り外してからゲートに残ったプラスチックのストッパーのツメを起こしてプラスチックのストッパーを取り外します。
グランドハイエース21 グランドハイエース22
防水シートを外したリアゲート側から針金を先程外したグロメットの所まで通します。なかなか針金が車両配線や出っ張りに当たって通りませんが何回か挑戦すれば針金が通りました。針金にバックカメラのコードを取り付けてバックカメラのコードをグロメット側まで引っ張り出します。
グランドハイエース24
車両側のグロメットもゲート側と同じように取り外してバックカメラのコードをゴムのブーツの中に通していきます。この時にブーツの中に潤滑油とかけておくとスムーズにバックカメラのコードが通ります。
グランドハイエース25 グランドハイエース26
グランドハイエース27
バックカメラのコードを室内に引き込む為に右側のカーテンレールの上側を全部取り外しをします。カーテンレールはビスとプラスチックピンで止まっているだけなので意外と簡単に取り外せます。
グランドハイエース29 グランドハイエース30
車両側のグロメット側から針金を入れて室内の天張りの隙間から出します。バックカメラのコードを針金に取り付けて室内に引き込んだら外していたプラスチックのストッパーにグロッメットのゴムの部分を取り付けて車両に固定します。
グランドハイエース31 グランドハイエース32
室内に引き込んだバックカメラのコードを取り外したカーテンレールの上の天張りの中に入れていきコードが動かない様にクッションテープで固定します。
グランドハイエース33 グランドハイエース34
Aピラーの手すりを取り外してAピラーカバーを取り外します。バックカメラのコードはAピラーの中の車両配線に結束バンドで固定します。この車両のバック信号の取り出し場所はこの運転席側のAピラー内の配線からなのでこの時に一緒にバック信号線もバックカメラのコードと一緒に取り回しをしておきます。
グランドハイエース35 グランドハイエース36
グランドハイエース37 グランドハイエース38
車両のメーターを取り外してバックカメラのコードとバック信号配線をAピラーからメーター裏に取り回します。バックカメラの電源ユニットをメーター裏に取り付けて電源ユニットのバック信号入力配線と先程取り出したバック信号配線を接続します。バックカメラのコードを電源ユニットに接続をしてユニットからのRCAコードをオーディオ裏までもっていき余った余分なコードはメーター裏で車両配線に固定して処理します。
このパイオニアのナビはマイクが付いているのでこのマイクをハンドルコラムカバーに取り付けをしてメーター裏に配線を通しておきます。
運転席側の作業はこれで終わりなので外していたカーテンレールなどを組み付けします。
グランドハイエース39 グランドハイエース40
グランドハイエース41 グランドハイエース42
助手席側の作業はGPSアンテナの取り付けとワンセグTVアンテナの取り付けです。助手席側のAピラーを取り外してワンセグTVアンテナをフロントガラスに取り付けをしてGPSアンテナを助手席側ダッシュボードの左端に取り付けをします。配線は助手席前のパネルを外すだけでAピラーからの配線を通せます。
グランドハイエース44 グランドハイエース43
オーディオのパネルは手前に引っ張り出せば簡単に取り外すことが出来るのでこのオーディオパネルを取り外してナビに配線やコードを接続をします。バックカメラの映像をモニターに映して(右の写真)バックカメラの角度を調整します。ナビの作動確認やオーディオの作動確認をして作業は終了です。
最近のナビは各メーカーともアナログTVではなく12セグの地デジTVか今回のようにワンセグTVが標準になってきています。12セグの地デジTVの場合はメーカーによっては車両の前後に4アンテナの取り付けだったりフロントガラスに4アンテナだったりまちまちですが市街地から外れると地デジの映りはどうなのでしょうか?取り付けてテストを店の前ですると受信は良いので少し遠くに行った場合の受信状況が分かりません。
各メーカーの地デジやワンセグの受信情報などあれば教えてください。
BY TANI






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。