神戸のカーエレクトロニクスプロショップ『カーテックつかさ』作業日誌ブログへようこそ!カーナビ・カーAV・カーセキュリティ等の取付施行例や、電気系統・エアコン等のトラブル対応例などをご紹介します。
Calendar
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エスティマ エアコン修理

エスティマエアコン1 エスティマエアコン2
今回の作業はトヨタのエスティマのエアコン点検と修理です。エアコンが全く効かないと言うことでお車を預かって点検をするとコンプレッサーにかかっているエアコンベルトが切れていていました。コンプレッサーのプーリーを手で回そうとしましたがロックしていて全く回りません。コンプレッサーのプーリーがロックしてしまってクーラーベルトが切れてしまったようです。
エスティマエアコン3 エスティマエアコン4
ガス漏れが無いか点検をするとフロントのクーリングユニットのドレンホース(エアコンを掛けたときにできる水を車外に出すホース)で少しガス検知器に反応が有りました。エスティマはガス漏れの反応がドレンホースでは出にくいのでエアバポレーターが直接見えるようにして点検します。エスティマは国産車では珍しく室内にエバポレーターがあるのではなくボンネットを開けた奥にあります。ブロワーユニットなどを取り外してガス漏れを点検するとエアバポレーターからと配管のジョイント部分からガス漏れしていました。部品を手配しましたが2日ほどかかるようです。エアコンは効かないですが走ることはできるので一旦車を返して後日入庫してもらうことになりました。
エスティマエアコン5 エスティマエアコン6
部品が揃ったので修理をしていきます。ボンネットを開けて中央にある大きなダクトのビスを2本取り外してこのダクトを取り外します。
エスティマエアコン7 エスティマエアコン8 エスティマエアコン9
外したダクトの奥にはブロワーユニットがありこのブロワーユニットを外す為にラジエーターのリザーブタンクの固定ボルトを外してリザーブタンクをずらしておきます。ブロワーユニットに付いているリザーブタンクのステーも取り外します。
エスティマエアコン10 エスティマエアコン11
反対側についている内外気切替用のワイヤーを取り外します。次にヒーターユニットに入る水の量を調整する弁が付いているラジエーターの配管がブロワーユニットに付いているので固定ボルトを外してずらします。
エスティマエアコン12 エスティマエアコン13 
エスティマエアコン14 エスティマエアコン15
ユニットは上下2分割に分かれるようになっています。上の部分と下の部分を固定しているボルトを2本取り外して上の部分とボディを固定しているナットを4個外します。上のダクト部分を取り外したらブロワーモターのカプラーを外します。下のブロワーモター部分とボディを固定しているナットを6個はずして取り外します。
エスティマエアコン16 エスティマエアコン17
点検の時も同じように取り外してエバポレーターを見える状態にしてガス漏れをすると点検ミスをしないです。エバポレーターを動かないようにしているブラケットのナットを左右2個外して配管のジョイント部を外します。エバポレーターは斜め上方向に持ち上げて取り出します。
エスティマエアコン18 エスティマエアコン19
エバポレーターを取り出してエバポレーターとEXPバルブを固定しているボルトを取り外します。このボルトはとても硬く締まっているのでトルクのかけられるT型のレンチ(5㎜の六角)で外します。外したボルトは再使用するのでとっておきます。
エスティマエアコン20 エスティマエアコン21
新しいエバポレーターとEXPバルブを先程外したボルトで固定をして外した逆の手順で取り付けして配管とつなぎます。新しいエバポレーターと外したエバポレーターを比べると埃や汚れがよく分かります。エバポレーターに埃が付くとブロワーからの風の通りが悪くなってエアコンの冷えが悪くなってしまいます。
エスティマエアコン22 エスティマエアコン23
コンプレッサーはオルタネーターの下に付いていてこのままではコンプレッサーが外せないのでオルタネーターを取り外します。バッテリーとバッテリーケースもコンプレッサーを取り出す時に邪魔になるので取り外します。
エスティマエアコン24
オルタネーターが外れたらコンプレッサーに繋がっている高低圧のホースを取り外します。コンプレッサーは4本のスルーボルトで固定されているのでこのスルーボルトを外してコンプレッサーを上の方向に取り出します。
エスティマエアコン25
用意したコンプレッサーはメーカー(デンソー)が造っているリビルト品です。外したコンプレッサーと取り付けるコンプレッサーの形やプーリーの大きさや溝の数などが違っていないか確認をしてから取り付けをします。
外した部品を取り付けしてから真空引きをしてエアコンの配管の中の空気を抜きます。詳しい説明は数日前のハイエースの作業日誌にKINちゃんが書いていたので今回は省きます。ガスを規定量(1200g)入れてもう一度ガス漏れ点検をしてガス漏れが無いのを確認して作業は終了です。
BY TANI






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。